年収500万円の家賃目安ってどのくらい?適正家賃や貯金可能額が知りたい!|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

年収500万円の家賃目安ってどのくらい?適正家賃や貯金可能額が知りたい!

           

年収500万円の家賃目安ってどのくらい?適正家賃や貯金可能額が知りたい!

日本の年収統計を記載した資料は色々とありますが、現代の平均年収は400万円台となっています。そのため年収500万円は、一般的に高いと言っていいでしょう。平均より100万円近く高いと、なんとなく裕福な生活をしているイメージがありますが、今回はそんな年収500万円の適性家賃金額について調べてみました。

2018年人気トップ4の記事

家賃の安い部屋を見つける最も効率的な探し方

【失敗談】入居後に気づきがち。一人暮らしで失敗した事

【賃貸物件のオススメの探し方】LINEで部屋の提案がもらえる!

賃貸探しのマル秘テクニック。いい不動産会社の選びかた教えます!

年収500万円の人の手取り額について

年収500万円の画像

年収500万円の人の手取り額は?

年収500万円の場合、手取りは月額25~30万円ほどになります。ボーナスの額や回数により月の手取りは少し変化するのですが、年間での手取り額は400万円前後になるでしょう。

 

なぜ額面と差が出てしまうのか

手取り額は、給料全体から税金(住民税・所得税など)や保険料などを差し引いた金額になります。また同じ年収でも独身か既婚か、各種保険の内容でも異なるでしょう。結果として年収と手取り額には、大きな差が出ます。生活費の計算は、手取り額を基準にすると良いでしょう。

 

年収500万円の人の家賃の目安

ビルとお金の画像

独身の場合

年収500万円で独身者の場合、家賃の目安は月額10万円前後になるでしょう。年収の20~25%が月額家賃の目安と言われています。以前は年収の30%ほどと言われていましたが、現代では20~25%に下がっているようです。年収500万円の20%は100万円で、25%では120万円となります。月額に換算すると、8.3万円から10万円ほどになるのです。独身の人ですと余裕があることも多く、月額家賃10万円を超える人もいます。無理のない生活をしたうえで、貯金をしている人もいるでしょう。

 

既婚の場合

手取り月額を25万円と想定します。月額家賃が10万円以上になると、少し厳しく感じる人がいるでしょう。もし子供がいるならば、生活費も上がり教育費も必要となります。賃貸物件における月額家賃の大まかな目安は、6~8万円となるでしょう。

 

年収が500万円あれば住める間取り

間取り図

関東圏

家賃10万円前後と仮定した場合、多いのは1DKや2DKなどでしょうか。2LDKや3DKでは、10万円を超える物件が多いようです。ただし関東圏と言っても広く、地域・地価によっても大きく異なります。慎重に判断した方が良いでしょう。月額家賃だけで決めずに、内見に行って現地を把握することが重要です。

 

関西圏

関東圏と比較すると、同じような条件でも少し家賃が安くなることがあります。家賃10万円前後だと、場所によっては2LDKや3DKを借りることができるでしょう。

 

年収500万円の人の生活費について

家計簿の画像

年収500万円の人の平均貯金額

人によってライフスタイルはさまざまです。貯金額もて大きく異なるでしょう。それでは年収500万円で月の平均貯金額は、どの程度を目安にすると良いのでしょうか。一概に言えるわけではありませんが、年収の2割前後を貯金できれば良いとよく言われています。年収500万円ならば、年間100万円となります。月額5万円と、ボーナスから40万円を貯金すると可能になるのです。

 

気を付けることは急な出費や、将来の支出です。特に子供がいる方は、成長による支出の変化に注意を払いましょう。

 

今は貯金の必要がないという人は

現時点では貯金を必要としていない人もいるかもしれません。その場合、家賃が高めの物件を選んでも良いでしょう。ただし入居には審査があります。年収に比べ家賃の割合が高すぎると、そもそも入居することが出来ないのです。年収500万円ならば、月額13万円前後までの物件で入居審査が通りやすくなるでしょう。

 

引越し費用はいくら準備するべきか

初期費用は、家賃月額の4~5ヵ月分ほどを見込みましょう。家賃10万円であれば、40~50万円前後になります。ただし引越し費用の総額は、時期や距離によっても大きく変動するでしょう。また地域・物件によっても異なります。特に敷金・礼金・仲介手数料の有無や、退去時の費用などは十分に意識する必要があるのです。

 

生活に影響が出ないよう、引越し費用の算出は十分に注意しましょう。費用例を挙げますと「敷金1ヵ月分10万円」「礼金1ヵ月分10万円」「前家賃1ヵ月分10万円」「仲介手数料10万円」「引越し会社の費用6万円」「火災保険料2万円」「鍵交換費用2万円」で合計50万円となります。

 

まとめ

年収500万円の家賃目安は、月額8~10万円ほどになります。これは年収の20~25%を基準とした数字です。

 

人によって様々なライフスタイルがあります。貯金額目標も人によって大きく異なり、一概には言えません。1つの目安として、年収の20%前後を目指す人に適性の家賃ですね。。年収500万円の人であれば、平均年間貯金額が100万円になります。つまり「月額5万円」と「ボーナスから40万円」を貯金する計算になるでしょう。年収500万円の人であれば、十分に可能な金額です。

 

引越しの初期費用は、家賃の4~5ヵ月分ほどを見込みましょう。条件により変動するのですが、家賃10万円であれば40~50万円を準備する必要があります。希望と収入を照らし合わせて、物件を選ぶことが重要です。他にも賃貸物件の家賃に関するご不明な点がありましたら、お気軽にエイブルAGENTまでお問い合わせください。

2018年人気トップ4の記事

家賃の安い部屋を見つける最も効率的な探し方

【失敗談】入居後に気づきがち。一人暮らしで失敗した事

【賃貸物件のオススメの探し方】LINEで部屋の提案がもらえる!

賃貸探しのマル秘テクニック。いい不動産会社の選びかた教えます!

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

<関連リンク>
一人暮らしを始めるのにかかる初期費用はいくらですか?大学生・社会人・家賃別に解説
自分の家賃に合った収入の割合を教えてください。目安などを説明


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT男性スタッフ・N

引越し好きが昂じて部屋探しスタッフになりました。
お部屋探しのご用命は「エイブルAGENT」までご連絡ください!

 
年収500万円の家賃目安ってどのくらい?適正家賃や貯金可能額が知りたい!
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧