【決定版】東京でアパート探しをする学生必見! 引越し前に確認しておきたいポイントまとめ|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

【決定版】東京でアパート探しをする学生必見! 引越し前に確認しておきたいポイントまとめ

           

日当たりのいい部屋のイメージ

こんにちは、エイブルAGENTです。先日お客様から「進学を機に東京での一人暮らしをするのですが、アパート探しはまったくの初心者です。どのように物件を探したらよいのかアドバイスをお願いします」というご相談を受けました。

 

学生さんの初めてのアパート探し、ましてや東京ではどんなことに注意したほうが良いのか、期待とともに不安があるのは当然のことです。今回は、東京で初めての一人暮らしに挑戦する人の視点で、アパート探しのエリア選びから内見の方法まで、たくさんのアドバイスをまとめました。多数の物件紹介の実績を持つエイブルAGENTが解説していきます。

 

その他、東京でおすすめのエリアを知りたい方はこちら

「東京での一人暮らし、おすすめのエリアや部屋条件は?」

 

都内で家賃相場が安い穴場エリアを知りたい方はこちら

「穴場!初一人暮らしにおすすめな都内10沿線で家賃相場の安い駅をご紹介」

 

住みたい部屋を探そう!

東京のイメージ

進学で上京し、初めての一人暮らし。せっかくなら、長い間住めるようなアパートを見つけたいものですよね。そのためにはまず、東京で物件を探す地域をさまざまな見方で決めていきましょう。

 

住みたいエリアを決めよう

住みたいエリアを決めるには、毎日の通学もしくは通勤が少しでも安く、楽にこなせるような場所を候補にするのが基本です。そうなると必然的に職場(学校)の路線沿いで乗り換えなしで済む場所、できれば自転車で通えれば交通費が浮くので節約になります。大ざっぱに「あの地域に住みたい」という希望から探していく方法もOK。大まかなエリアを絞れたら、警視庁サイトの犯罪発生マップなどを閲覧して、治安を確認しておくと安心です。

 

23区と23区外の違い

東京をエリア別にすると、都民の半数以上となる900万人が住む23区と、そのほかの市町村となる23区外(東京都下)エリアという2つに分けられることが多いです。そして、23区内の利便性の高さと、郊外に位置する23区外エリアの違いから、平均家賃の相場も大きく変わってきます。多くの場合は、電車で郊外に10分進むたびに相場が5,000~1万円下がっていくと考えてください。

 

安い路線はどこ?いわゆる”穴場”路線に住んでみる

路線が網の目状に張り巡らされている東京では、人気のある路線の家賃相場は高めに設定されています。そんな中、安い穴場路線も存在しますので、アパート探しの候補に入れてみてはいかがでしょうか?

(※2018年12月18日時点 CHINTAIネット調べ)

 

①西武新宿線

埼玉県から都心へつながる西武新宿線は、途中の高田馬場駅で東京メトロ東西線に乗り換えが可能ですので利便性の高い路線といえます。沼袋駅~本川越駅までの平均家賃相場は5万8,000円と安めに設定されていますので、学生さんが長く住むのに助かる路線でしょう。

 

②東武スカイツリーライン

北千住駅で乗り換えれば都心まで通勤・通学しやすく、東京メトロ日比谷線・半蔵門線の直通運転もあり、密かに人気を集める穴場路線です。家賃の相場は堀切駅~東武動物公園駅の間で5万4,300円、北千住駅周辺でも1Kで6万9,000円と比較的安く設定されていますので狙い目です。

 

③東京メトロ丸ノ内線方南支線(中野坂上駅~方南町駅間)

東京駅まで1本で、中野坂上駅で乗り換えれば新宿まで10分ほどで行くことができる東京メトロ丸ノ内線は、通勤・通学で利用する人の多い路線です。方南支線は基本的に3両編成の電車が中野坂上〜方南町駅間を折り返していますが、これを2019年度中に直通運転とすべく、ホームを伸ばす工事を行なっているそう。ゆえに、今後ますます便利になること間違いありません。また、利便性が高いのに平均家賃相場は7万6,300円と安いため、これから都心へ通う人におすすめの路線です。

 
「エイブル進学応援部で学生の一人暮らし向け賃貸アパート・マンションを探す」
 

物件の「譲れない条件」と「優先度」を決めよう

アパート探しをしてみると、エリアの違いだけでなく、実にさまざまな物件があることに気づきます。住みたいと思える数ある物件の中から1つを選ぶのは難しいですよね。そこで自分の譲れない条件や何を優先するかを、あらかじめ決めておくことをおすすめします。

 

マンションとアパートの違いとは?

マンションとアパートでは、内外の設備やセキュリティの高さに違いがあることが多いです。そのため家賃もマンションのほうが高めに設定されています。セキュリティの高さを求めるのか、家賃の安さを取るのか、自分の優先順位を基準にして決めましょう。

 

賃貸情報サイトを見て、相場感を確認する

住みたいエリアを決めたら、賃貸情報サイトを利用し、周辺の家賃相場がどのくらいなのかを調べましょう。家賃の相場はエリアによってかなりバラつきがあるため、相場感を知っておくことは大切です。アパート探しで損をしないためにも欠かせない作業です。

 

予算と照らし合わせて物件をチェックしよう

社会人では手取月収の約1/3程度が家賃に充てられる額だと言われています。学生であれば保護者さまから送ってもらえる仕送り額から生活費や学費などを差し引き、家賃予算を割り出しましょう。実際に家賃として出せる予算と、住みたい物件の家賃を照らし合わせることで、現実的に物件を選んでいくことができます。

 

家賃の予算と初期費用の予算

アパート探しでポイントとなるのはやはり家賃の予算。住むための初期費用も必ずかかることも忘れてはいけません。そんな家賃の予算についての考え方、初期費用の内容について説明します。

 

大学生活中、ずっと住むことを考えよう

進学で上京し一人暮らしをする学生さんであれば、2年ないし4年以上の期間、同じ物件に住むことが予想されます。その期間で、設備や条件に見合う家賃なのか、実際に払い続けていける家賃なのかどうかをシミュレーションしてみましょう。

 

敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用をチェックしよう

賃貸物件に住むためには、敷金や礼金、不動産会社に支払う仲介手数料、引越し費用など初期費用が必要になります。東京での一人暮らし用物件でかかる初期費用の目安は、家賃の5~7ヶ月分。家賃が6万~7万円の場合、初期費用は合計で約30~49万円かかることになります。これも予算の目安として頭に入れておきましょう。

 

不動産会社に直接聞いてみる

今はインターネットで賃貸物件情報も見ることができる時代ですが、実際に不動産会社へ足を運ぶと、そのときの最新情報を得られるのでおすすめです。

 

いくつかの気になる物件を内見しよう

物件情報は都度更新されていきますので、不動産会社へ直接行くことで、インターネット上では発見できなかった物件に出会えることも多々あります。家賃の安いお部屋は人気がありますし、賃貸物件はどんどん取られていってしまいますので、気になった物件はすぐに内見させてもらいましょう。

 

自分の条件と合っている?

自分の希望または優先する条件と合っている物件なのかどうか、細かな部分について、不動産会社に聞きづらいこともあることでしょう。そんなときはエイブルAGENTのLINE相談をご利用ください。お客様の登録条件に合わせて、お部屋探しのプロがオンラインでサポートさせていただきます。

 

家賃が安い物件には理由がある?

たくさんの物件を見ていると、相場よりも少々お安い家賃の物件に出会うことがあります。しかし家賃の安さに惹かれて契約した結果、後で問題があったり、トラブルになったりすることもありますので、理由をしっかりと確認しましょう。家賃の安い理由となるものをいくつかご紹介します。

 

取り壊し予定の物件

将来的に取り壊す予定が決定している物件では、住める期間が限られてくることを前提に家賃を安く設定していることがあります。建物の古さに関わらず、土地の再開発や道路幅拡大によって、立ち退きを迫られているなどが理由です。

 

幹線道路や線路沿い

線路沿いのマンションのイメージ

線路沿いのお部屋では、早朝から深夜まで電車の騒音や振動を感じます。また、幹線道路が近いと車の騒音だけでなく、排気ガスで外干しした洗濯物が黒っぽくなることもあります。こういった物件は、初めての一人暮らしで長く住むことが考えれば、いくら家賃が安くても避けたほうが良いかもしれませんね。

 

設備が古いものがある

築年数が経過している物件は、設備も古いままのところも多いですが、お部屋がきれいで日常生活を快適に過ごせるのであれば、それも良いでしょう。中には一見きれいだと思いきや、お風呂がバランス釜だったということもありますので、家賃が安過ぎる場合には設備の古さも要チェックです。

 

条件がゆるい物件

賃貸物件の契約では、一般的に「将来的に収入が見込め、長く住むことが可能な人」という審査基準を設けているケースがほとんどです。しかし、その賃貸物件の周辺にクレーム好きの住民が居たりすると、入居者の募集をかけてもなかなか借り手が見つからない場合もあるのです。そういった物件は、入居者の条件をゆるくして、さらに家賃も安く設定していることがありますので注意しましょう。

 
「エイブル進学応援部で学生の一人暮らし向け賃貸アパート・マンションを探す」
 

内見をしよう! 内見時のポイント

初めてのアパート探しですが、エリアや予算が条件に合い、気に入った物件を見つけたら次はいよいよ内見です。図面上では分からない視覚的な情報を自分の目で確認することで、その物件に決めるかどうか判断しましょう。そんな内見でチェックするべき項目を解説します。

 

コンビニやスーパーなどの施設の確認

近隣に食料品・生活消耗品の買い出しができる店があるかどうかは、初めての一人暮らしを快適に送るためには大切なポイントです。近場にお店がなく、買い出しが簡単ではない環境では、体調が崩した場合を想定して一度の買い物でまとめ買いをしなくてはならないこともあり得ます。仕事帰りが遅くなったときにも立ち寄ることができるコンビニがあると心強いです。

 

壁の厚さ

壁が薄いと隣人の生活音や話し声が気になるなど、生活時間帯が違う場合には迷惑を被ることもありますので、壁の厚さは必ずチェックしたいところ。壁をノックしてみて軽い音の場合は、薄い可能性が高いです。住んでみてから隣の音が気になり、すぐに引越しをしたくなった、ということにならないためにも、壁の厚さはしっかり確認しましょう。

 

コンセントの位置

生活家電を置きたいところをイメージして、必要な箇所にコンセントがあるかどうかを確認しましょう。電気コンセントの位置は延長コードを利用して調整できますが、テレビコンセントの位置は移動できません。テレビコンセントがどこにあるかで、そのほかの家具配置がおおよそ決まります。

 

備え付けの設備のチェック

一人暮らしを始めるにあたって、備え付けの設備が多ければ初期費用の予算は節約できます。備え付けの設備では、エアコン、給湯設備、ユニットバスなどがありますが、これらが壊れていないか、使い勝手が良いものかどうかを確認しておきましょう。備え付けの設備の良し悪しで、生活の快適さが変わります。

 

日当たり、方角(昼も夜も)

間取り図では窓の位置は記載されていても、実際の日当たりまでは分かりません。南向きの窓で家賃が安い物件を内見してみたら、すぐ向かいに建物があって日が入りにくかった、なんてことも。内見では窓からの眺望もチェックが必要です。昼だけでなく、夜の街灯の多さなども確認できれば、防犯的に初めての一人暮らしも安心です。

 

駅からの徒歩時間(実際に歩いてみる)

物件情報に書いてある「駅からの徒歩時間」は目安ですので、実際に自分の足で歩いてみることをおすすめします。住めば毎日通る道となるわけですから、途中に立ち寄れそうなお店があるかどうか、坂道はないか、夜の人通りはどんな感じかなど、住む前に知っておきたい情報です。

 

物件や物件周辺の治安

集合住宅はほかの入居者がどのような雰囲気の人々なのかによって、物件と周辺の治安レベルがある程度、推し量れます。共有のゴミ捨て場や郵便受けなどを見ると、その使い方でどのような入居者がいるのかが把握できます。長く住むなら、家賃の安さよりも治安の良さを重視しましょう。

 

臭い

臭いは見えませんが、快適な生活を脅かす要因の一つです。前の居住者が喫煙者だった場合には、タバコの臭いが残っていることも。また、下水の臭いが洗面台や浴室から上がってきていることに気が付くと、生活は一気に快適ではなくなりますのでチェックが必要です。

 

内見時の持ち物は?

内見でぜひ持参したいものはメジャーと筆記用具です。方位を確認したり、写真を撮ったりするのはスマートフォンで代用しましょう。現在使っている家具の大きさも前もって測っておき、そのメモを持参すれば、実際のお部屋に配置できるかどうかも確認できます。物件を即決するのでなければ、撮影した写真を見ながら後でじっくり検討ができますので、写真は撮っておくほうがベターです。

 

学生さんのアパート探しは、エイブルAGENTにお任せ!

東京で初めての一人暮らしは家賃が高いと考えがちですが、エリアを選んだり、自分の譲れない条件だけを重視したりすることによって、予算内で良い物件に出会える可能性が高くなります。穴場路線の情報も大いに参考にしてください。まだ住んだことのない土地でのアパート探しでお困りのときは、不動産のプロであるエイブルAGENTまでお気軽にお声がけ下さい。エイブルAGENTのご紹介する物件では仲介手数料が半額になりますので、初期費用も節約できます。お待ちしております。

LINEで学生向けのお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

 

<関連リンク>

「東京での一人暮らし、おすすめのエリアや部屋条件は?」

「穴場!初一人暮らしにおすすめな都内10沿線で家賃相場の安い駅をご紹介」

「エイブル進学応援部で学生の一人暮らし向け賃貸アパート・マンションを探す」


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT女性スタッフ・I

エイブルAGENT」でお部屋探しスタッフやってます!
お部屋探しの悩みや不安を解消するお手伝いをさせていただきます!

 
【決定版】東京でアパート探しをする学生必見! 引越し前に確認しておきたいポイントまとめ
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧