女性の一人暮らし。収納のこだわるポイントは?活用術を教えて!|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

女性の一人暮らし。収納のこだわるポイントは?活用術を教えて!

           

収納 女性

初めまして、エイブルAGENTの女性スタッフです。最近女性のお客様に「収納スペースの上手な使い方どうすればよい?」というご質問をいただきました。確かに実際に物件に住んでみないと、収納スペースに過不足がないか把握するのは難しいですよね。そこで今回は、女性へ向けた収納の確保に最適な物件の特徴をご紹介します。

女性にとって収納が必要なわけ

収納スペースは、女性にとって物件の価値を左右する存在です。衣服やシューズ、バッグや帽子など様々なオシャレアイテムをお持ちであればあるほど、収納スペースが必要になるのは言うまでもありません。「帽子と靴を同じ場所で管理するのはちょっと…」という女性や、「収納スペースが足りなくて衣服に寄りが出来てしまう…」とお悩みの女性まで、様々です。

女性の一人暮らしだからこそできるオシャレ、存分に活用するにはアイテムをしっかり管理する必要がありますよね。場合によってはクローゼット内で空気が淀んでしまい、お気に入りの衣服にカビが発生してしまうことも…。そういった実害が出ないよう、女性には収納がしっかり出来る物件がおすすめです。

賃貸物件の収納の種類と特徴・女性におすすめのポイント

クローゼット

クローゼット

多くの一人暮らしの女性が使っている代表的な収納スペースですが備え付け程度のものも多く、存分な収納スペースを確保できない物件も存在します。また、湿気が多くなるとカビが発生しやすい上、ニオイもこもりやすいため注意が必要です。換気を意識的に行う必要があるでしょう。

ウォークインクローゼット

ウォーキングクローゼット

ウォークインクローゼットとは、人がその中に入って収納物の出し入れが出来るくらい大きい収納スペースを意味します。壁全体に収納棚がついていたりユニットキャビネットを利用したりと、様々なサイズのものを収納することが出来るため、収納スペースを重視する女性にはウォークインクローゼットのある物件がおすすめです。

押入

押入

和室に付いていることの多い押し入れは、深い奥行きが特徴になっています。どんどんモノを奥に詰め込むことが出来るため、収納スペースという観点で見れば優秀かもしれません。その一方で、物を奥に詰め込みすぎて必要なものを取り出すのに苦労することも。おしゃれアイテムの管理という女性には向いていないかも知れません。

シューズボックス

シューズボックス

シューズボックスは洋風な見た目をしたものがあり、ものによってはインテリアとしても活用されています。中の仕切りを自分好みに変えることで、少し長めのおしゃれなブーツやエクササイズ用の運動シューズなども同じ場所で管理することが可能です。ブーツをよく履く・靴が多い女性にはおすすすめです。

シューズWIC

シューズWIC

シューズWICとは、ウォークインクローゼットのシューズに特化したもの。フォーマルな靴や季節外れの靴は、ついついしまうのが億劫で玄関に出しっぱなしの方もいらっしゃるのではないでしょうか。シューズWICであれば靴をお店のように見せ並ばせることが出来るため、玄関をスッキリさせつつ靴をしっかりと管理することが出来ます。

トランクルーム

トランクルーム

トランクルームとは貸付スペースのことです。普段は使わないものがどうしても部屋に溢れてしまい、収納スペースが足りない!と言った場合は、不要なものを選び一時的な保管場所として活用される方もいるようです。しかし自身の部屋から距離があることも多く、あくまで物の置き場として使うだけで収納スペースという捉え方はしないほうが宜しいでしょう。

床下収納

床下収納

床下収納は収納スペースの中でも、空間を有効に活用する収納方法の1つとして有名です。床下収納は通常よりも気温が低いことも多く、食品の保管場所として使われています。着替えを行うために開閉をするのは少し手間が掛かりますので、女性のオシャレアイテムを収納するのには向いていないでしょう。

納戸

納戸

納戸は一見、一部屋分のスペースがあるように見えるものもあります。しかし、厳密にいうと建築基準法を満たさないものが納戸として扱われ、光が入るか、風が通るか、といった一定の条件を満たすことが出来ないものが納戸と呼ばれているのです。ウォークインクローゼットのようなものだと言えるでしょう。

階段下収納

階段下収納

2階建て以上の物件であればデッドスペースになりがちの階段下。その階段下収納は、収納スペースの中でも合理的なものです。ある程度不要なものをしまうイメージを持つと良いでしょう。しかし、奥に詰め込みすぎると光が当たりにくく、天井が低くなりがちなため作業がしにくいという難点があります。

屋根裏収納

屋根裏収納

屋根裏収納は一戸建てならぜひとも利用したいですよね。最近ではしっかりとフローリング材が貼られ、1つのお部屋として設計されている物件も多く存在します。しかし、断熱材や換気といった面をしっかりしなければ、夏場はサウナのように熱気がこもってしまいます。空調設備などにある程度手を加えなければ、モノによっては傷んでしまうこともありますのでご注意下さい。

女性が内見時に収納をみるときのポイント

収納スペースには色々なものが存在することがご理解いただけたかと思います。今度は収納スペース単体ではなく、賃貸物件を契約する前にイメージしてもらいたいポイントです。

自分の持ちものを見直す

不要なものが多くなっていないか、今一度見直してみては如何でしょうか。収納スペースが足りないのではなく、もしかしたら不要なものを持ちすぎているのかも知れません。衣服が中々捨てられないとお悩みの方は、もし同じ服を店頭で見かけた場合もう一度購入するかどうか?というところを、1つの見分けポイントとして活用してみて下さい。もし購入しないと思うのであれば、それは心のどこかで不要なものだと認識しているのかも知れません。

収納の動線をみる

収納スペースが多いという観点だけで見ると、後々後悔してしまうかもしれません。物件によっては収納スペースがあちこちに散らばっていることも多いため、1つのコーディネートを決めるのに右往左往して、収納したハズのアイテムがいつのまにか動線の中央に放置してしまう可能性も。

床面積ではなく壁面積で収納力をみる

物件を見る時に参考にしがちなのが床面積。何坪という言葉だけを意識している方もいらっしゃるかもしれませんが、こと収納において女性に意識してもらいたいのは壁面積です。床面積だけではなく、壁面積を見ることでその物件の収納力を推し量ることが出来ます。

内部の収納がイメージできるかどうか

間取り図を見て「ここに収納スペースがあるなら、アレを置いて…コレを置いて…」という考えをもたれる方もいらっしゃいます。しかし、そこは実際に内見することをおすすめします。思ったよりも収納スペースが狭かったという女性のお客様も多いため、お持ちのアイテムが内部にしっかり収納出来るイメージを持てるかどうか、実際に見てチェックしましょう。

収納の扉によって家具の位置が制限されないか

収納スペースのみにフォーカスすると起きてしまいがちなのがこの問題です。収納スペースへの入り口には家具を置けないと考えると、自然と家具の置き場は決まっていきます。収納スペースが十分であることを確認したら、次は家具をどのように設置するのかイメージを持つことで、「この家具をどこに置こう…」なんて悩むこともなくなるでしょう。

収納をスペースが充実した物件を探したいならエイブルへ!

エイブルAGENTでは収納にお悩みの女性のお客様へ向けて、収納スペースの充実を視野に入れた物件探しのサポートも行っております。他にも様々なご質問やご要望にお応えいたしますので、まずはお気軽にご相談下さい。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

<関連リンク>
賃貸物件のいい収納方法を教えてください。収納アイデアなどが知りたい!
ロフト付き物件のメリットを教えてください。向いている人のタイプも紹介


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 

お時間がない、自分にあったお部屋を探すのは面倒。
そんな方は待ってるだけのお部屋探しサービス「エイブルAGENT」でお待ちしております。

 
女性の一人暮らし。収納のこだわるポイントは?活用術を教えて!
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧