賃貸契約でも地震保険に入る必要はある? 保険の補償範囲と加入方法をご紹介します。|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

賃貸契約でも地震保険に入る必要はある? 保険の補償範囲と加入方法をご紹介します。

           

ひび割れを起こしているマンション

初めまして、エイブルAGENTです。賃貸契約を行う際には、火災保険に加入しますが、その際にお客様から「賃貸契約でも地震保険に入る必要はあるの?」というご質問を頂きます。

そもそも地震保険が一体どういった補償範囲なのかをご存知でしょうか。今回は、地震保険が気になっている方へ向けて、一体どういった補償範囲なのか、その内容と火災保険との違い、加入する必要性などについてご説明します。

火災保険について詳しく知りたい方はこちら

家財保険について気になる方はこちら

地震保険って何? 地震保険の概要と特徴

通常の賃貸住宅であれば、物件の契約時に火災保険も一緒に加入するケースがほとんどです。その一方で地震保険はあまり耳にしない方も多いのではないでしょうか?地震保険とは一体どういったものなのか、その概要と特徴をご紹介します。

地震保険は賃貸ならば家財補償がメイン

段ボールに入っている家具家電

地震保険とは、文字通り地震から発生した被害に補償を行ってくれる保険で、主に地震とそれに伴って発生する様々な自然災害による被害が対象です。例えば地震や噴火、そして津波のようなものが原因で物件が火災にあったり、倒壊してしまったり、埋没や流失の被害にあったりした際に効力を発揮します。

建物と家財に対する2つの補償を行ってくれますが、賃貸物件であれば建物に対する補償は行われません。つまり、賃貸物件で地震保険に加入する目的は主に家財の保護がメインとなると言えます。

地震保険は火災保険とセットで契約する必要がある

「日本は地震大国だし、火災はしっかり気をつけているから地震保険だけに加入しよう!」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、地震保険はまず火災保険とセットで加入する必要があるのをご存知でしょうか。ほとんどの地震保険は単独で契約することが出来ないため、火災保険に加入する時に地震保険にも加入することになります。

地震保険の保険料と補償内容・費用は?

火災保険はよく知っていても、「地震保険って一体何から補償してくれるの?」という疑問を抱かれた方もいらっしゃるでしょう。そんな地震保険の保険料と、どういった補償がされるのかどうかご説明します。

賃貸に置ける地震保険の補償対象とは?

賃貸物件であれば家具の補償がメインのため、例えばTVやパソコン、冷蔵庫といったものを保護することが出来ます。その一方で30万円を超える貴金属や骨董品、絵画のような芸術品は補償対象となっていないためご注意ください。

地震保険が補償してくれる額と保険費用

地震保険の補償額はセットで入っている火災保険の30%~50%が相場となっています。つまり、火災保険の補償金額が1000万円まで設定されている場合は300~500万円ほどの家財補償がされるということです。

地震保険の保険料はお住まいの地域や建物の構造によって変動しますが、条件が一緒であれば保険料は一律となります。なぜ保険料が地域によって変動するのかと言うと、津波の被害や噴火の危険性など地震被害の可能性が都道府県ごとに異なるためです。

まずはご自身がお住まいになられている都道府県の保険料を事前に調べておくことをおすすめします。

地震保険と火災保険の違いとは?

消火器を持つ手

火災保険では、建物・家財の火災による損害などを補償しています。しかし”地震による”火災および倒壊などは火災保険で補償されません。したがって、地震による損害に備えるには地震保険が必要です。

火災保険といえば建物や家財など、万が一の火災時に損害が発生した場合に補償してくれる保険です。その一方で、地震を起因とした火災が発生した場合は先述の通り火災保険が下りません。そんな時、地震保険であれば、地震を起因とした火災でもしっかり補償を貰えるため、地震大国の日本では重要と言えます。

自然災害はいつ起きてもおかしくないものだからこそ、万全の対策をしておくべきなのは言うまでもありません。火災保険だけではカバー出来ない部分を地震保険でしっかり守る事で、万が一の際にも安定した生活を送ることが出来るでしょう。

賃貸でも地震保険に入る必要はある?

地震保険に入るとしても、賃貸物件であれば建物に対する被害は大家さんが負担するため、ほとんどのケースで賃貸では地震保険に入る必要がないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、先述した通り地震で発生した火災では火災保険が下りない他、地震で被害を被った家財の補償も誰も行ってくれません。

地震被害に遭われた際、「仮住居を設けた後に家具が足りず、生活水準が一気に下がってしまった」「不便な思いをする事があった」という方もいらっしゃいました。つまり、自身の資産でもある家財を震災から守るために一度地震保険加入を検討してみてはいかがでしょうか?

地震保険の加入数は増えている。

東日本大震災を皮切りに、今では地震保険の加入者数が年々増えてきています。地震保険に加入しているかしていないかで地震に遭った後の生活水準が大きく変わるため、エイブルAGENTでも地震保険の加入をおすすめしています。

もちろん、免震や耐震といった地震対策が取られている物件に住むことでも、家財を守ることが出来る可能性があります。エイブルAGENTでは地震被害に遭いたくないという方へ向け、地震対策がしっかり取られた物件探しのサポートも行っております。LINEを通じてお気軽にご相談頂けますので、ぜひ一度ご利用ください。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

<関連リンク>
家財保険って何ですか?概要から補償内容まで紹介
賃貸契約時の火災保険って何? 火災保険に加入する理由、概要、解約方法を紹介します


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 

お部屋探しのご相談は「エイブルAGENT」で。
私も接客担当しております! お部屋探しの悩みから物件探しまでお手伝いいたします!

 
賃貸契約でも地震保険に入る必要はある? 保険の補償範囲と加入方法をご紹介します。
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧