部屋にある家具家電の転倒防止対策、どんな方法があるの?地震などの災害時に備えておこう|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

部屋にある家具家電の転倒防止対策、どんな方法があるの?地震などの災害時に備えておこう

           

転倒防止策(家具と天井を繋げる)

こんにちは、エイブルAGENTです。最近の自然災害の多発を受けてか、お客様から「災害時に備えて家具や家電の転倒対策をしたいのですがお勧めはありますか?」とLINEで質問を頂くことが増えています。

 

2011年に発生した東日本大震災をはじめ、日本は地震大国として毎年のように地震が発生する国でもあります。その際にケガの危険性のある家具家電の落下や転倒には十分対策をしておきたいところでしょう。今回は地震が起きても安全に避難できるように、家具家電の転倒防止対策について解説していきます。

 

家でできる地震対策についてはこちら

「家でできる地震対策と耐震性の高い賃貸物件の特徴をご紹介!」

 

賃貸物件の耐震強度の調べ方についてはこちら

「賃貸物件の耐震強度はどう測る? お部屋探しに役立つ耐震の知識とは。」

 

家具や家電の転倒防止に取り組みたい!どんな手段があるの?

家を守るイメージ

家具家電の転倒防止にはどのような方法があるのでしょうか。最初に転倒防止に役立つ知識を解説していきましょう。

 

伸縮式のポールや棒などを使って、家具と天井をつなげるのが簡単で手間要らずの転倒防止策

伸縮式のポールというのは100円ショップなどで手に入れることができる手軽な商品です。この伸縮式ポールを家具の上部と天井を繋げるように配置すれば、簡単な転倒防止策となります。

 

もし100円ショップのものでは頼りないと感じる大型家具の場合は、ホームセンターなどで転落防止用として売られている伸縮式ポールを購入するのもいいでしょう。

 

フックを用意してベルトで引っ掛ける転倒防止策もある。ベルトが標準装備の家具や家電も多い

フックを用意して天井や壁に引っ掛ける方法も転倒防止としては有効です。天井もしくは壁などにフックを引っ掛け家具や家電をベルトで固定することにより、地震の横揺れが起こった際も家具が転倒する心配はありません。

 

伸縮式のポールを使って天井を繋げる方法では多少の揺れには耐えることができますが、横からの揺れに弱いため、大きな地震が起こった際に転倒する危険性があります。そのため、万全を期すにはベルトも一緒に付けるといいでしょう。

 

最近の家具や家電には、転倒防止用として最初からベルトが標準装備として付属しているものもあります。これから家具家電を購入するという人は、ベルトが標準装備の家具家電を選ぶようにするとベルトを購入する手間が必要なくなります。

 

L字フックなどの金具で、壁や梁と直接ネジ止めして固定する方法は転倒しにくいが壁のキズに注意

家具に直接L字フックを用いて壁や梁に直接固定するという方法もお勧めです。この方法ならばしっかりと壁に固定されるため、転倒防止対策としては高い効果があります。

 

しかし壁に直接固定するため、壁に傷が付くほか、固定が甘かった場合に家具だけでなく固定していた壁の表面が崩れる可能性もあります。固定するのなら、しっかりと固定しなければ逆に危険となります。

 

家具の底に粘着テープを貼ったり、ストッパーで止めるのも比較的簡単な転倒防止策

簡易的な転倒防止策として、家具の底や壁に接する側面に粘着テープを貼るなどの方法があります。手軽に転倒防止策ができる一方、粘着テープでは大きな地震が起きた際に剥がれる可能性もあります。しっかりとした転倒防止策を行うのであれば、他の壁などに固定するといった方法のほうが効果は高いでしょう。

 

家具や家電の転倒防止、なぜ必要?

災害に備えて家具家電の転倒防止対策をする人も多くなってきましたが、そもそも何故転倒防止対策が必要になるのでしょうか。ここでは家具家電が転倒した際に起きる危険性について解説していきます。

 

ケガをするリスクがある。就寝時に気付かなかったり、割れたガラスの破片で傷つくことが怖い

第一に考えられるのはケガのリスクです。就寝中に大きな地震があった際に、枕元に家具家電などがあると転倒して自分の体を直撃する可能性があります。また、家具が地震で倒れた際にガラスの破片が飛び散り、裸足で歩くとケガをしてしまう状況に陥ることもあるでしょう。家具家電の転倒というのは、ケガのリスクを高めてしまうのです。

 

地震などの災害時に、家具が転倒して脱出経路が無くなってしまう事も

大きな食器棚などが倒れた際に通路の脱出経路をふさいでしまい、家から脱出できなくなる可能性も考えられます。地震直後の家というのは火災などのリスクも出てくるため、なるべく早く家から脱出する必要がありますが、脱出経路がふさがれてしまうと脱出までに時間がかかって逃げ遅れる危険性も。安全かつ迅速に脱出するためには、家具家電が転倒しないようにしっかりと備える必要があるのです。

 

防災対策の一環として、特に大きな家具や家電の転倒防止を部屋で徹底しよう

防災対策のイメージ

今後も大きな地震が起きることが予測されるため、しっかりとした家具家電の転落防止対策を施しておきたいものです。

 

エイブルAGENTでは今回の転倒防止対策以外にも、地震が起こったとしても安心して住めるような耐震性の高い物件を数多く取り扱っております。物件にかかわる災害対策や、地震に強い物件など不動産に関わる疑問がある方はお気軽にお問合せください。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

 

<関連リンク>

「家でできる地震対策と耐震性の高い賃貸物件の特徴をご紹介!」

「賃貸物件の耐震強度はどう測る? お部屋探しに役立つ耐震の知識とは。」


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT男性スタッフ・S

趣味はランニングとAppleの買い物。ランニング中に新しい街や物件を見るのが好きですね。

 
部屋にある家具家電の転倒防止対策、どんな方法があるの?地震などの災害時に備えておこう
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧