内見時の採寸で測るといい場所15。お部屋の下見で活用できるチェックリストをつくりました|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

内見時の採寸で測るといい場所15。お部屋の下見で活用できるチェックリストをつくりました

           

間取り図

エイブルAGENTです!先日LINEで、あるお客様から「内見時に採寸をしたいのだけれども、どこを採寸すればいいのか分からない」というお問合わせをいただきました。

確かに引越しするためには家具の配置などを考えなければならず、引越し時に内見するのは当たり前ですが、本当に見たほうがいいポイントは把握していない方も多いのでは?

そこで今回は引越し前に採寸したほうがいいポイントや、写真で撮っておきたい箇所などを詳しく解説していきます。退去時の掃除について気になる方は過去の記事もあわせて確認してみてくださいね。

この疑問の目次

内見でいい部屋があったときには採寸、写真撮影、質問を徹底しよう

カメラ

写真撮影は情報の記録。状況記録は入居後でOK

何故内見時に写真撮影をしたほうがいいかといいますと、設備関係の記録に役立つからです。

どのような設備があるのかを写真で記録することができ、下見の記録として使えます。

また、複数の物件を内見した際に、どの物件がどのような部屋だったかを把握することが出来るので、複数個所を内見する際は必ず用意しておきましょう。

敷金返却に生じる原状回復チェックのための撮影は実際に入居してからでも十分間に合うので内見時は気にする必要はありません。

内見・下見の際にはメジャーで間取りを採寸

採寸時の必須アイテムはメジャーです。物件の間取りを採寸する際に利用する道具で、メジャーがあると無いのでは大きく変わっていきます。

採寸せずに引越しをしたら予定通りに家具が入らなかったということになりかねません。寸法の仕方や測り方で違いが生まれる可能性があるので、内見時に部屋の隅々を測るメジャーを持っていくようにしましょう。

隣人や上下階の住民については質問をしよう

実際に住んだ後に隣人や上下階の人とトラブルになったというケースは多いです。そういった周りの住人に関することは内見時に不動産会社に聞いておくようにしましょう。

隣人以外にも大家さんがどのような人か聞いておくことで、何か物件のトラブルに見舞われた際に、大家さんが頼れる人かどうかの指標にもなります。

周辺環境も内見時にチェック。できれば駅から移動しよう

物件の周辺環境も内見時にチェックしておきましょう。駅からどのくらいの距離があるのか、道に街灯があるのか、近くに大通りはあるかどうかなどを事前にチェックすることで、入居後のイメージを膨らませることができます。

入居した後で、車の音がうるさかったり、スーパーやコンビニが近くになかったりと色々不便な点が見つかってもどうしようもならないので、事前に調べておきましょう。

内見・下見の際に用意しておくべき5つの道具チェックリスト

メジャー

内見グッズ①メジャー

内見時の必須アイテムとして、まずメジャーが挙げられます。部屋の採寸をしたり、カーテンレールの高さを調べたりする際に使用します。

内見グッズ②間取り図

間取り図は、実際の部屋の間取りと比較するときに使ったり、部屋の採寸をメモしたりする際に使います。大抵の不動産会社では内見時に間取り図をくれますが、もしものために事前に自分でコピーしたものも用意しておきましょう。

内見グッズ③二色ボールペン(黒赤)

間取り図にメモをしていくと、単色ペンではゴチャゴチャしてしまい分かりにくくなってしまいます。そこで、2色や3色ボールペンを用意することで、分かりやすくメモを取ることが可能です。

シャーペンでは途中で芯が折れて使えなくなる可能性もあるので、出来るだけボールペンを用意しておきましょう。

内見グッズ④バインダー(不動産会社に頼む)

間取りにメモをする際に便利なのがバインダーです。しかしバインダーを持っている人は少ないため、わざわざ用意しなければいけないのかと言われると必ずしもそうではありません。

担当の不動産会社に相談すればバインダーを貸してくれる会社も多いので、内見する前に聞いてみましょう。

内見グッズ⑤スマホ(カメラ)

写真撮影の際にカメラ機能のあるスマホを持っておけば大丈夫です。スマホならばその場でチェックすることができ、なおかつカメラを用意する必要もないため、写真を撮る際スマホは必須アイテムです。

間取りの中でも特に採寸しておくべき5つの場所チェックリスト

採寸場所①壁と床のスキマの段差「幅木(はばぎ)」

幅木とは壁の枠にある小さな段差の事です。一見何にも問題が無いような部分ですが、この幅木があることで家具家電の配置の際に邪魔になることもあります。

そこまで顕著に配置を考えている人ならば無視してもいいかもしれませんが、一応測っておくことで正確に家具の配置を考えることが出来ます。

採寸場所②建物の玄関・エレベーター・部屋の玄関のサイズ

建物の玄関や、マンション内のエレベーター、そして部屋の玄関というのは家具家電を部屋の中に持ち運ぶ際に、キチンと中まで運べるかをチェックする必要があります。

特に引越し時に家具家電がエレベーターに入らないという事態になると、階段で運ぶ必要が出てしまい、引越し費用が高くなってしまいます。そのためこの3つの個所もある程度採寸しておきましょう。

採寸場所③家具・家電の設置予定場所の奥行き・幅・高さ

家具・家電の設置予定の場所でも特に冷蔵庫と洗濯機の台というのは採寸ポイントです。中に入れる予定の冷蔵庫と冷蔵庫置き場の広さが異なっていると、最悪の場合は冷蔵庫が置くことが出来なくなってしまいます。

洗濯機の場合も同じことが起きる可能性があるため、あらかじめ下見の際に測っておきましょう。

採寸場所④水回りのサイズ

水回りの中でも洗濯機の排水個所のサイズは重要な採寸ポイントです。どのような形状をしているのか、排水溝のサイズはどのくらいかによって配置できる洗濯機の種類が変わる可能性があります。

採寸場所⑤窓の奥行き・幅・高さ

窓枠のサイズも重要なポイントです。窓の高さ、幅、奥行きはカーテンのサイズに直結する部分のため、これからカーテンを注文するというケースや、今使っているカーテンが無事使えるかを調べる際に必要になります。

もし測らず入居してしまって、カーテンのサイズが違うということになってしまうと、プライバシーが守られなくなってしまう可能性があるので、あらかじめ測っておきましょう。

内見のときに写真に収めておくべき5箇所チェックリスト

写真撮影箇所①コンセントの位置

コンセントの位置はチェックすべき重要な点です。テレビや炊飯器などの家電品の配置場所を考える際にチェックする他、トイレのコンセントの位置によってウォシュレットを付けられるかどうかが決まります。

これからウォシュレットを付けるという人にとっては重要な問題なので、忘れずチェックしておきましょう。

写真撮影箇所②テレビの配線

テレビの配線位置によってテレビの配置がほぼ決まります。テレビから伸びている配線はあまり長くなく、テレビの配線近くに配置する以外出来なくなってしまうからです。

そのためテレビを置くという人はテレビ配線の位置をしっかりと記録して、家具家電の配置の参考にしましょう。

写真撮影箇所③照明のコンセントの形

照明はコンセントの形によって使えるものが変わっていきます。

現在使っているものを、もしくは事前に購入する場合の両方のケースでも照明のコンセントの形というのは重要で、このチェックを忘れると引越しする際に照明が取り付けられないということになりかねません。

写真撮影箇所④部屋の間取り

配置などを考える際も間取りというのは重要になっていきますので、内見の際は必ず間取りを事細かに撮影しておきましょう。

間取り図ではわからない雰囲気や高さ、扉の開閉時の幅など、立体的に捉えておくべき箇所を写真におさめておきたいですね。

写真撮影箇所⑤クローゼットの中や収納の中

クローゼットなどの収納スペースの内部も撮影ポイントになります。

間取り図ではなかったけれども、実際に見たらクローゼット内に柱があって間取り図と形や大きさが違うということはありますので、忘れずにチェックが必要です。

また実際に写真を撮ることで、どの程度の物が入るのかを考える材料になります。

内見の際に丁寧な記録をして、気持ちよく引越しを終わらせよう

内見や下見の際に記録をしていないと、いざ引越しする際に困ることが多いものです。

そのため引越しをする前に必ず採寸や写真撮影などのチェックを怠らず、万全な状況で引越しできる環境を整えておきましょう。

内見時の疑問やお部屋探しなどでお悩みがある人はエイブルAGENTにお気軽にお問合せください。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

<関連リンク>
賃貸物件の退去時に掃除はすべき?敷金返還や原状回復に必要な項目と合わせて教えて!
何見ればいいの?初めて内見前のチェックポイントや持ち物など


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT男性スタッフ・S

趣味はランニングとAppleの買い物。ランニング中に新しい街や物件を見るのが好きですね。

 
内見時の採寸で測るといい場所15。お部屋の下見で活用できるチェックリストをつくりました
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧