フリーレント物件とはなんですか?概要や注意点などを説明|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

フリーレント物件とはなんですか?概要や注意点などを説明

           

フリーレントとは

賃貸を考えている人の中で、「できれば住居費用を抑えたい」と思っている人は少なくないかと思います。そこで不動産会社で物件を見ていると、中には「フリーレント」を提示しているものがあります。

「フリーレント」とは何なのでしょうか。この記事では賃貸物件をお得に借りることができるフリーレントの物件とは何なのか、そしてそのメリット・デメリットなどを解説していきます。

フリーレント物件の概要

フリーレント物件とは

そもそもフリーレントとは、一定の期間、家賃がかからない物件のことです。 例えば、「フリーレント1ヶ月」となっていたら、1ヶ月の家賃がかからないという意味です。通常は1ヶ月程度のことが多いですが、まれに2ヶ月となっている場合もあります。

多くの場合、家賃だけが不要であることが多いです。そのため、共益費など月額で必要な料金については支払う必要がありますので、その点は注意が必要です。

フリーレント物件の仕組みって?

大家さんにとって、家賃は重要な収入のはず。それなのに、なぜフリーレントが可能なのか不思議に思う人も多いことでしょう。これには理由があります。

入学や転勤などが多い春先は、一般的には引越しシーズンだと言われています。この時期に入居者が入らないと、その後1年間空室のままである危険性すらあります。そのため、少々家賃収入が下がっても、入居者がいた方がいいと大家さんは考えます。入居者が入りやすくするように、大家さんが必要な費用安くして入居者を募集するのです。その方法の一つとして、一か月程度の家賃をゼロにする、つまりフリーレントがあるのです。

フリーレント物件ができた理由

家賃安くしてくるのであれば、月々の費用を安くしてくれた方が嬉しいのに、と思う人もいるかも知れません。しかし、毎月の家賃を下げてしまうと、他の入居者の方に不公平になってしまうため、大家さんにとっては大きなデメリットとなってしまいます。

また大家さんは、できることであれば長い間住んでいてほしいと考えています。家賃を下げた入居者がもし長年住み続けた場合、その下げた分月々の収入が下がってしまうため、物件の価値自体が下がってしまいます。

それを避けるために、一時的に家賃をゼロにしてしまう方が、大家さんにとってメリットが大きいのです。これが、家賃を下げるよりもフリーレントにする理由になります。

フリーレント物件のメリット・デメリット

フリーレントの物件にもいろいろなメリット・デメリットがあります。

【メリット】入居後のお金の負担が減る

フリーレントの物件に入居した場合のメリットは、何と言っても、入居後の金銭的な負担が減ることにあります。少なくともフリーレントの期間については、家賃にかかる数万円が節約できます。特に入居前に支払う初月の家賃が不要となる点は見逃せません。引越し前の費用が心もとない状況であれば、とてもありがたいでしょう。
例えば、家賃8万円の物件に6/16に入居する場合、日割り家賃の4万円+7月分8万円と家賃関係だけでも12万円かかりますが、フリーレント1ヵ月分があると4万円になります。

【デメリット】契約期間が決まっている

フリーレントの物件の場合、一般的には、解約しようと思っても違約金のかかる期間が定められている場合があります。というのも、通常通りの解約を認めてしまっては、フリーレント期間が済んだら退去してしまう事態が発生しかねないからです。空室をなくしための施策であるにも関わらず、これでは意味がありません。

そのため、一時的・短期的な住まいとして考えている場合については、フリーレントの物件は向いていないこともありえます。あくまで長い期間住む前提でないと、かえって割高になってしまうことがある点に注意しておきましょう。

フリーレント物件の注意点

お得に見えるフリーレントですが、注意すべき点もいくつかあります。ここでは、その注意点について解説していきます。

途中で解約すると違約金が発生する場合がある

先ほどもお話しした通り、契約を解除した場合、違約金が発生することが契約書の特記事項に盛り込まれている場合がほとんどです。そのため、万が一解約するような場合になった場合は、通常に住む場合よりもかえって多くの金額を払わなければならない可能性もあります。フリーレント物件の場合、あくまで2年くらいは住む前提で探した方がいいでしょう。

家賃が相場より高い可能性がある

フリーレントの物件の中には、家賃を高めに設定している場合もあります。というのも、家賃のかからない期間の分を、家賃に上乗せして設定している場合もあるからです。フリーレントだからといって一概に安いというわけではありません。

そのため、近辺の似通った物件の家賃と比較してみることが重要です。そして、住む期間とあわせて十分に検討する慎重さも必要となるでしょう。

管理費・共益費・日割り家賃が発生する

フリーレントの場合、家賃は一定期間ゼロになります。だからといって、月々に必要な費用の全てが無料になるわけではありません。

例えば、共用部の管理のために必要な管理費や共益費については、月々支払いが必要となる場合がほとんどです。また、月の始めからではなく月の途中から入居する際には、入居前に日割り家賃の支払いが必要となります。フリーレント期間の月々の支払いについても、契約前に不動産会社や家主さんに確認しておくことが大切です。

物件数が少ない

一般的には、フリーレント物件の割合は全体から見るとかなり少ないです。そのため、最初からフリーレントを提供している物件の中から候補を探そうとすると、思うような物件がなかなか見つからないこともあり得ます。あくまでフリーレントは選択肢のひとつだと考えて、お部屋を探した方がお気に入りの物件に出会いやすいことは、頭の片隅に置いておきましょう。

フリーレントをつけるための相談ポイント3選

フリーレントの物件が少ないことからハードルが高いように感じられますが、大家さんによっては相談することでフリーレントにしてくれる場合もあります。ただし、闇雲に交渉をしても、フリーレントを受け付けてくれないどころか、入居を断られてしまう場合もあります。前提として、大家さんと借主の利害の一致、及び大家さんの善意によるものである認識を大切にしてください。

不動産業界の閑散期を狙う

不動産業界は1月から3月にかけては、非常に忙しい時期となります。また、大家さんにとっても入居者の問い合わせが多い時期になります。この時期に相談を持ちかけても思うような条件を付けてくれるのは、非常に難しいでしょう。

それに対して、引越しが一通り落ち着くゴールデンウィーク明けからは、入居の問い合わせも全体的に少ない閑散期になります。閑散期に空室のある物件を抱えている大家さんは、何とか空室を埋めようと注力しています。この時期であれば、フリーレントの交渉にも応じてくれる可能性があります。

フリーレントを相談できる可能性があるか確認する

相談するにしても、気に入った物件にだけ、フリーレントを持ちかけるようにしましょう。住む物件も決めていないのに相談を持ちかけても応じてくれないでしょう。最悪の場合、家賃を払ってくれるかどうか、大家さんに不審に思われる危険性すらあります。あくまでこの物件に住みたいという意思を伝えた上で、相談の余地があるかどうかを尋ねてみることが重要です。

具体的に金額を提示して相談する

「とにかく安くして」という態度では、大家さんもなかなか相談に応じてくれません。具体的な条件を提示した方が、相手も反応してくれる可能性が高くなります。例えば「日割り家賃分を安くして欲しい」、「1ヶ月分のフリーレントにしてほしい」といった具合です。先にも説明しましたが、入居する前提での相談が基本になる点は、くれぐれも注意しましょう。
エイブルでは大家さんにフリーレントの相談も致しますので、来店の際にお気軽におっしゃってくださいませ!

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1

紹介してもらうスタッフを選ぶ!

ステップ2
STEP 2

お部屋探しの条件を登録する!

ステップ3
STEP 3

LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!

登録はもちろん無料!

【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT女性スタッフ・I

エイブルAGENT」でお部屋探しスタッフやってます!
お部屋探しの悩みや不安を解消するお手伝いをさせていただきます!

 
フリーレント物件とはなんですか?概要や注意点などを説明
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧