雨戸がない賃貸物件ってどうなの? 雨戸の必要性を簡単にまとめてみた|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

雨戸がない賃貸物件ってどうなの? 雨戸の必要性を簡単にまとめてみた

           

外観:雨戸のイメージ

こんにちは、エイブルAGENTです。先日お客様に「雨戸の有無って重要ですか?」とご質問を頂きました。賃貸物件によっては雨戸の形式も異なるため、そもそも雨戸が必要なのかどうか、気になる方も多いようです。

 

そこで今回は、賃貸物件における雨戸の必要性について、雨戸の付替え方法などさまざまな側面からご紹介してまいります。

 

寝室の窓はどういうタイプがベストか気になる方はこちら

「寝室の窓を、位置やタイプに応じて有効活用。快適な寝室を作ろう」

 

その他、お部屋探しで見るべき防犯対策が知りたい方はこちら

「オートロックなしでも防犯性が高い物件は?内見時にチェックすべきアパートのセキュリティまとめ」

 

雨戸の役割

最近では雨戸が無い物件も増加しているため、「なんのために雨戸があるのかわからない」という方も多いと思います。しかし雨戸にはさまざまな役割があり、大きく分けて以下の4つが挙げられます。

 

・雨や風から部屋を守る

・防犯対策

・日差しの遮光

・防寒・防音

 

まずはこれら4つの役割について詳しく説明していきます。

 

雨や風から部屋を守る

「雨戸」という名前から想像できるように、雨戸を設置するのは雨風をしのぐことが大きな目的です。小雨や弱風ではあまり効果を感じられませんが、豪雨や台風などでは、雨戸に大きな効果を期待できます。雨戸が無いと台風などの強風時、飛来物により窓ガラスが割れ、怪我を負うこともあります。安全だと思っていた室内で被害を受ける可能性があり、非常に危険です。そのため、強い雨風の時は、雨戸が守ってくれるという役割があります。

 

防犯対策

最近は、空き巣や泥棒など、住宅を狙った犯罪が増えています。その犯罪を未然に防ぐ方法として、雨戸の有無が深く関係しているのです。雨戸の種類でもシャッタータイプの雨戸は丈夫な金属が使用されていることが多く、高い防犯効果を期待できます。

 

また、ほとんどの雨戸は内側から施錠できるため、雨戸を閉めた上で、窓ガラスの鍵を施錠しておくと、長期不在時や夜間などに高い防犯効果が得られるでしょう。

 

日差しの遮光

雨戸といいますが、実は日光を防ぐ為に使うこともできます。夏は雨戸を閉めることにより、日差しをカットして部屋の温度上昇を抑えることができ、省エネにも繋がります。

 

防寒・防音

雨戸には防寒・防音の役割もあります。冬の夜間に窓に近づいただけで、寒さを感じたことはありませんか? 窓ガラスの断熱性能が低いと、冬の夜はかなり冷え込みます。そんな時に雨戸があると、外気を遮断して寒さを防ぐことができるのです。

 

また、防音効果も期待できる雨戸もあります。防音が期待できる雨戸は、断熱雨戸という雨戸で、雨戸を閉めるだけで断熱効果だけでなく防音効果にも優れているのです。

 

雨戸は絶対に必要なの?

雨戸があると良いメリットが沢山あるようですが、近年では雨戸がない住宅が多くあるのも事実です。「雨戸は絶対に必要?」という疑問を持つ方も多いでしょう。

 

現在のガラスの強度は昔に比べて変化している

雨戸はガラスの強度が不十分なために雨戸で被害を抑えるために設置されていましたが、最近では昔に比べて強度の優れた窓ガラスが多く開発されています。そのため、雨戸が必要のない窓ガラスが増えてきたことも事実です。

 

防犯面は雨戸があったほうが効果的

防犯面ではやはり窓ガラスだけでなく、雨戸があったほうが良いと言えるでしょう。防犯対策のために、更に割れにくい強化ガラスなどが開発されてはいますが、雨戸を設置することでより安全性を高めることができます。もちろん現在は技術も発達したため、昔に比べるとさまざまな防犯グッズが溢れています。雨戸がない分、これらを代用しても同じようなメリットがあるでしょう。

 

遮光カーテンでも代用可能

遮光カーテンのイメージ

最近では遮光カーテンも多く売られています。そのため雨戸の遮光の役割は、カーテンでも代用可能になり、遮光という面では雨戸の必要性が薄まってしまったのも事実です。「雨戸がないけど光を遮りたい…」という場合には遮光カーテンの導入も1つの手段でしょう。

 

どうしても雨戸を付けたい、そんなときは?

窓ガラスやカーテンの性能が高まり、雨戸のついていない物件も増えています。しかし、「窓ガラスだけでは台風時の影響や防犯面での不安が拭いきれないため、どうしても雨戸を付けたい」と雨戸を後付で設置することを考える方も多いようです。そんなときはどうしたらいいのでしょうか。

 

大家さんや管理会社に相談をしよう

電話で相談する女性のイメージ

まず、後付で設置する際は窓辺のリフォームが必要になるため、大家さんや管理会社にきちんと相談する必要があります。雨戸の設置は家の改築にあたり、大家さんの費用負担になる可能性もあるため、相談せずに雨戸の後付リフォームをしてしまうとトラブルになってしまう可能性も。後付で雨戸を設置する際は必ず大家さんや管理会社に相談することが必要です。

 

内見時にしっかり見ておこう

「なるべく雨戸のついた住宅に住みたい」と考えている人は、後々で、雨戸が無い家に引越してしまったことを後悔しない為に、内見時に必ず確認することが大切です。

 

代用品を使ってみよう

台風時や防犯面から心配に思う人は、代用品を使うことをオススメします。窓ガラス飛散防止フィルムであれば、台風時に外から物が飛来してガラスが割れることを防げるだけでなく、防犯面でも安心です。最近ではフィルム自体にUVカットなどの性能もあるため、飛散防止や防犯だけでなく、これ一つでさまざまな効果が期待できます。

 

雨戸に関するご質問も、エイブルAGENTへ!

雨戸に関するご質問は、エイブルAGENTにお任せください。最初から雨戸のついた住宅を探したい方、後付で雨戸を設置したいと検討している方、あなたの希望にあった物件探しを精一杯サポートしますので、ぜひ一度お気軽にLINEを通じてご相談ください。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

 

<関連サイト>

「寝室の窓を、位置やタイプに応じて有効活用。快適な寝室を作ろう」

「オートロックなしでも防犯性が高い物件は?内見時にチェックすべきアパートのセキュリティまとめ」


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT女性スタッフ・I

エイブルAGENT」でお部屋探しスタッフやってます!
お部屋探しの悩みや不安を解消するお手伝いをさせていただきます!

 
雨戸がない賃貸物件ってどうなの? 雨戸の必要性を簡単にまとめてみた
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧