賃貸アパート・マンションをアルバイトしながら借りたい。引越しの予算から審査まで徹底紹介!|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

賃貸アパート・マンションをアルバイトしながら借りたい。引越しの予算から審査まで徹底紹介!

           

家の希望を書き出すイメージ

こんにちは、エイブルAGENTの女性スタッフ・Nです。先日お客様に、「東京でアルバイト生活をしながら賃貸物件を借りることはできますか?」とLINEで質問を受けました。

 

確かに賃貸契約をするには審査があるので、アルバイトで審査をクリアできるかは気になりますよね。そこで今回は、都内でアルバイトをしながら賃貸物件を借りることができるのかという事をまとめていきます。

 

その他、仲介手数料を安くしたいかたはこちら

「仲介手数料が半額の賃貸物件は、初期費用を抑えたい方にオススメの条件です!」

 

引越しの費用が安い時期を知りたい方はこちら

「【注意!】相場があがる?!繁忙期に引越しをしてわかったことをまとめました」

 

アルバイトでも一人暮らしはできるの?

アルバイトのイメージ

上京するお金って、どのくらい必要なの?

地方都市から東京に上京する場合、事前に住む場所を決める必要があります。インターネット上で物件を探すことは出来ますが、実際に物件を見て、周辺の環境を確認し、大家さんや仲介業者の人と話をする機会を設けておくと、上京後の生活をイメージしやすくなり、その後のやり取りも安心して進めることが出来ます。そのため、上京前に物件の内見をするときの移動費が数万円かかることになります。

 

東京で住む場所を決めたら、大家さんや仲介業者に連絡をして、契約前の審査を受けることになります。審査が問題なく済めば、物件の契約前に初期費用の入金が必要となります。東京の平均家賃は6~7万円程度となるため、ここでは家賃6万円の物件に住むことを想定して説明していきます。

 

初期費用とは、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃など契約前に必要となる費用のことを指しており、それぞれを家賃の1~2ヶ月程度とするところが多い傾向にあります。初期費用は物件によって異なりますが、家賃6万円の物件の場合、初期費用は24万円~48万円程度みておくと良いでしょう。

 

また、生活をするために必要となる寝具などの家具や家電の準備に10~20万円程度、荷物の量や移動距離によって異なりますが、単身での引越し費用として4~10万円程度かかることになります。これらを合算すると、最低でも40万円程度が必要となります。さらに、引越し後に仕事を始めて給料がでるまでの生活費を加えると、上京するためには50万円程度の費用が必要となります。

 

上京のメリット

首都圏で暮らすことのメリットはいくつもありますが、代表的なことは、日本のあらゆる文化が集まっているという点でしょう。スポーツ、芸術、学術、ファッション、グルメなど、発信源は東京であることが多いですし、地方発の物や店も、東京で体験できることが多いです。人が多く、消費も激しいことから、新しいものが次々と生み出されますし、ニッチなジャンルにも人が集まってくるという良さがあります。

 

また、アルバイトをするにしても時給が高いところも特筆すべき点でしょう。賃貸物件の価格も高いので相対的に得なのかどうかは考える必要がありますが、最低賃金の額は明らかに違います。平成30年10月時点で厚生労働省が出している資料では、東京都は日本で最も高い985円、最下位は鹿児島県で761円となっており、1時間当たり200円以上の差があります。

 

上京のデメリット

東京で一人暮らしをする最大のデメリットは、家賃が高いことと人が多いことでしょう。家賃については、全国賃貸管理ビジネス協会が発表した資料によれば、平成30年12月時点の1部屋の物件の平均家賃が最も高いのは東京都の67,691円です。それに対して、最安値は山口県で38,452円ですから約3万円の差があります。

 

判断の仕方は人によって違いますが、仮にアルバイトの時給が200円違うとして、150時間働けば3万円の差になりますから、平均的な時給で働いて平均的な賃貸物件に住めば、生活の質に大差はない、と言えるかもしれません。

 

また、人の多さはやはり東京ならではのデメリットです。人気店に食事に行けば30分や1時間は並ぶのが当たり前という点や、朝夕の電車が非常に込み合うことなど、これに耐えられない人は都内の暮らしに向いていないかもしれません。

 

フリーターが一人暮らしをするには、どのくらいの手取りがあれば良い?

生活費を計算するイメージ

手取りは15万円は必要

賃貸物件で一人暮らしをする時の家賃の基準は、手取り収入の1/3以下が目安です。したがって5万円程度の賃貸物件に住むとすれば、手取りで15万円が最低ラインと憶えておきましょう。

 

具体的に税金などを控除して金額を考えてみましょう。仮にアルバイトの時給が1,200円として月に160時間働くと月の総収入は192,000円です。ここから健康保険と厚生年金、雇用保険、源泉所得税、住民税を引くと、155,000円ほどの手取りになるため、上記の目安程度になります。アルバイトを選ぶときは、この金額を目安として参照してください。

 

最低限かかる生活費

毎月の生活費の例として、総務省統計局が出している単身者の平均的支出を書き出してみます。

 

光熱費7,015円、家具・家事用品3,568円、家賃30,737円、食費39,580円、被服及び履物7,604円、保険・医療3,771円、交通・通信21,129円、教育・娯楽20,016円、その他17,205円、交際費7,618円となっています。この合計はほぼ120,000円ですが、都内で家賃30,000円というのは厳しいので、ここを50,000円で見れば、150,000円の手取りだと残金10,000円という事になります。

 

この計算だけを見るとそれほど厳しくないように見えますが、これは毎月160時間をしっかり働いた時の金額です。例えば病気やケガで働けなかった時、旅行や帰省などでアルバイトを休んだ時などを考えると、余裕がある数字とは言いにくいかもしれません。

 

家賃に見合ったエリアを探そう

都内で暮らすに当たって、手取り150,000円ではあまり余裕はないという事を上の項目で説明しました。余裕を持とうとするとき、出費を削ることは大切なことです。何を削るのが適切かという点は、個人差はあります。しかし、共通点として効果的なのは、最も大きな出費である家賃を下げることです。食費や光熱費は削るための努力をずっと続けなければなりませんが、家賃は最初に安い物件を探しておけば生活の余裕に直結します。

 

東京都内では、同じ鉄道沿線でも人気の場所から1駅か2駅ずらすことで10,000円程度の差が出ることは珍しくありません。

 

予算と照らし合わせて物件をチェックしよう

上の計算はあくまでも平均的な数字ですから、自分自身の予算を組んでみましょう。趣味にかける費用が高い、服装にはもっと金額を掛けたいなど、お金の使い方は人それぞれです。自分なりの配分を考えて毎月の予算を組んでから、具体的な物件探しを始めましょう。

 

賃貸を探すときの、注意点とは?

家賃の安さを一番に考えよう

アルバイトの場合、正規雇用と違ってボーナスなどが見込めませんから、大きく余裕ができるチャンスは期待し難いものです。しかし賃貸で住むためには、家賃は毎月払わなければなりませんから、家賃が安いことを第一に考ええるとよいでしょう。一人暮らしの場合、病気をしたりすれば即座に収入が減りますし、治療費がかかることも考えられます。余裕を持った生活をするためにも、物件探しは慎重に行いましょう。

 

物件の希望条件は控えめに

賃貸物件は広さや立地、新しさや設備の充実度で金額が変わりますから、あまり多くを望むと予算をオーバーしてしまうことが考えられます。

 

しかし、安さだけを優先して望まない物件に住んでは、せっかくの一人暮らしを楽しむことができません。したがって、希望する条件を書き出した後に、順位をつけ、譲れない条件と妥協しても良い条件を分けておくことをお勧めします。

 

審査は正規雇用より厳しく行われる

収入源がアルバイトのみである場合、賃貸物件を契約する際の審査は、正規雇用されている人より厳しいと思った方が良いでしょう。しかし、親や兄弟を保証人に立てたり、預貯金が十分にあることなどを示したりすれば審査をクリアできるケースもあるため、あきらめる必要はありません。仮に保証人を頼めない場合、費用は掛かりますが保証会社を利用する方法もあります。

 

できれば正規雇用を目指そう

収入源がアルバイトだけというのは生活面や引越しの際など不利に違いはないため、できることなら正規雇用を目指すことをお勧めします。正規雇用なら仮に月収が同じでも、審査の上ではアルバイトより確実に有利と言えます。

 

気に入った物件があっても審査で落ちてしまうと、また物件探しからやり直しになってしまい、大きなストレスになってしまうこともあります。可能であれば、正規雇用を目指すのも良い方法の一つと言えるでしょう。

 

アルバイトしながら生活できる賃貸物件探しは、エイブルAGENTまで!

それでもやりたいことがあって、自由な時間が欲しいのでアルバイトの状態でいたい、という人もいるでしょう。そんな時は私たちエイブルAGENTにご相談ください。私たちは豊富な賃貸物件情報を持っていますから、アルバイトでも賃貸契約の審査に通る物件を一緒に探すことができます。

 

相談もLINEを通じて出来ますから、とても手軽ですよ。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

 

<関連リンク>

「仲介手数料が半額の賃貸物件は、初期費用を抑えたい方にオススメの条件です!」

「【注意!】相場があがる?!繁忙期に引越しをしてわかったことをまとめました」


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 

お部屋探しのご相談は「エイブルAGENT」で。
私も接客担当しております! お部屋探しの悩みから物件探しまでお手伝いいたします!

 
賃貸アパート・マンションをアルバイトしながら借りたい。引越しの予算から審査まで徹底紹介!
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧