フリーターでも上京できるの? アルバイトでも東京で一人暮らしをする予算や方法まとめ|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

フリーターでも上京できるの? アルバイトでも東京で一人暮らしをする予算や方法まとめ

           

まとまったお金のイメージ

こんにちは、エイブルAGENTです。最近LINEでお客様より「フリーターでも上京できるの?」と質問をお受けしました。上京してみたいと考える一方で、資金面などが不安になっている方も多いようです。

 

そこで今回は、フリーターの方でも上京できるのか、お部屋探しのプロであるエイブルAGENTが上京時にありがちな悩みのポイントと、お部屋探しのコツをご紹介します。フリーターの方に向けて生活を楽にするコツも合わせてご紹介しますので、ぜひともご参考ください。

 

その他、フリーターで賃貸物件を借りられるか気になる方はこちら

「フリーターでも賃貸物件は借りられる?契約時の審査をパスする方法や必要なお金について教えて!」

 

賃貸物件の審査基準が気になる方はこちら

「賃貸の審査基準は何ですか?見られるポイントや対策を解説」

 

フリーターでも上京はできるのか?

東京といえば「物価や家賃が高い」というイメージが強いため、「フリーターでも上京できるの…?」と不安になられる方も多いでしょう。そこでまずはフリーターが上京する過程で、ありがちな問題点をご紹介します。

 

実際に上京するとき、どのようなポイントが問題になってしまうのか事前に把握するだけでも、上京のイメージがしやすくなるはずです。

 

フリーターが上京をするときの壁、その1「まとまったお金が必要」

実際のところ東京は物価が高く、家賃もそれなりに必要なため、上京時にはまとまった資金が必要となります。初期費用として敷金や礼金を、高い家賃に上乗せして支払う必要がある上に、引越し分の出費もあります。

 

地方からの上京にまとまった資金が必要なのはどの場合でも変わりません。しかし安定収入がないフリーターの方は、資金面にゆとりを持って上京する必要があるのは間違いないでしょう。

 

フリーターが上京をするときの壁、その2「審査が通りにくい」

賃貸物件を借りるためには、はじめに入居審査をパスしなければなりません。入居審査では安定した収入が参考にされるため、正規雇用で会社勤めをしている方などに比べると、フリーターは賃貸物件を借りづらくなっているのが現状です。

 

初期費用を抑えたい目的で選ばれがちなフリーレント物件でも同じく審査が行われます。そのため、フリーターの方が上京するときには、入居審査の難しさが課題点になってしまうのです。

 

フリーターが上京をするときの壁、その3「都内の場合、家賃が高い」

地方に比べて、都内は家賃が高い傾向にあります。いい部屋に住もうと高過ぎる賃貸物件に住んでしまうと、後々家賃の支払いに追い込まれてしまうこともあり得ます。無理なく支払いができる家賃の目安は月収の1/3以下と言われています。自身に合った家賃の賃貸物件を探せるかどうかがポイントになるでしょう。

 

フリーターが一人暮らしをするには、どのくらいの手取りがあれば良い?

実際どのくらいの手取りがあれば生活できるの? と、金銭面でナイーブになられる方も多いでしょう。フリーターの方が一人暮らしする場合、お金の管理、節約はかなり重要になってきます。どのくらいの手取りが必要なのかご紹介します。

 

手取りは15万円は必要

家賃、食費、光熱費、日用品、交通費、交際費、娯楽、年金、保険といった出費を考えると、少なくても手取りは15万円ほどは必要になると言われています。仮に時給1,200円のアルバイトを週に5回、7時間勤務だとすると、月収は16万8,000円です。

 

少なくとも時給が1,070円以上の仕事を選ばなければ、手取り15万円の実現はかなり難しくなるでしょう。

 

最低限かかる生活費

仮に手取り15万円として考えてみましょう。

家賃6万円
食費3万円
光熱費5,000円
日用品5,000円
通信費8,000円
交通費3,000円
交際費1万円
娯楽5,000円
年金1万6,340円
保険8,000円

 

これで合計して15万円ほど。実際には食費や交際費にプラスやマイナスが出たり、収入に応じて健康保健料や住民税などが変わったりと、ライフスタイルによって金額は変動します。

 

節約によって、いろいろと削ることもできますが、15万円の手取り収入ではギリギリの生活になります。万が一のための貯金も厳しいものとなってしまうのは言うまでもありません。

 

家賃に見合ったエリアを探そう

賃貸物件を決めるにあたって、勤務地から近いもの、周辺施設の充実度など、人それぞれに重視したいポイントは異なります。しかし上京するときに重要なのは、家賃に見合ったエリアを見つけることです。

 

基本的には収入の1/3以下、あるいは年収の25%が家賃の適正額だとされています。まずは自身の収入と予算を考慮して、予算に見合ったエリアがどのあたりなのかを調べてみることも、生活を楽にする部屋探しのコツです。

 

予算と照らし合わせて物件をチェックしよう

ご自身の家賃条件と合う物件を見つけたら、それぞれをリスト化しておきましょう。賃貸物件には家賃だけでなく、周辺施設の充実度や勤務先への距離などそれぞれの条件が異なっています。

 

予算が同じなら、出来る限り優れた賃貸物件に住みたいですよね。エイブルAGENTではLINEを通じてお気軽にご相談いただけるため、「予算と条件がマッチした物件がなかなか見付からない」とお悩みの方はぜひ一度お声掛けください。

 

節約を意識することがポイント

フリーターの方が「上京して一人暮らしを」と考えても、意外とお金が掛かってしまい、なかなか踏み出せないという方も多いでしょう。そんな費用面でお悩みの場合は、節約を意識してみてはいかがでしょうか。

 

節約によって、貯金や娯楽にお金を回すことが可能になります。そうした節約をできる人とできない人の違いは、自分の収入に合ったお金の使い方をしているかどうかにあります。

 

フリーターの方は収入が安定しない場合が多いため、浪費を避ける、工夫によって無理のない節約をするように心掛けることをおすすめします。

 

毎月かかる固定費を見直す

節約のイメージ

まずは、節約を意識していく上で、毎月どのくらいお金を使っているのか把握する必要があります。家賃や食費、光熱費など各種の支払いを一度ノートなどに書き出してみてはいかがでしょうか。

 

毎月どのくらいのお金を使っているのか、無駄なお金を使ってはないか、ご自身でしっかり認識するだけでも節約に対する意識を変えることができます。節約生活をする場合は、金額の大きなものから削っていくことがポイントです。

 

一番出費が多い「家賃と食費」をどの程度削れるか、光熱費をいかに節約できるかを意識するだけでも月々の出費を抑えることができるでしょう。

 

外食ではなく自炊を心がける

手軽にできる節約法として、自炊も一つの手段となります。「一人暮らしだと自炊するほうが高いのでは?」と思われる方もいるでしょう。スーパーのお惣菜や安い飲食店の利用も節約の選択肢に挙がりますが、トータルで見た場合、自炊のほうが食費を浮かせられる傾向にあるようです。

 

まず、コンビニやスーパーなどで買い出しをするときに予算を決めましょう。事前に必要なものをメモして買うものを決めておけば無駄遣いを防ぐことができます。とくに上京する前に都内の激安スーパーをチェックしておき、自炊によって、さらに出費を抑えることができます。

 

ちょっとしたお昼代や飲み物代も、積み重なると大きな金額になるのも事実です。常日頃から水筒を持ち歩き、食費を抑えるために自炊することを心掛けましょう。

 

賄い付きのアルバイトを見つける

フリーターのメリットとして、賄い付きのアルバイトを選択できる点です。勤務日は1日1食分の食費を減らすことができるため、かなり節約ができます。料理が苦手だけど食費を浮かせたい、とお考えのフリーターの方には特におすすめです。食費を減らしつつ、きちんとした食事もとれるため、健康的な生活を送れるのは大きなメリットといえます。

 

家計簿をつけて、出費を把握する

出費を常に把握しておくために、家計簿をつけるのも効果的です。今では、レシートの写真を撮影して取り込むだけで家計簿をつけてくれるアプリなどもあります。家計簿をつけることによって、今月どのくらいの節約ができたのかを把握できるようになります。

 

一番重要なのは、自身の出費がどの程度かしっかりと把握することです。支出を見直すと、お金を使い過ぎている点と、節約できそうな部分がだんだんと理解できるようになります。家計簿をつけていないと実際に数字が見えないため実感しづらく、無駄遣いにつながってしまうこともあります。家計簿をつけることにより、節約の仕方も計画しやすくなるはずです。

 

フリーターの物件探し、注意点とは?

フリーターの方は安定した収入がないため、正規雇用の会社員に比べると賃貸物件探しが難航してしまうのが現実でもあります。フリーターの方が賃貸物件を探すなら、どのようなポイントに気をつけるべきかご紹介します。

 

家賃の安さを一番に考えよう

入居審査のポイントは家賃の支払能力があるかどうかということ。フリーターの人が賃貸物件の契約をするには、家賃を支払えるかどうかが特に重要です。賃貸物件の家賃目安は、年収の25%から30%が目安とも言われています。上京するとはいえ、この範囲を超えた賃貸物件に住み続けるのは厳しいです。何よりも家賃の安い賃貸物件を探すことが重要だと念頭に置きましょう。

 

物件の希望条件は控え目に

物件の希望条件があまりにも多いと、物件探しがかなり困難になってしまいます。家賃の安さ、物件自体の条件、周辺の環境など、さまざまな希望条件もあるかとは思いますが、希望条件をつけすぎてしまうと物件探しは難航してしまいます。

 

上京して腰を落ち着けた後でも、希望の物件に転居することは可能です。希望条件は控え目に設定して、まずは上京時に住んでいけそうな物件を探すことをおすすめします。

 

審査は正規雇用より厳しく行われる

フリーターは収入が不安定という理由で、正規雇用の方より審査が厳しく行われる傾向にあります。とはいえ、十分に貯金があり、家賃2年分の貯金があると審査に通ることもあります。大家さんによっては、審査が緩いところもあるものの、フリーターだからという理由で審査が厳しくなってしまうのは避けられないでしょう。

 

できれば正規雇用を目指そう

正社員を目指すイメージ

引越しも含め、フリーターはさまざまな契約で不利になりやすいと言われています。そのため、安定した収入を得るためにも正社員を目指してみてはいかがでしょうか。フリーターのままで年月を重ねるほど、信用性が低くなり、さらに物件を借りづらくなってしまう可能性もあります。

 

機会があれば、と後回しにしてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、昨今では売り手市場ということもあり、少し探してみることで正規雇用の道筋が見つかるかもしれません。

 

フリーターの方の上京、エイブルAGENTが親身になってアドバイスします!

上京するときにはまとまった資金が必要であったり、賃貸物件の審査が通りにくかったり、いろいろと不安な気持ちを抱えてしまった方もいるかもしれません。しかし、実際に上京したときに味わえる楽しさや喜びは人それぞれです。

 

フリーターだからこそ見つけられる人生の楽しみ方もあります。「上京してみたいけど……」と足踏みをされている方は一度、エイブルAGENTまで、ぜひ一度ご相談ください。親身になってアドバイスいたします。

 

LINEを通じて、いつでもご相談をお受けすることができますので、地方から上京するときのイメージを固めるお手伝いができるかもしれません。もちろんご希望の条件に合う賃貸物件探しのサポートも行っておりますので、「フリーターだけど上京時の物件はどうしよう?」とお悩みの方はぜひお声掛けください。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

 

<関連リンク>

「フリーターでも賃貸物件は借りられる?契約時の審査をパスする方法や必要なお金について教えて!」

「賃貸の審査基準は何ですか?見られるポイントや対策を解説」


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT男性スタッフ・N

引越し好きが昂じて部屋探しスタッフになりました。
お部屋探しのご用命は「エイブルAGENT」までご連絡ください!

 
フリーターでも上京できるの? アルバイトでも東京で一人暮らしをする予算や方法まとめ
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧