1Kの間取りってどういうの? オススメの設備は? 賃貸の基礎知識|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

1Kの間取りってどういうの? オススメの設備は? 賃貸の基礎知識

           

1Kのイメージ

こんにちは、エイブルAGENTの相馬です。初めてのお部屋探しをしているというお客様から「一人暮らし初心者には1Kが良いと聞きましたが、どのような間取りになるのでしょうか?」との質問をLINEで相談を受けました。

 

お部屋探しでは、1Kや1LDKという用語を見ることや聞くことが多くなると思います。しかし、いざ「どのようなもの?」と聞かれても、はっきりと答えられる方は少ないかもしれません。今回は「間取り」の基本から1Kの特徴まで、エイブルAGENTが丁寧に解説していきます。

 

一人暮らし用の部屋を探すヒントを知りたい方はこちら

「一人暮らしにオススメの坪数・間取りまとめ」

 

1Kでのインテリアや収納についても知りたい方はこちら

「1Kに住みたい人のためのレイアウト・インテリア講座。1Kの間取りや広さとレイアウト実例紹介!」

 

間取りってそもそもどういう単位?

お部屋探しで次々と出てくる1Kや1LDKという用語は、「間取り」についての単位を表す不動産用語です。こ間取りについての単位を表すこの用語を知っておくと、お部屋探しのイメージもしやすくなります。

 

間取りは基本的にLとDとKで構成されている

インターネットや広告で見られる間取り図面を見ると、L・D・Kといったアルファベットが目に付きますよね。これらが間取りのベースになっているもので、L=リビング(居間)、D=ダイニング、K=キッチンを表しています。これらが部屋全体の間取りとして、さまざまな組み合わせで構成されます。どのようなレイアウトなのかによって、部屋の家具配置にも制約を受けることになりますので重要な情報です。

 

大きくなるにつれて機能的になり家賃が上がる

部屋の面積が狭くても間取りが良ければ快適な生活を送れますが、間取りのパーツの一つひとつが大きくなればなるほどに、家具の配置で自由度が増し、理想的な部屋に近づけることができます。部屋の機能もぐんと上がりますが、その分だけ家賃は上がります。

 

1Kって間取りはどういうの?

間取りについての基本が分かったところで、1Kという間取りについて、1Rや1DKとの違いも含めて解説していきましょう。

 

1部屋+キッチンのこと

1Kとは、部屋が1つにキッチンがあるという間取りを意味します。基本的には部屋とキッチンの間にドアや扉の仕切りがあり、居室とキッチンが区別されているというスタイルです。ちなみに1Kでのキッチンの広さは4.5帖までが一般的ですので、洗濯機を置いてしまうと、ちょっとした食器棚も置くことは難しくなります。

 

1Kの良いところ・オススメポイント

1Kの間取りでは、キッチン以外にもバス洗面やトイレのスペースとの間も区切られていることが多いです。そのため、キッチンで料理をした後などの匂いが居室にまで流れるのをシャットアウトしてくれます。また、玄関と居室空間が離れていて仕切りがあるので、冷暖房の効率も上がります。ひいては光熱費の節約が期待できる点も1Kでおすすめできるポイントです。

 

1Rとの違いは?

1R(ワンルーム)は、文字通り部屋とキッチンがつながっている間取りです。仕切りがない分、居住空間が広く感じられますが、例えば料理をした場合、その匂いが部屋にこもってしまうのがデメリットです。その点1Kではキッチンと居住空間の間に扉があるため、料理中の匂いが部屋に入ってくることは少ないといえるでしょう。

 

また、1Rでは玄関の外からの騒音が気になったり、自分の生活音が漏れていたりするのでは、と心配になることもあり得ます。寒い季節の場合、物件によっては玄関からの隙間風が居住スペースまで感じてしまう場合もあるようです。

 

1DKの違いは?

1DKの間取りは1Kよりも広いキッチンスペース(ダイニングキッチン)が付いていますので、ダイニングテーブルや食器棚などを配置することができます。リビング兼寝室として使う部屋と食事スペースを区別して生活したい人にはおすすめの間取りです。

 

1Kにあると嬉しい設備は?

バスルームのイメージ

一人暮らしに必要最低限のスペースとして、ちょうど良いと言われる間取りの1K。加えて下記の設備が備わっていれば、さらに理想的な生活を送ることができます。

 

バストイレ別

1Kの間取りでは、バスとトイレのスペースは別の場合が多いですが、バスとトイレがそれぞれ別になっている間取りが理想的です。これらが別々であれば、清潔感の高い空間でお風呂にゆっくり浸かることができますし、トイレではインテリアを楽しむことができます。

 

大きめのシンク

一人暮らしの部屋に付いているキッチン設備は小さめなケースが多いです。女性の方をはじめ、節約のためにも自炊を基本に考える人も多いかと思います。そんな方は、内見のときにシンクの大きさも確認しておきましょう。普通~大きめのシンクは、自炊生活を快適に送るための重宝な設備となります。

 

ロフト

1Kの間取りにロフトが付いているという物件も数多くあります。ロフトスペースは寝床として使うと、下の居住スペースがかなり広く使えるのがメリットです。来客時にも寝具の乱れを気にする必要もありませんので、ロフトはプライベート空間としての機能も持ち合わせています。

 

1Kがオススメな人は?

初めて一人暮らしをする大学生のイメージ

さまざまなメリットがある1Kの間取りですが、一人暮らしでも特にこんな人におすすめです。

 

初めての一人暮らしの学生

親元を離れて一人暮らしを初めてするという学生さんには、キッチンはどのくらいの広さが良いのかといったことは分からないものです。学生の間だけ賃貸物件、という方も少なくありませんので、生活に必要な最低限の荷物を収納でき、冷暖房効率も高い1Kであれば保護者さまも納得する可能性が高いでしょう。

 

家賃を安くしたい人

広い部屋に住みたいけれども家賃は抑えたいという人にも、1Kはオススメです。1Rよりも広く、1DKよりは家賃が安い1Kの物件は一人暮らしの人に人気が高く、物件数も多いので、家賃相場もあまり高くない傾向となっています。利便性や地域の防犯性などを考慮した上で希望するエリアが決まり、1Rや1DKなどで迷ったら、家賃の安さと広さで1Kに落ち着く人が多いです。

 

どんなお部屋に住めばいいか悩んでいる方、間取りについて聞きたい方はエイブルAGENTにご相談ください

1Kの特徴はキッチンと居住スペースが区切られていますから、それぞれのスペースで異なるテイストのインテリアを楽しむことができる点もメリットの一つです。特に初めての一人暮らしでは、インテリアに凝りたいという人もいらっしゃるかと思います。家賃を抑えつつ、不便の感じない暮らしを送りたい方には1Kの物件はおすすめです。

 

そんな1Kの物件情報が気になったら、豊富な物件数を誇るエイブルAGENTまで気軽にご相談ください。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

 

<関連リンク>

「一人暮らしにオススメの坪数・間取りまとめ」

「1Kに住みたい人のためのレイアウト・インテリア講座。1Kの間取りや広さとレイアウト実例紹介!」

 
相馬

エイブルでの勤務を経て、現在はエイブルAGENTでWeb・チャットの接客を行なっております。
お部屋探しの時間がない、もっといいお部屋を見つけたいという方は「エイブルAGENT」にご登録ください。

 
1Kの間取りってどういうの? オススメの設備は? 賃貸の基礎知識

え! こんな部屋あるの?


【エイっと検索で部屋探し】

 

エイブルでお部屋探し!

         
  • 0
  • 0
  • 0

エイブルAGENTの人気記事10

エイブルAGENTの人気記事10

 

教えてAGENTオススメ記事10

教えてAGENTオススメ記事10

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧