賃貸物件探しにいい時期や物件の選び方は?不動産のプロがコツを伝授|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

賃貸物件探しにいい時期や物件の選び方は?不動産のプロがコツを伝授

           

物件 探し方

人の生活に不可欠な要素である住まいの充実は、生活の質を上げるための重要なポイントです。私達エイブルAGENTにLINEで問合せをしていただくお客様の中には、住んでいる物件に不満があり引越したいというお話が少なくありません。今回は物件の探し方に焦点を当てて、おすすめの時期についての解説と、LINEで接客したお客様の住み替えの理由をもとに、よくある失敗例を解決するコツを伝授します。

賃貸物件探しにおすすめの時期って?

進学や転勤シーズンは賃貸物件の人の入れ替わりが激しいといったように、時期によって物件数は変化します。引越しシーズンの特徴を知って、賃貸物件探しの参考にしてください。

引越しシーズンのピークは?

進学や就職に限らず、さまざまな理由で新生活を始める人が集中するのは、3月半ばから4月初旬の時期です。当然のごとく、引越し業者への予約も急増し、料金は上がります。希望の日程の予約が難しくなるので、できればピーク時期を避けたいと思いがちですが、需要が増えるということは物件の供給量も増えるということ。自分の希望条件に合う物件がある時期と考えることができ、あえてピーク時期に合わせる探し方が物件選びの成功の近道となることもあります。

引越し時期を自分の希望に合わせて選ぶなら?

時期を選ぶにあたり、優先したい条件も人それぞれです。自分の希望に合わせて考えてみましょう。

まず、引越し料金が安い時期を選びたい場合は、ピークが過ぎた5月以降2月までがおすすめ。特に、9月から11月にかけては料金が徐々に下がり、12月、1月は年末年始でまた少し上昇傾向ですので、秋から初冬にかけてがお得な時期といえます。

次に、混雑しない時期を選びたい場合は、引越す人が比較的少ない1月、6月、11月がおすすめ。それ以外の月でも、月末月初や週末を避ければ、予約はとりやすくなります。

天候がいい時期に引越したいならば、晴天が続きやすく、気温も快適な10月、11月ごろがおすすめ。雨が多い時期は大切な荷物が濡れてしまいますし、暑さ寒さが厳しい時期は体力的につらいかもしれません。

物件が豊富な時期に合わせて引越したい場合は、1月から3月上旬ごろまでがおすすめです。物件探しをする人が増える時期ですが、それに合わせて空き物件も多く出てきます。2月後半には私立大学の入試の合格発表も出そろい、物件の需要が急増。早めに探し始めるほうがよい物件に出会える確率が高くなります。

賃貸物件探しでのよくある失敗例とおすすめ解決方法

賃貸物件探しの失敗例①人気の街にこだわりすぎて、通勤が不便……

毎朝余裕をもって出かけたい、早く帰宅したい、などの条件を満たすには、通勤や通学の所要時間をしっかりチェックしましょう。忙しい日々の中で、「時間」を上手に使うライフスタイルは「デキる大人」への第1歩になります。

賃貸物件探しの失敗例②住みたい街だけに気を取られ、周辺環境がダメだった

メディアでは「住みたい街ランキング」を目にすることも多く、気になる情報です。おしゃれなお店が多い、便利な商店街がある、など魅力的な条件が並びますが、自分にとって住みやすい環境かということも確認しなければなりません。

たとえば、にぎやかな商店街のそばの物件だから夜も安心と思っていたら、深夜まで騒がしいということがあります。閑静な高級住宅地周辺の物件の場合、スーパーやコンビニが近くになかったり、街灯が少なく夜道の一人歩きに不安を感じたりということも。賃貸物件探しの際は周辺環境をチェックする他に、昼間だけでなく夜間の街の様子を見てみることも必要です。

賃貸物件探しの失敗例③駅チカ物件なのに、信号や踏み切りがあるため駅まで辿りつくのに時間がかかる

駅までの徒歩所要時間は数字だけで判断せず、駅から物件までの経路の確認もしましょう。交通量の多い道路で信号待ちの時間が思いのほか長かったり、同様に、途中に踏み切りがある場合、朝のラッシュ時に「開かずの踏切」になってしまったりということもあります。内見の際は、車で案内されることが多く、実際に歩いてみなかったために失敗する人が多いようです。物件情報に掲載される徒歩●分というのは、距離から計算された数値であることも多く、実際に自分の足で歩いてみることをおすすめします。

賃貸物件探しの失敗例④収納スペースが足りなかった

すでに一人暮らしをしている人なら自分の荷物の量はだいたい把握できますが、初めて一人暮らしをする場合は、荷物の量を少なく見積もりがちです。断捨離が得意な人を除いて、時間の経過とともに荷物が増え、整理や処分に困ったという経験をする人が少なくありません。収納スペースは、入居した時点よりも未来の状態を予測するべきであるといえます。ロフトを寝室として使用する場合でも、生活スペースに荷物があふれることがないよう、収納スペースのゆとりを確認しましょう。

賃貸物件探しの失敗例⑤家族が増えて思ったより狭くなってしまった

近い将来に結婚や出産を迎える可能性がある場合、家族が増えることも物件選探し際に考慮することが重要です。2人だから1LDKでいいと思っていても、子育てするには部屋が足りなくなってきます。引越しはお金も労力も必要な大仕事。広さや間取りを決めるときは、家族の人数が増えることも計算に入れて選び、すぐにまた別の新居に引越す必要がないようにしましょう。

賃貸物件探しの失敗例⑥ガス代が高い

毎月の生活費のなかで、少しでも安く抑えたい光熱費。ガスは都市ガスとプロパンガスのどちらであるかを物件探しの際には事前に確認しておく必要があります。料金だけの観点でみれば、プロパンガスのほうが高くなり、少しでも安く抑えたい人にはデメリットになるでしょう。しかし、都市ガスは火力が弱く、料理にこだわりがある人など、火力が強いプロパンガスを好む人もいます。自分のニーズに合わせて、どちらのガスを使用する物件かの確認を。

賃貸物件探しの失敗例⑦風通りがわるく、湿気がたまる

湿度の高さは、住まいにとっては避けたい条件です。風通しが悪い、湿気がたまりやすいなどの環境は、カビの発生の原因となり、衛生面でもよい状況ではありません。内見時には窓を開けて、風通しをチェックしましょう。お部屋の中にまっすぐ風が抜けるような風の通り道があるかどうかを確認してみます。

ただし、風通しの良い物件でも、幹線道路が近くを通っている場合、排気ガスなどで空気がにおう、ほこりっぽい、などという理由で窓を開けたくない、ということも。物件選びの際には、気持ちの良い風が通るかどうか、窓の外の環境にも注意が必要です。

 賃貸物件探しの失敗例⑧3階以上なのにエレベーターがない

3階建て以上の集合住宅でも、エレベーターがない物件がときどきあります。内見のときには問題ないと思っても、入居後に生活を始めてみると、疲れて帰宅したときなどの階段の上りは意外と大変なものです。引越しの際はもちろんのこと、特に、買い物の荷物が多いときや、車で出かけて買ってきた重いものや大きいものの運び入れでは、エレベーターがないことの不便さを痛感します。エレベーターの有無は、見逃せない大きなポイントなのです。

 賃貸物件探しの失敗例⑨南向きなのに日が入らない

日当たり良好として南向きの部屋を選んだのに、住んでみたら日当たりが思ったほどよくなかったという場合があります。内見の際は、お部屋の中だけに気を取られずに、ベランダに出て日当たりをチェックしましょう。もし、内見当日の天気が曇りや雨で日当たりがよくわからなかったら、晴れた日に出直してみることをおすすめします。隣に高い建物がないか、今はなくても今後建設予定がないかも忘れずに確認してください。

 賃貸物件探しの失敗例⑩幹線道路沿いで騒音が……。排気ガスもすごくて洗濯物が干せない

交通量の多い幹線道路や線路沿いに建つ賃貸物件は多くあります。ある程度の騒音は想定範囲と理解して契約した物件も、実際に住んでみると予想以上に気になってしまったというケース。自分でできる簡単な対策としては、カーテンを防音カーテンに変えてみることです。しかし、内見の段階でも窓の開閉による騒音の感じ方の違いなどを確認しておきましょう。

また、幹線道路だけでなく、物流拠点となるような倉庫が近くにあるような物件周辺では、大型トラックが集中します。排気ガスが気になり、洗濯物が外に干せない場合の部屋干しのためにも、浴室乾燥機がついている物件をおすすめします。晴れた日の日中に内見できたときには、同じ建物の他の部屋に入居している人が洗濯物を干しているかどうかも見てみましょう。

物件の探し方についても相談に乗ります!

よくある失敗例をもとに、物件の探し方のポイントをご紹介しましたが、「もっと詳しく知りたい!」や「他に注意した方がいいポイントは?」などの疑問がありましたら、お気軽にご質問ください。お客様の条件にあった物件を私たちAGENTサービススタッフが全力でお探しいたします。ちょっとした空き時間でLINEを使った物件探し~予約までが可能ですので、ぜひ登録してみてください!

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1

紹介してもらうスタッフを選ぶ!

ステップ2
STEP 2

お部屋探しの条件を登録する!

ステップ3
STEP 3

LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!

登録はもちろん無料!

<関連リンク>
【どこに住めば良いの?】初の一人暮らし。おすすめの場所・設備・物件の探し方を教えて下さい。
掘り出し物件はどうすれば見つかりますか?家賃が安い賃貸物件の探し方が知りたい!


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 

待ってるだけのお部屋探しサービス「エイブルAGENT」でお部屋探しスタッフやってます!
お部屋探しの相談はこちらへ→「エイブルAGENT

 
賃貸物件探しにいい時期や物件の選び方は?不動産のプロがコツを伝授
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧