独立洗面台は必要ですか?メリット・デメリットや家賃への影響を解説|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

独立洗面台は必要ですか?メリット・デメリットや家賃への影響を解説

           

独立洗面台

長い間ユニットバス生活を続けていると、独立洗面台がない生活にも慣れてきますよね。ただ、やはり洗面台が独立していたほうが身支度を行う際にとても便利です。では実際に独立洗面台があるとないとではどのように変化があるものなのでしょうか?今回は、独立洗面台の話題を紹介します。

独立洗面台付き物件のメリット

収納スペースがある

独立洗面台がある物件で最もメリットに感じるのが、収納スペースを確保できる点です。代表的な例として、女性の場合は化粧があります。化粧品は1つや2つではなく、多くのアイテムを組み合わせて行います。コスメボックスなどを用意すれば良いのですが、それも置く場所に困ってしまいます。

そんな時に独立洗面台があると、必要なものを収納して置けるという点が魅力的です。収納も、鏡面台だけでなく流しの下にもスペースを確保できます。他にも洗面台で行うこととしてヘアセットが挙げられます。ヘアセットをする際には整髪剤と寝癖直しのアイテム、ドライヤーを使う方が多いのではないでしょうか?これらのアイテムも、独立洗面台があればスマートに収納が可能です。また歯磨き粉や歯ブラシも収納するスペースも独立洗面台で確保できます。歯磨き粉などは買い置きしておく場合が多いですが 、未使用分を収納しておける点も良いですね!

このように、独立洗面台はものをスマートに収納できるその万能さが評価できます。

コンセントがある

洗面台ではヘアセットも行うと紹介しましたが、ヘアセットをする際にはドライヤーやヘアアイロンを使用するという方も多いと思います。ドライヤーは基本的にコンセントが短く設計されているものが多いので、使用する場所の近くにコンセントを確保しておく必要があります。その点で、独立洗面台ではコンセントを使いやすい位置に確保されているのがうれしいポイントです。

湿気が少ない

ユニットバスは2点式とも呼ばれています。2点式の場合は、浴槽と洗面台がカーテン1枚で仕切られているだけで、蒸気などはそのまま室内に充満した状態となっています。洗面台に付属している鏡は蒸気ですぐに曇ってしまうのが難点です。最近では曇りにくい鏡も多くありますが、能力的に限界があるのも事実です。

その点で、独立洗面台は浴室から独立して設置されているので、湿気が少ないのがメリットです。また比較的最近のものには、曇らないように鏡に熱を持たせるタイプも存在しています。

独立洗面台付き物件のデメリット

家賃が上がる

独立洗面台は確かに便利なものですが、設置している賃貸に住むとその分だけ家賃が上がってしまいます。理由の1つとして、設置する面積を確保しなければならないことが挙げられます。独立洗面台がある物件とユニットバスの物件では、ユニットバスの物件の方が不便に感じることも多いですが、浴室に洗面台を押し込むことで、余計なスペースを確保しなくても良いことになります。

逆に独立洗面台を設置するためには、最低でも1㎡以上のスペースを確保しなければなりません。また独立洗面台自体も人気が高いので、その分だけ家賃を高めに設定している側面もあります。一般的には、独立洗面台があるお部屋の場合、5,000円~10,000円程度家賃がアップします。なるべく安いお部屋を探している方にとっては、大きなハードルとなります。

掃除が大変

独立洗面台は便利ですが、意外と困るのがお掃除です。洗面台自体も水垢が付いたら掃除してあげないと臭いの原因となりますので注意が必要です。鏡に水垢が付着すると、掃除をしてもなかなか綺麗になりません。 また、シャンプーのできる洗面台の場合は、髪の毛が詰まることがあるため、こまめなメンテナンスが必要となります。

シャンプーのできる洗面台の場合は、髪の毛が詰まったりする事も記載してほしいです。

独立洗面台がない時は?

収納スペースを作る

では、独立洗面台がないお部屋の場合は、どのように工夫すればよいのでしょうか?まずは収納スペースを確保することから始めましょう。独立洗面台に収納するものとしては、化粧品、整髪剤、歯磨きセットなどがあります。ある程度小分けにできるボックスなどがあればよいですね。またカラーボックスなどを上手く取り入れると、おしゃれに収納が可能です。

さらに少しスペースがあるのであれば、小型のシェルフを組み合わせた棚をセットできればなお良いですね。

独立洗面台がない場合の工夫

独立洗面台がないということは、まずは鏡を確保することが重要になります。手鏡では流石に片手が取られてしまい非効率的なので、スタンド式の鏡があると良いでしょう。またやむを得ずユニットバスの洗面台を使用する場合には、防水スリッパがあると靴下を履いたまま入室してお化粧などを行うことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?独立洗面台は、誰もがあれば便利と感じるものです。ただし家賃もアップしてしまうので、どうしても導入することができないという側面もあります。一工夫することで不自由なく生活することも可能なので、今回紹介した内容を加味して、独立洗面台の要否を判断してみてください。エイブルAGENTでは、独立洗面台のある物件、ない物件、幅広く扱っています。ご要望に合った物件探しのお手伝いをさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1

紹介してもらうスタッフを選ぶ!

ステップ2
STEP 2

お部屋探しの条件を登録する!

ステップ3
STEP 3

LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!

登録はもちろん無料!

<関連リンク>
賃貸物件のいい収納方法を教えてください。収納アイデアなどが知りたい!
一人暮らしに最適な間取りを教えてください。社会人や女性などケース別に紹介
自分の家賃に合った収入の割合を教えてください。目安などを説明


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT女性スタッフ・O

エイブルでの勤務を経て、現在はエイブルAGENTでWeb・チャットの接客を行なっております。
お部屋探しの時間がない、もっといいお部屋を見つけたいという方は「エイブルAGENT」にご登録ください。

 
独立洗面台は必要ですか?メリット・デメリットや家賃への影響を解説
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧