年収700万円の家賃目安を教えてください。適正家賃や貯金可能額を紹介|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

年収700万円の家賃目安を教えてください。適正家賃や貯金可能額を紹介

           

年収700万 家賃

年収700万円だと、13~17万円の物件に住むことができます。 今回は13~17万円で住める物件の間取りを、関東・関西に分けて解説しています。年収700万円程度の方は物件を探す際にぜひ参考にしてください。

年収700万円の人の手取り額について

年収700万円の人の手取り額は?

年収700万円の場合、年間の手取り額は560万円前後になるでしょう。月の手取り35万円とボーナス年140万円で、560万円になります。月の手取り額35万円が、生活費の基準となるのです。

なぜそんなに差が出てしまうのか

手取り額は、年収から税金(所得税・住民税など)や保険料などを引いた金額になります。条件によって差し引かれる金額が違うため、同じ年収でも手取り額に差が出てきます。概ね年収の80%ほどが、手取り額になると考えておきましょう。

年収700万円の人の家賃の目安

一人暮らしの人

年収700万円で一人暮らしの場合、家賃の目安は月額13~17万円前後になるでしょう。年収の20~25%が、月額家賃の目安と言われています。年収の30%前後が家賃目安と考えられていた時代もありましたが、現代では基準が少し下がっているようです。

手取り額を35万円とすると、月額家賃13万円では20万円以上が残るでしょう。一人暮らしの場合、家族と暮らしている人に比べると多少の無理ができます。人によっては、高めの物件を選ぶこともあるようです。また将来のことを考え貯金を多くするために、家賃が控えめになっている物件を選ぶ場合もあります。人の生活形態は様々ですので、自分に合った物件を探すことが重要となるでしょう。

家族がいる人

家賃の目安が月額13万円前後であることは変わりません。一人暮らしと異なるのは、支出の面になります。家族がいることで、生活費の支出が大きくなるでしょう。特に子供がいる人は、成長するにつれて増える金額も考慮する必要があります。

手取り月額35万円で、家賃13万円を支払った後に残る22万円。この金額から各種生活費を計算していくのですが、独身の人と比較すると全体的な支出が上がります。そのため少し家賃を抑える場合もあるようです。

年収700万の人が住める物件に多い間取り

関東圏

一人暮らしの人

家賃13万円とすると、1DKや2Kが多そうです。ただし年収700万で一人暮らしの場合、生活費に余裕がある人もいるでしょう。多少、高い物件でも住むことは可能と考えられます。CHINTAIネット調べによると東京駅周辺で家賃16~17万円ほどだした場合、1LDKなども視野に入るでしょう。

家族がいる人

家賃16~17万円と仮定した場合、3K・3DKまでの物件に住める可能性があります。しかし家族がいる場合、他に必要な支出があるため、家賃に17万円前後支払うのは難しいことも…。家賃の目安である13万円前後の物件、2Kなどを選ぶ人も多いでしょう。

関西圏

一人暮らしの人

関東圏と比較すると、家賃が安くなる場合が多いようです。CHINTAIネット調べによると大阪府天王寺駅周辺で家賃16~17万円だせるのであれば、3LDKやそれ以上の物件にも住むことが可能です。

家族がいる人

広さを第一に考えるのであれば、3LDKの物件を探すことになるでしょう。家賃目安の13万円前後でも、条件次第で入居できる物件があります。家賃16~17万円を出せば、3LDK物件の中でも条件を絞りつつ探すことができるでしょう。

年収700万円の人の生活費について

年収700万円の人の平均貯金額

人の生活様式は、一概に言えません。特に年収700万円であれば、選択の幅も広く貯金額も大幅に異なっているでしょう。貯金目標として、年収の20%前後を目安にすることがあります。年収700万円であれば、年間140万円です。年間平均貯金額の目標として、年間140万円を目指してみるのも良いでしょう。ゆとりある生活をしても、月10万円前後ならば安定して貯金できる人も多いと考えられます。

なかには生活費を削ることなく、年間140万円の貯金が達成可能な人もいるでしょう。手取り35万円で、家賃を13万円とすると残り22万円。月額貯金11~12万円で、残りは11万円前後です。この場合、ボーナスは全て残っている計算になります。大きめの出費をボーナスで払うとしても、年間140万円以上は確実に貯金できるでしょう。

今は貯金の必要がないという人は

今は貯金を考えていない、という人もいると思います。その場合、家賃が高い物件を選ぶこともあるでしょう。しかし入居には審査がありますので、お気を付けください。年収の36分の1以内が、入居可能の目安なため、年収700万円であれば、月額19万円前後までの物件でないと、審査が通りにくい可能性があります。

ただし入居基準は年収だけではありませんので、参考の1つとして考えると良いです。

引越し費用はいくら準備するべきか

家賃17万円であれば、引越し費用は68~85万円ほどになるでしょう。引越しの初期費用は、家賃の4~5ヶ月分が目安と言われているのです。

費用例では「敷金1ヶ月分17万円」「礼金1ヶ月分17万円」「前家賃1ヶ月分17万円」「仲介手数料17万円」「引越し会社の費用8万円」「火災保険料2万円」「鍵交換費用2万円」で合計が80万円となります。

まとめ

年収700万円の家賃目安は、月額13~17万円ほどになります。年収の20~25%を基準に考えると良いでしょう。人間には様々な生活様式があり、貯金額の高低は一概に言えません。目安として、年収の20%を考えてみましょう。年収700万円であれば、年間の平均目標貯金額は140万円となるのです。

また、引越しの初期費用は、家賃の4~5ヶ月分ほどと考えておきましょう。年収700万円ならば、68~85万円ほどになります。希望のライフスタイルを考え、物件を選ぶことが大切です。このほかにもご不明な点がありましたら、お気軽にエイブルAGENTまでお問い合わせください。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1

紹介してもらうスタッフを選ぶ!

ステップ2
STEP 2

お部屋探しの条件を登録する!

ステップ3
STEP 3

LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!

登録はもちろん無料!

<関連リンク>
年収400万円の家賃目安を教えてください。適正家賃や貯金可能額ってどのくらい?
年収500万円の家賃目安ってどのくらい?適正家賃や貯金可能額が知りたい!


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 

丁寧な接客と丁寧な記事で、みなさんのお悩みを解消していきます!

 
年収700万円の家賃目安を教えてください。適正家賃や貯金可能額を紹介
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧