上京してアルバイト生活をしたい! 引越しの方法から審査、生活費の目安まで紹介します|教えてAGENT

  • 1
  • 0
  • 0

上京してアルバイト生活をしたい! 引越しの方法から審査、生活費の目安まで紹介します

           

上京した女性のイメージ

こんにちは、エイブルAGENTの女性スタッフ・Nです。先日お客様に「上京してアルバイトをしながら生活したいのですが、どうすれば良いですか?」とLINEで質問を受けました。

 

上京してアルバイト生活をしながらでも住める賃貸物件をエイブルAGENTがご案内します。また生活する上で必要な生活費や、物件探しでの注意点、審査に関することなどを分かりやすく解説します。アルバイトをしながら都会暮らしをしたい、憧れのある方は必見です。

 

その他、上京して一人暮らしをするときにかかるお金が気になる方はこちら

「上京して一人暮らしを始めます。どのくらいのお金が必要でしょうか?」

 

東京で一人暮らしを検討している方はこちら

「一人暮らし必見!東京23区で家賃が安い街TOP10!住みやすさ・アクセスの良さも合わせて解説!」

 

そもそもアルバイトでも一人暮らしはできるの?

アルバイト生活をしながら一人暮らしをしたいときに心配なのが「収入」と「審査」です。アルバイトは信用性が低く見られがちなので賃貸契約は不利だと思われています。しかし、条件さえ揃えば上京し、アルバイトをしながらでも部屋は借りることや、一人暮らしも可能です。それでは詳しく見ていきましょう。

 

上京するお金って、どのくらい必要なの?

一般的には、上京するときに必要なお金は50万~60万円程度が相場になります。一例として家賃5万円を想定した場合の内訳は下記のとおりです。

 

・初期費用(例:家賃5万円の場合)

内訳費用
敷金5万円
礼金5万円
仲介手数料5万4,000円
前家賃5万円
日割り家賃(14日入居)3万円
鍵交換費用1万5,000円
保証会社利用料2万5,000円
火災保険料2万円
合計29万4,000円

・家具や家電の購入費  約15万円

・引越し費用      約7万~9万円

 

上京に必要な費用は、どの地域から引越しをしてくるのかといった距離によって引越し費用は異なりますし、家具家電などの購入費用なども個人差があります。物件数として多くはありませんが、家賃も敷金礼金0(ゼロ)といった物件を探せば初期費用を抑えることが可能です。

 

上京のメリット

よく「東京にはなんでもある」と言われますが、地方出身者が上京して感じるメリットの多くに利便性の良さがあります。都心部は地方に比べて交通機関がとても発達していますので、1本電車に乗り遅れてもすぐに次の電車が来ますし、家の近くには夜遅くまで開いているスーパーやコンビニが多くあります。

 

そのほか、仕事の選択肢が豊富にあることもメリットとして挙げられるでしょう。自分のやりたい仕事はもちろんのこと、地方にはないさまざまな業種に挑戦することができるので、多くの可能性を手にするチャンスに恵まれる傾向にあるでしょう。

 

上京のデメリット

上京する上でのデメリットはなんといっても家賃が高いこと。地方では7万円の予算があれば、ファミリーで快適に暮らせる物件でも、東京ではエリアによっては一人暮らしでも狭い部屋であったり、築年数の古い物件であったり、差が激しいことが挙げられます。

 

また、これまでは実家暮らしでは、必要がなかった家賃や光熱費の支払いも、一人暮らしでは自分で管理して払う必要があります。掃除や洗濯といった家事も自分自身で行わなければなりません。こうした面で不安を感じている人も少なくないでしょう。

 

また、電車移動が中心になるため、通勤ラッシュではすし詰め状態の電車に乗ることも多くなります。今までとは違った生活に戸惑うことも多々あることから、上京すると孤独を感じやすくなるかもしれません。

 

フリーターが一人暮らしをするには、どのくらいの手取りがあれば良い?

節約のイメージ

贅沢はしなくても最低限の生活を送るためには一体どのくらいの収入が必要か気になりますよね。ここでは1ケ月にかかる一人暮らしでの生活費や物件探しで優先したいことを解説します。

 

手取りは15万円は必要

一人暮らしで1ケ月に必要な手取り額は15万円が目安とされています。適正家賃が1/3から1/4が目安で考えると、約5~6万円の物件の住まいで、贅沢な暮らしはできませんが、節約次第で貯金も可能な金額といえます。以下が、平均的な一人暮らしでかかる生活費の目安です。注意したい点は15万円を手取りで得るためには、額面でおおよそですが19万円ほどの収入が必要になります。国民年金・保険料・税金の支払いが発生することも踏まえておきましょう。

 

この目安の範囲で支出を収めると、手取り15万円の生活が可能になります。しかし、手取りで15万円の収入を得るためには時給1,000円のアルバイトを1日8時間×週5日勤務しても額面19万円の収入は得られません。時給1,000円以上のアルバイトをする必要があります。8時間勤務をベースに計算すると、時給1,200円の仕事を見つけなければなりません。その場合の収入は、19万2,000円となります。アルバイトで得た収入で生活する場合、必要な支出や費用の項目は、大まかには以下のとおりです。

・家賃

・食費

・水道光熱費

・日用品費

・通信費

・そのほか(交際費・交通費など)

・国民年金、国民健康保険、税金

 

特に出費の大半を占める家賃によって、必要な手取り額も変わります。それぞれにかかるお金はしっかり把握し、抑えられるものはなるべく抑えるように毎月意識することが大切です。

 

最低限かかる生活費

先程の1ヶ月にかかる生活費の詳細はこちらになります。

家賃約5万円
食費約2万5,000円
水道光熱費約8,000円
日用品費約1万円
通信費約5,000円
そのほか(交際費・交通費・娯楽費など)約2万円
国民年金・保険料約2万6,000円
合計14万4,000円

 

家賃がもっと低めの賃貸を探す、交際費や娯楽費などを抑えるなど、ストレスにならない程度に抑えると少しは余裕のある生活ができるようになるでしょう。

 

家賃に見合ったエリアを探そう

上京し、手取りの収入が15万円の適正家賃は、約5万~6万円が相場になります。しかし、都心に近いエリアや、交通面でアクセスが良いターミナル駅の物件、住みたい街アンケートなどで常に上位に位置する人気のエリアは、1Kや1Rでも、家賃の相場は高くなる傾向があります。すべての希望や条件を満たした物件を探すには、この予算では厳しいといえるでしょう。

 

もし安い家賃相場で賃貸物件を探したい場合は、都心より少し離れたエリアや郊外がおすすめです。探すコツは、同じ家賃でも古くて利便性は良いけれど、治安の面で心配な安い物件を選ぶより、多少駅からは遠くても、快適に生活できるエリアの物件を選ぶほうが長い目で見ると安心でしょう。

 

エイブルAGENTでは初めて上京する方でも安心してお部屋探しをすることができます。ご希望の家賃に合う物件を多数ご紹介することも可能ですのでぜひお問合わせください。

 

予算と照らし合わせて物件をチェックしよう

余裕を持った生活をするには、高収入であることに越したことはないですが、はじめに家賃が低い賃貸物件を中心に探すことも重要なポイントです。食費や日用品の費用は節約次第でなんとかなりますが、家賃が高いと生活を圧迫することもあり得ます。自分の生活費の予算を考えた上で、これくらいなら大丈夫という家賃相場を把握して、ご自身に見合った物件を中心に探しましょう。

 

上京時の物件探し、注意点とは?

アルバイトでも賃貸物件は借りられますが、決して容易とはいえません。ここでは上京時の賃貸物件を借りるときの注意点を解説していきます。

 

家賃の安さを一番に考えよう

家賃のレベルで生活にゆとりがでるかどうかが決まるといっても過言ではありません。ですから、アルバイトで生活していくには家賃が安ければ安いほど賃貸物件は借りやすくなりますし、余裕のある生活を送るためには大事なポイントとなります。

 

物件の希望条件は控えめに

エリアや駅近など利便性を追求すればするほど家賃は高くなります。そうなると必然的に入居審査も厳しくなるでしょう。そうした場合に雇用形態の不安定なアルバイトの方は不利になりやすいため、なるべく物件の希望条件はどうしても! というもの以外は控え目に伝えましょう。

 

審査は正規雇用より厳しく行われる

アルバイトは一般的に、社会的信用が低く見られがちです。一定数の大家さんからは敬遠され、審査については不利になってしまうのが現実です。やはり安定した収入のある正規雇用者のほうが信用されやすいのは言うまでもありません。

 

例えば、賃貸契約時に預貯金が多い方は通帳のコピーを提出するといったことから信用度が上がり、審査が通りやすくなることがあります。

 

できれば正規雇用を目指そう

アルバイトでも一人暮らしは可能ですが、将来のことを考えると昇給やボーナスのある正規雇用の信用度は高いです。福利厚生の面でも、アルバイトとは待遇が変わります。可能でしたら、正規雇用を目指して就職活動をすることをおすすめします。賃貸物件探しでも、より選択肢が広がりますし、上京後の生活がより充実することでしょう。

 

エイブルAGENTは、アルバイトでの上京を応援します!

居酒屋のバイトのイメージ

上京後はアルバイトをしながらでも、十分に生活することは可能です。地方での一人暮らしと比べると、決して贅沢な暮らしはできませんが、家賃相場の低い賃貸物件で節約を意識すれば、素敵な一人暮らしが満喫できます。

 

しかし、初めての上京のときには、どのエリアが良いのか、数多くの賃貸物件から一人で探すのは難しいことでしょう。そうした物件探しでお困りの方は、ぜひエイブルAGENTにご相談ください。あなたの希望に合った賃貸物件をご紹介いたしますので、お気軽にご登録をお待ちしております。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

 

<関連リンク>

「上京して一人暮らしを始めます。どのくらいのお金が必要でしょうか?」

「一人暮らし必見!東京23区で家賃が安い街TOP10!住みやすさ・アクセスの良さも合わせて解説!」


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 

お部屋探しのご相談は「エイブルAGENT」で。
私も接客担当しております! お部屋探しの悩みから物件探しまでお手伝いいたします!

 
上京してアルバイト生活をしたい! 引越しの方法から審査、生活費の目安まで紹介します
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧