一人暮らしでもペットは飼える?部屋選びの注意点と賃貸物件でも飼いやすいペットを教えて!|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

一人暮らしでもペットは飼える?部屋選びの注意点と賃貸物件でも飼いやすいペットを教えて!

一人暮らしでもペットは飼える?部屋選びの注意点と賃貸物件でも飼いやすいペットを教えて!

日々の生活で疲労が蓄積され、癒やしを求める人も少なくない今の時代。あなたのストレスを解消する心のオアシス、それがペットの存在です。可愛らしい小動物が自宅にいたら、癒されること間違いありません。しかし一人だけの賃貸生活で生き物は飼えるのか、疑問に思う人もいるでしょう。そこで今回は一人暮らしのペットライフについて説明します。

 

一人暮らしでもペットは飼える?

自分の今の生活を見つめてみよう

結論から言ってしまうと、一人暮らしでもペットを飼うことは可能です。ただし飼い始める前に、自分の生活を見つめ直す必要があります。本当に飼いたいのか、きちんと生活の面倒を見られるのか、そもそも生き物を飼うことができる物件なのか、把握することが重要です。曖昧な気持ちでペットライフを送ろうとするのは、動物も人間も不幸にしてしまう可能性があります。今の生活を見つめ、本当にペットの存在が必要か考えてみましょう。

 

ペットを飼う責任について

ペットを飼うことは、生命を預かるということです。無責任な気持ちで生き物を育てるのは止めた方が良いでしょう。自分の手に負えなくなり、責任を放棄して動物を捨ててしまう人もいます。ペットを飼うときは、十分に検討してから決断することをおすすめします。

 

ペットを飼う前に注意する5つのポイント

留守番ができるか

日中に世話が必要なペットは、一人暮らしの人には向いていません。静かに留守番できることが、一人暮らしで飼う生き物として適切でしょう。

 

臭いで近隣に迷惑をかけないか

臭いがきつい動物は避けられがちです。特に近隣との距離が近い場合、臭いの影響が出やすいため要注意となるでしょう。大きな思い入れがある場合を除き、臭いのきつい生物は避けた方が無難です。

 

鳴き声はどのくらいか

鳴き声の大きい生き物も、ペットとして飼うには注意が必要です。一人暮らしで日中の世話ができない人は特に気を付けましょう。誰もいない時間帯にペットが鳴いてしまうと、注意することも出来ず近所迷惑になってしまいます。

 

特定外来種かどうか

特定外来種とは海外起源の外来種で、生態系や農林水産業へ被害を及ぼすものが指定されます。フイリマングースやカミツキガメなど、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。違法な飼育には罰則もあるため、特定外来種については必ず確認を行うことが大切です。

 

もしもの場合に預かってもらえる環境かどうか

一人暮らしでは急な出張や入院などで、部屋に誰もいなくなる場合があります。そんなときに預かってもらえる環境の有無は重要です。知人に預けることが可能か、動物病院への預かりやペットホテルサービスの利用ができるのか、考えてみましょう。もしもの時に備え、預かってもらえる環境を用意しておくことが大切になります。

部屋選びの注意点

ペット可の物件を選ぶ

最低条件として「ペット可」の物件を選んでください。マンションやアパートなどの賃貸物件では、ペット不可の条件があるものも少なくありません。隠れて飼育していることが発覚した場合、トラブルになることが多いでしょう。仮に住んでいるときは分からなくても、退去時に気付くことは多いです。

 

ペット禁止の物件で生き物を飼いたいときは、大家さんに相談してみましょう。基本的に不可であることは間違いありませんが、ハムスターなどの小動物であれば許可が出るかもしれません。いずれにせよ、無断で飼うことだけは行わないようにしましょう。

 

防音について確認

防音性の確認は重要です。自分がペットを飼っている場合、防音性があれば鳴き声による近隣トラブルを避けられます。またペットの中には些細な音でも警戒してしまう生物がいます。環境の変化で神経質になってしまうこともあるでしょう。これらのことから、防音の設備は大切と言えます。

 

退去時の契約内容を確認

ペット可の物件では、家賃や敷金が高めに設定されている場合があります。特に敷金については、ペットが原因の汚れや傷は、飼い主に修繕義務があるため十分に確認することが大切です。賃貸契約時に、退去時の内容は必ずチェックするようにしましょう。

 

ルールにない動物の場合は?

ペット可の物件でも、無制限に飼えることは多くありません。頭数や種類に制限が掛かることも多く、小型犬は可能でも、大型犬は不可などもあるでしょう。

 

契約書に不可とはっきり記載していれば分かりやすいのですが、飼いたい動物がルールに定められていない場合もあります。契約書を結ぶ際に大家さんに確認しておけば、後からトラブルになることを防ぐことができますので、飼いたいペットが決まっている場合はあらかじめ聞いておくようにしましょう。

 

一人暮らしでも飼いやすいペットの条件

世話に手間がかからない

一人暮らしで世話の掛かる動物は難しいでしょう。どうしても部屋を空けることが多く、こまめな世話が大変という人もいます。極力、手の掛からない生物を選択すると良いです。

 

鳴き声が静かで臭いが気にならない

自分が不在のときに問題となりやすいのが「鳴き声」です。注意する人間がいないことで、ひたすらに鳴き続けることもあるでしょう。

 

また「臭い」についても重要です。頻繁にトイレ掃除や歯磨きを行うことで、臭いが抑えられるときがあります。しかし一人暮らしでは、細かな点が行き届かないこともあるでしょう。このように「鳴き声」と「臭い」は、飼う前に必ず考慮することをおすすめします。

 

なつきやすい

帰宅が遅く、休みも取りにくい人がいると思います。ペットと触れ合う機会が少なく、なついてくれない場合もあるでしょう。動物によっても違いがあるため、極力なつきやすい生き物を選ぶ方が楽です。

 

ケージで飼育をすることができる

ケージで飼える動物は、飼い主が不在でも部屋を荒らさないため安心です。また遠出や旅行をするときでも、ケージ内にいれば同行可能な場合があるでしょう。

 

一人暮らしで飼いやすいペット7選

小型の鳥類は、部屋の中で飼うことが可能です。鳴き声が癒しを与えてくれることも多いでしょう。種類によってはフンの臭いや体臭も気にならないため、飼いやすいペットと言えます。

 

ウサギ

つぶらな瞳や大人しい性格が人気です。体臭が少ない、あまり鳴くことがない、トイレを覚えてくれやすい、なども利点となるでしょう。ケージの中で飼うことが多いようです。一緒に散歩に行く「うさんぽ」で、飼い主もウサギもストレス発散が期待できます!

 

自由気ままに生きる生き物――、それが猫です。留守が苦になりにくいのが特徴と言えるでしょう。おもちゃを準備したり、運動用に広めのスペースを用意できたりすると更に良いです。

 

飼育目的でも鑑賞目的でも人気です。アパート・マンションで小型の動物が禁止でも、金魚や熱帯魚ならば大丈夫な場合もあります。種類の多さや、水槽の中を工夫しインテリアとしても楽しめる点が魅力でしょう。

 

フェレット

鳴き声が響かず、留守番が得意なことが魅力です。人懐っこく、暴れることも少ないでしょう。睡眠時間が長いため、起きているときは一緒に遊んであげましょう。

 

ハリネズミ

臭いが少なく、おとなしい生き物です。トゲに覆われたユニークな体が最近人気です。慣れてきたらトゲを寝かせてくれて、素手でも触れるようになります。ペットとして飼うときは、温度・湿度管理には十分に注意しましょう。

 

ハムスター

大きな飼育スペースが不必要なこと、お金が掛からないこと、部屋が汚れにくいこと、などが利点です。飼育ケージには遊び道具を用意すると良いでしょう。

 

まとめ

ペットは暮らしに癒しと潤いを与えてくれます。十分に責任を理解し、慎重に判断をするようにしましょう。エイブルAGENTでは、ペット可の物件を含め、皆様の理想の物件探しをお手伝いします。ペット可の物件をAGENTで探してみませんか?お気軽にお問合せください。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

<関連リンク>
一人暮らしでもペットは飼えますか?部屋選びの注意点と賃貸物件でも飼いやすいペットを教えて!
賃貸物件の近隣トラブルに困っています。事例と円満解決のポイントを解説

岩崎

エイブルAGENT」でお部屋探しスタッフやってます!
お部屋探しの悩みや不安を解消するお手伝いをさせていただきます!

一人暮らしでもペットは飼える?部屋選びの注意点と賃貸物件でも飼いやすいペットを教えて!

え! こんな部屋あるの?

 

エイブルでお部屋探し!

         
  • 0
  • 0
  • 0
   

エイブルAGENTの人気記事10

エイブルAGENTの人気記事10

 

教えてAGENTオススメ記事10

教えてAGENTオススメ記事10

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧