【屋上付き物件】屋上付きの賃貸物件を探すならココに注意!|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

【屋上付き物件】屋上付きの賃貸物件を探すならココに注意!

           

屋上付きの物件とは、アパートやマンションの屋上をテラスとして使える物件のことです。最近ではスカイデッキと呼ぶこともあり、アウトドア感覚で使おうと、屋上付き物件を希望する人も多いです。そんな屋上の付きの物件は、庭やバルコニーでは味わえない開放感をライフスタイルに取り入れられる点がポイント。しかし実際に住んでみると「快適」なことばかりではないようです。ここでは屋上付き物件のメリット、デメリットを紹介しながら、屋上付き賃貸物件を探すときに気をつける点をみていきましょう。

屋上がある物件のメリットとデメリット

屋上とは一般的な形状の斜め屋根のかわりに、人が行き来できるように平らにした空間のことです。屋上付きの物件のメリット、屋上付きの物件に住むデメリットはどんなことがあるのでしょうか。まず、屋根の大きな機能を具体的に3つ挙げました。

屋根の機能

防水性 屋根の最大の役割は雨風をしのぐ機能
断熱性 外からの熱を中に入れず、内からの熱を逃がさない
通気性 室内の熱を放出することにより、部屋の温度が上がりすぎない

ここからは、屋上のメリットとデメリットを具体的に挙げてみましょう。

屋上のメリット

屋上は屋根のかわりに設置した平たいスペースです。物件の一番高いところにあるため、登って見ると眺望が抜群です。周囲を高い建物で囲まれている場合は別ですが、ほとんどは視界を遮られることなく、遠くまで景色を見渡せるでしょう。そのため、屋上は開放的なプライベート空間を楽しむことができます。高いところに存在しない庭やバルコニーではこれは味わえません。

屋上のデメリット

屋上のデメリットといえば、屋根がないため築年数が古い家では雨もりの心配があります。また、通常の屋根よりも断熱性能が落ちるため、特に夏は家の温度が上がりやすいというデメリットがあります。太陽の日差しがきつい時間は、室内も灼熱のため、冷房は必要不可欠です。自ずと電気代が高くなり、不経済という面があります。

屋上があるとこんなことができる

デメリットが多少ある屋上物件ですが、やはり屋上があるといろいろなことが行えるのも事実です。ただし賃貸の場合は、屋上を共有設備として設置している場合があるため、その点だけは忘れずに気持ちよく使える工夫をしましょう。

洗濯物や布団が干せる

ベランダでは狭いですが、屋上なら気持ちよく洗濯物を干すことができます。また、大きな布団や掛布団も干せるのも屋上の魅力です。

バーベキュー

屋上付き物件の中には事前に許可を取ればバーベキューができるところもあり、友だちを呼んで楽しい時間を過ごすことができます。海や山でやるバーベキューと違い、部屋が下にあるため準備や片付けがとても楽です。そして一番はトイレがすぐそばにあることでしょう。ただし騒いでいる声は、意外と響くため、思いっきり騒ぐということは難しいかもしれません。

昼寝や日焼けができる

高い空間では人の目があまりないため、昼寝も気兼ねなくできます。ぽかぽか陽気の休日、缶ビールを飲みながらウトウト昼寝をする姿に憧れる人も多いでしょう。また水着になって、日焼けをしようと計画している人もいるかもしれません。とはいえ、パブリックの場となることが多い屋上では、節度は守って行動しましょう。

ガーデニングができる

物件によっては野菜を作ったり、植物を育てたりすることができます。屋上は高い位置にあり太陽の光がよくあたるため、ガーデニングにはもってこいです。しかし、直射日光が当たるので、どうしても地面の温度が上がり、植物の種類によってはうまく成長しないこともあります。植物の特徴を見極めて何を育てるのかを判断すると良いでしょう。

生活に余裕ができる

ピクニック気分でご飯を食べたり、寝る前に屋上でビールを飲んだりとわざわざ出かけなくても、テレビドラマのようなおしゃれな生活が楽しめます。ただし、熱い夏だと夜でも屋上はなかなか暑いのがネック。気温や湿度などが体に無理のない時期に楽しむことをおすすめします。

屋上付き物件探しで気をつけること

最後に、「やはり屋上のある物件にこだわりたい」と思う人が、実際に物件を探す場合、どこに注意すればいいのかをいくつか紹介します。

雨漏りは大丈夫なのか?

雨漏りはもっとも気をつけるべきポイントです。特に木造住宅は、雨の影響を受けて木が腐食していることも少なくありません。屋上付きの木造住宅を借りるときは、とくに雨漏りについてしっかり確認してから入居するかどうかを決めることが肝要です。

管理規約の確認

屋上でバーベキューやホームパーティを行う目的で屋上付き物件に入居したとしても、管理規約に屋上での火気の取り扱いが禁止とある場合もあります。入居する前には、しっかりと確認しましょう。

家賃と管理費が予算内におさまっているか?

屋上のある賃貸は、管理費が高いのが相場です。家賃が予算内におさまっているからといって、屋上のある物件を決めると、やはりあとで「こんなはずではなかった」ということになってしまいます。引越しを検討する際、管理費も予算に入れておく必要があるでしょう。

屋上のスペースはどこまで利用できるのか?

賃貸物件には「屋上付きの賃貸です」と明記してあった場合でも、屋上がすべて使えるわけではありません。物件によって立ち入れないスペースがあったり、使うたびに大家さんや管理会社の許可が必要だったりすることもあります。入る前には、そのあたりもしっかりと確認することが大切です。

屋上のある物件の探し方

屋上付きの賃貸物件は、ほかの物件に比べて数がそれほど多くないのが現状です。それでも屋上のある物件を探すには、エイブルAGENTのプロのスタッフに相談するのが近道です。

ルーフバルコニーやベランダつきの物件も検討してみる

希望するエリアで屋上付き賃貸が見つかりそうになかったら、ルーフバルコニー付きの物件や、ベランダが広い物件など、条件を変えて探してみると、希望にあったものが見つかることもあります。ルーフバルコニーやベランダは屋上と同じような楽しみ方ができるうえに、建物には通常の屋根があるので屋上付きの物件のデメリット部分が軽減されるといえます。物件数も屋上付きの賃貸に比べると数は多いため、希望にあった部屋が探せる可能性も高まるでしょう。

屋上付き賃貸物件は慎重に選ぼう!

屋上付きの物件に憧れる人も多いと思いますが、その一方で意外と使い勝手が悪く、しかも家賃や管理費が割高なことが多いのが現実です。そして物件数が少ないので、探すとなるとなかなか見つけるのが難しいのが現状。そのあたりをしっかりと把握したうえで、それでも屋上付きの賃貸にこだわるのかを検討しましょう。

その他にも敷金や礼金などについてお困りのことがございましたら、エイブルAGENTまでお気軽にご質問ください。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

 


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
教えてAGENT編集部

物件紹介を行うエイブルが手がける教えてAGENTの編集部です。

 
【屋上付き物件】屋上付きの賃貸物件を探すならココに注意!
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧