照明の色の選び方って?種類と効果をご紹介|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

照明の色の選び方って?種類と効果をご紹介

           

初めまして、エイブルAGENTです。先日お客様より「部屋に合った照明の色はありますか?」とLINEで質問をうけました。オシャレな部屋作りをする際に、考えなければいけないのが照明の色です。照明の色一つで部屋の雰囲気というのはガラリと変わっていきます。そこで今回は照明の色の種類と、それぞれの色が与える印象について解説していきましょう。

 

二人暮らしにお勧めのインテリア・レイアウトについてはこちら→

https://offer.able.co.jp/oshieteagent/room/furniture-layout/

楽しい一人暮らしを送る際のポイントはこちら→

https://offer.able.co.jp/oshieteagent/room/living-alone-pleasant/

 

照明で自分好みの空間を作るために、まず照明の種類について知る

808 照明 色

照明器具の代表的な種類は、蛍光灯・白熱灯・LED

照明器具には大きく3つに分けられます。蛍光灯はランプの内部で放電電子が水銀電子に衝突することによって発光する照明であり、一般住宅やオフィスを始め多くの場所で使われています。蛍光灯の特徴としては寿命が長く、ランプ効率がいいというメリットがあり、価格も比較的安いことが挙げられます。白熱灯は古くからある照明器具で安価で購入できる照明として、一昔前は非常に多くの場所で使われていました。しかし、寿命が短くランプ効率も悪いことから、現在ではあまり使われていません。そんな二つと比較して、現在主流となりつつあるのがLEDランプです。発光ダイオードとも呼ばれ、ランプ効率、寿命とも蛍光灯よりも優れていることから普及が進んでいるランプです。価格は少々高いですが、それに見合ったメリットがあるため人気が高い商品です。

 

照明の色は、大きく分けると昼光色・昼白色・電球色

照明の色というのは大きく分けて昼光色・昼白色・電球色に分けられます。昼光色は色温度が高く、青みが買った明るい色が特徴。3つの中では最も明るく見やすい色ですが、目が疲れやすいというデメリットもあります。昼白色は太陽光に最も近い色をしており、人間にとって最も慣れた光の色です。昼光色ほど明るくはないですが、日常生活において使いやすく、バランスの取れた明かりとなっています。電球色は3つの中で最も色温度が低く、暗い明かりの色です。温かみのある優しい色でリラックス効果も狙えますが、明かりが暗く細かい作業を行うには向かない色でもあります。

 

迷って選べない人向けには調色機能付のシーリングライト

もし照明の色を選ぶ際に、迷ってしまうという人は調色機能付のシーリングライトがお勧めです。これは照明の色を自由に変えられる照明器具で、単色の照明器具よりは価格が高くなってしまいますが、微妙な色の調整が可能なので自分好みの色に設定することが出来ます。

 

照明の色を自由に選んで、オシャレな部屋を目指す

808 照明 色

選び方に決まりは無い。部屋のイメージやテーマに合っているかどうかで決める

照明器具の色に厳密な選び方というのはありません。自分がどのような部屋をイメージして部屋作りをするかによって照明器具の色というのは微妙に変わっていきます。例えばシンプルモダンの部屋を作るのなら昼光色の照明器具、和風の部屋ならば電球色とある程度の決め方はありますが、一言にシンプルモダンや和風といっても人によって作る部屋のイメージには差異があるので、結局のところ自分の部屋に合った照明の色ならばどれを選んでもいいのです。

リラックスしたい温もりある部屋にするなら、電球色

電球色は温かみのある色を発するので、リラックスしたい部屋にお勧めです。ゆっくりと寝る時に使用する寝室、一人落ち着いて本を読むための読書部屋などを電球色にするといいでしょう。また、廊下やお風呂などを電球色にすることで、家全体を温かい印象を与えてくれます。

 

シャープなイメージで集中する効果を求めるなら、昼光色

昼光色はハッキリと物を見たい部屋や、シャープなイメージを作りたいという部屋におすすめです。例えばしっかりと顔を見ながら作業をする化粧部屋や、細かい作業を行う仕事部屋、物をはっきりと映す物置部屋などに昼光色の照明を設置するといいでしょう。

 

自然な光で明るくなれる。長くいるリビングなどにピッタリなのが、昼白色

昼白色はどんな部屋でも合わせることが出来る色です。自然で柔らかな色を発するので、リビングやキッチンなど家族全員で集まる場所に設置するといいでしょう。

 

たまに照明の色を変えて気分転換するのもオススメ

もし照明の色に飽きてしまった場合は、違う色にするといいでしょう。照明というのは色を変えるだけで、部屋全体の雰囲気を全く別のものに変えることができます。例えば電球色を明かりの強い昼光色にするだけで、部屋全体をシャープですっきりとした印象に変えてくれます。

 

照明の色で雰囲気はガラッと変わる。理想の生活やお部屋に合わせて考えよう

照明の色一つで部屋の雰囲気はガラッと変わるもの。照明だからといって簡単に考えず、自分のイメージする部屋を思い浮かべて、色を決めるようにしましょう。しかし賃貸物件では照明器具が最初からついており、一々変えるには手間になることも。もし照明の色にこだわって部屋探しをしている人は、是非エイブルAGENTへお問合せください。エイブルAGENTでは、その人に合った最適な物件をご紹介いたします。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1

紹介してもらうスタッフを選ぶ!

ステップ2
STEP 2

お部屋探しの条件を登録する!

ステップ3
STEP 3

LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!

登録はもちろん無料!

 
<関連リンク>
二人暮らしを快適に!カップルのお部屋を快適にするレイアウト・インテリアを教えて
一人暮らしは楽しい?男性・女性、学生、社会人などの意見をまとめました!


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT男性スタッフ・S

趣味はランニングとAppleの買い物。ランニング中に新しい街や物件を見るのが好きですね。

 
照明の色の選び方って?種類と効果をご紹介
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧