窓についているシャッターはどんな効果があるの?|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

窓についているシャッターはどんな効果があるの?

           

窓のシャッター

こんにちは、エイブルAGENTです。今回はお客様よりLINEにて「窓についているシャッターにはどんな効果があるの?」とご質問を頂きました。

 

窓だけでなく、シャッターも使うことで一体どんなメリットが得られるのか、気になっている方も多いようです。そこで今回は、窓についているシャッターに対してご説明します。

 

マンションに住む時の防犯対策傾向について知りたい方はこちら

「マンションの空き巣対策を教えて!空き巣が入る時間帯や階数って?」

 

アパートの防犯性について気になる方はこちら

「オートロックなしでも防犯性が高い物件は? 内見時にチェックすべきアパートのセキュリティまとめ」

 

窓のシャッターってなに?

そもそも窓のシャッターとは一体何? とご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。一体どういった効果があるのか見ていきましょう。

 

窓シャッターは雨戸の一部

窓のシャッターは一般的に窓よりも更に外側に存在します。上から下ろすタイプもあれば、横からスライドして閉じるタイプもあります。基本的には雨戸の一部として収納されているため、窓シャッターは雨戸の一部といえるでしょう。

 

窓シャッターにはさまざまな効果がある

とはいえ、窓シャッターは、単なる雨戸ということだけでは片付けられません。窓ガラスは割れやすいものです。その弱い窓ガラスを守るため、シャッターは頑丈にできています。家を守り、生活を守る上で欠かせない設備なのです。シャッターをきちんと閉めていたから窓ガラスが破られずに命が助かった、財産が助かったといった状況も大げさではありません。

 

窓のシャッターはどんな効果があるの?

窓から差し込む日差しのイメージ

窓のシャッターの効果について、それぞれをより深掘りして見ていきましょう。

 

雨や風から建物をまもる

窓のシャッターとして最も効力を発揮するのは、雨や風から窓ガラスを守るということです。暴風雨が近付いている悪天候の時は、強風で石や木片など飛んでくることもあり、窓ガラスが割れ、室内に散乱してしまったという事もよく聞きます。その点、シャッターがあれば強固なため、強風や大雨から家を守ることが出来るのです。

 

最近では防犯対策の主流に

窓のシャッターは防犯対策にも役立っています。家屋への侵入被害の最も多い手口は、ガラス破りです。シャッターは窓ガラスに比べ突き破ることが難しく、空き巣などはシャッターの閉まっている家の侵入を諦めると言われています。

 

たしかに防犯ガラスに変えたり、防犯フィルムを貼ったりと、ガラスそのものを頑丈にするという手段もあります。しかしそこまで手間をかけなくとも、シャッターを閉めるだけで防犯対策に大きく役立つのです。

 

旭化成ホームズが行っている調査によると、1階の窓から侵入被害に遭った割合の内、シャッターが開いた状態の被害が6割を占めている一方で、シャッター・⾯格⼦の被害は計7%となっています。防犯対策としても有力だということが分かりますね。

2016年「戸建住宅侵入被害 10年間調査から今後の防犯対策を考える」P.63

 

防音や防火にも効果がある

近隣で火災が発生した時、延焼で火が近付いてくるということもあります。その際に一般的な窓ガラスを使用していると、熱で窓ガラスが割れ、火が家の中に入ってくるケースもあり得るのです。しかし、防火性能の高いシャッターであればその延焼を防ぐことが出来ます。

 

また、騒音が気になる場合でもシャッターを閉めることで防音効果を発揮するため、窓にシャッターがあることで、静かな生活が期待できるといえるでしょう。

 

遮熱や遮光に効果が

カーテンを掛けていても陽射しが入ってくるのも事実。お部屋が暑くなり、日光を遮断したいと思う方も多いかと思います。そんな時には、窓のシャッターを閉めるだけで日光を遮光し、直射日光を防ぐことで、結果として遮熱の効果も期待できます。

 

もちろん熱を逃さない事も出来るので、冬でも夏でも窓シャッターは万能に使えると言えるでしょう。

 

窓シャッターの効果的な使い方

窓シャッターに色々な使い方があるとはいえ、具体的な使い方が分からない方もいらっしゃるかと思います。そんな窓シャッターをいかに効果的に使うべきか、その方法をご紹介します。

 

窓シャッターで冬場や夏場を快適に

冬場や夏場はあえて窓シャッターを閉めることで、部屋の温度を一定に保つ事ができます。外気に影響されづらくなることで、エアコンの稼働効率も上がり、結果として電気代を節約することが出来ます。

 

窓のシャッターで窓の結露を抑えられる

窓の結露のイメージ

冬場にありがちな悩みが、窓に結露が起きてしまうこと。場合によってはそのまま床下に滴り落ち、そこからカビが発生してしまう恐れも考えられます。しかし、窓と外気との間にシャッター1枚を挟むことで、窓の結露が発生しにくくなるのです。ぜひお試し下さい。

 

窓にシャッターのある物件をお探しの方は、ぜひエイブルAGENTにご相談を!

シャッター付きの窓はとても機能性に優れていて、使い方によってはさまざまな効果を生み出してくれます。しかし、実際にそんな賃貸物件を探そうとしても「希望の条件で見つからない…」という場合も多いでしょう。そんな時にはエイブルAGENTまでご相談下さい!

 

エイブルAGENTではLINEを通じて常日頃からお客様のご質問にお答えしているため、窓付きのシャッターを加味した上で条件に沿った賃貸物件探しもできます。また、「物件探しになかなか時間を割くことができない」という場合でもご相談を受け付けておりますため、ぜひお気軽にご連絡くださいませ。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

 

<関連リンク>

「マンションの空き巣対策を教えて!空き巣が入る時間帯や階数って?」

「オートロックなしでも防犯性が高い物件は? 内見時にチェックすべきアパートのセキュリティまとめ」


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT女性スタッフ・S

いつも丁寧な接客、お部屋探しを心がけております。
お部屋探しのお悩みや、いいお部屋が見つからないという方は「エイブルAGENT」へご相談ください!

 
窓についているシャッターはどんな効果があるの?
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧