賃貸物件でウォシュレットを使いたい!自分で取り付けてもいい?|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

賃貸物件でウォシュレットを使いたい!自分で取り付けてもいい?

           

トイレ

初めまして。エイブルAGENTです。新しい生活場所を探すときにこだわるところは人それぞれに違います。ウォシュレット付きの物件を探しているけどなかなかない。反対にウォシュレットはあるけどその他が希望に合わないということもあるでしょう。ウォシュレットのありなしで希望の物件が左右されてしまうのはもったいない事です。

 

今回は候補の物件に希望の設備がないときにどうすればよいのか。今回の記事はそのヒントとなる情報をご紹介します。この記事をあなたの理想の物件探しにお役立てください。

 

その他、初めての一人暮らしで抑えておきたい設備を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。→

https://offer.able.co.jp/oshieteagent/room/popular-facilities/

 

一人暮らしの必需品を知りたい方はこちら。→

https://offer.able.co.jp/oshieteagent/room/essential-items-for-living-alone/

 

賃貸物件のトイレでもウォシュレットを使いたい!

自宅にウォシュレットがあった方であれば、引越し先のトイレでもウォシュレットは備え付けていてほしいと思うことでしょう。築浅のところではかなり普及してはきましたが、それでも全ての物件にあるわけではありません。駅から近い、家賃も想定内、エアコンもあってネットも使える、でも、ウォシュレットだけがない。ウォシュレットがこだわりの設備で、それ以外は完ぺきな物件を見つけた場合、ウォシュレットはあきらめるしかないのでしょうか。

 

賃貸物件でウォシュレットって取り付けていいの?どうやるの?

ウォシュレット ボタン

そもそもウォシュレットがトイレについていない場合、自分で設置してはいけないのでしょうか。結論から言いますと、大家さんや管理会社に許可を得れば設置することはできます。自分でウォシュレットを取り付けるには以下のようなことに注意が必要です。

 

大家さんや管理会社に必ず確認をとる

賃貸物件の設備を交換したり、建物に手を加えるなどの場合には大家さんや管理会社に確認をとることが原則です。ウォシュレットの設置の場合についても、大家さんや管理会社に取付けの許可を得ることが必要です。勝手に取り付けてトラブルがあった場合、責任を取らされるといったことが起きないとも限りません。

 

ウォシュレットを入居後に自分で取り付けたい場合には、大家さんや管理会社にもよりますが、自費で取り付けたいと希望すれば設置を認められることが多いようです。

 

コンセントの有無と、トイレの形やサイズをチェック

ウォシュレットと言えば大抵の人がどのような製品か頭に浮かべることができるほどメジャーなものですが、「ウォシュレット」の名称はTOTOの登録商標なのだそうです。一般的には「温水洗浄便座」と呼ぶそうです。その名の通り水道水を温かくしたり、洗浄水を噴射するために温水洗浄便座には電気が必要となるため、トイレにコンセントが必須となります。購入して取付けの段になったときに、「無い・・・」といった状況にならないためにも事前にトイレにコンセントがあるかどうかを確認しておきましょう。

 

温水洗浄便座はTOTOの他にもいろいろなメーカーが販売しています。また取り付ける便器も複数のメーカーがあり、同じメーカーでも大きさや形状が異なります。温水洗浄便座を購入する際には、取り付ける便器のメーカーと型番を調べて、きちんと取付けができるものであるかチェックをしましょう。

 

一人でも取り付け作業は可能だが、心配なら業者に頼もう

ウォシュレットを購入すると設置についての説明書が付いています。製品によっては取り付け方を解説したDVDも付属するものがあるようです。それらを見ながら自分で取り付けをすることは可能です。しかし、DYIが苦手だったり、自分での取り付けに不安を感じる方は、購入したお店や水道工事業者に依頼することもできます。取付け工事価格の相場は1万円前後です。

 

退去時に原状回復できるか注意。前の便座を残しておくこと

アパートやマンションに入居する折に交わす賃貸借契約書には、入居者は退去時にお部屋を入居する前の状態に戻して明け渡す「原状回復の義務」について記されています。そのためウォシュレットを入居後に自分で取り付けた場合、取り外して元の便座に戻すことが基本となります。(大家さんに確認し、ウォシュレットのままでよいとなった場合はこの限りではありません。)

 

したがって、ウォシュレットに取り換えるときに元の便座や、便座を固定していたボルト、ナットなどはきちんと保管しておきましょう。保管しておかなかった場合、原状回復のための費用として退去時に請求されることもあります。

 

ウォシュレット機器の値段の相場は?

温水洗浄便座の本体価格は1万円台のものから10万円もするものまで様々です。節電や脱臭機能の有無、お手入れのしやすさ、耐久性の高さで価格に違いが出てきます。ノズルが汚れのつきにくいステンレス製であったり、節電機能がついてくるグレードとなってくる2~3万円前後のものが売れ筋のようです。

 

ウォシュレット取り付けできるか、部屋探しの段階でチェックしたい

コンセント 差し込み口

先述の通り、入居後にウォシュレットを取り付けるには大家さんの許可が必要です。またウォシュレットを使うにはトイレにコンセントとアースがなければいけません。トイレにウォシュレットがほしくて、ない場合には自分で取り付けようという方は、自分で取り付けてもよいのか、トイレがウォシュレットを取り付けられる作りとなっているかを部屋探しの段階でチェックしておきましょう。

 

ウォシュレット付き賃貸物件をお探しの際はエイブルへ

こだわりの設備や条件があってもそれを思い通りに検索するのが難しいことや、不動産会社へ行く時間がなかなかないこともあります。エイブルAGENTではLINEを使って物件についてのお問合わせやお悩み相談をしていただくことができます。

 

エイブルAGENTでは、お客様のご希望に合うお部屋が見つけられるよう最大限ご協力いたします。もちろんウォシュレット付きのお部屋もご紹介できるため、ぜひ一度ご相談ください!

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

<関連リンク>

初一人暮らしはこの設備を抑えればOK?人気の設備や家賃との関係、条件設定のコツ

一人暮らしの必需品は何ですか?家具や家電のリストを紹介


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT女性スタッフ・S

いつも丁寧な接客、お部屋探しを心がけております。
お部屋探しのお悩みや、いいお部屋が見つからないという方は「エイブルAGENT」へご相談ください!

 
賃貸物件でウォシュレットを使いたい!自分で取り付けてもいい?
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧