賃貸物件でも大丈夫。音漏れに注意して楽しむホームシアター入門|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

賃貸物件でも大丈夫。音漏れに注意して楽しむホームシアター入門

           

おしゃれな部屋とホームシアター

こんにちはエイブルAGENTです。部屋にいながら映画館のような臨場感を味わえるホームシアターを自宅に設置するのが夢!という方から、様々な質問をいただきました。

 

しかし、賃貸物件でホームシアターを楽しむためには、両隣や上下階の入居者に騒音などで迷惑をかけないことが必要不可欠です。
そこで今回は、賃貸物件でホームシアターを作り上げるうえでどのような注意が必要なのか、どのように工夫をしたらよいのか、そういった疑問にお答えします!

 

ホームシアターほどの設備はいらないが一人暮らしの部屋にあったテレビのサイズを知りたい方はこちら→
https://offer.able.co.jp/oshieteagent/room/living-alone-tv/

設置に伴う近隣トラブルが不安という方はこちら→
https://offer.able.co.jp/oshieteagent/room/neighborhood-trouble/

 

賃貸物件でホームシアターを楽しむためのポイント

狭い部屋でありがち。スクリーンやテレビの高さは低めに

まるで映画館にいるような感覚で鑑賞できるホームシアター。やはり用意するスクリーンやテレビも大型のものを選ぶ方が多いと思います。

 

しかし、部屋が狭い場合、スクリーン・画面と距離が近くなるため、大型で高さがあるスクリーンやテレビ画面を導入してしまうと、映像が視界に収まらないということも…。ホームシアターのスクリーン・テレビを選ぶ際は実際に視聴する環境を想定したうえで選ぶようにしましょう。

 

意外と気になる外からの光。窓や隙間に注意して、遮光カーテンも選択肢に

遮光カーテン

せっかく良いスクリーンやテレビを導入したとしても外からの光を遮断できないと、映像美も雰囲気も激減してしまいます。外からの光を遮るためにもホームシアターを設置する部屋の窓やドアはしっかりと閉め、隙間から光が入らないようにしたり、遮光カーテンを取り付けるなどしたりして対策をしましょう。

 

しかし、暗くしすぎてしまうのも考え物です。特に生活空間とホームシアターを設置する部屋を同じにする場合は、遮光もほどほどにしておかないと日常生活に支障をきたしてしまうかもしれませんね。

 

スピーカー配置は重要。高さを合わせて、壁から離す

スピーカー

映像だけではなく音にもこだわることができるのがホームシアターの魅力。スピーカーはメーカーから特別指定がない限り同じ高さに配置したほうが良いでしょう。より、臨場感のある環境になりますよ。

 

しかし、壁にぴったりくっつけるように配置してしまうと壁越しに音を伝えてしまい、近隣トラブルに発展しかねませんので、壁から離して配置しましょう。

 

ホームシアターの最大の問題点は音漏れ。近隣トラブルに注意

防音の賃貸物件や部屋でのホームシアター環境がベスト

ホームシアターの設置で最も近隣住民とトラブルになりやすいのは、スピーカーから発する騒音トラブル。 せっかくのホームシアターなので、音にもこだわりたい方が多いと思います。後々のトラブルを避けるためにも防音性の高い物件を選ぶようにしたいですね。

 

遮音カーテンで窓の防音対策

防音で意外と忘れがちなのが窓から漏れる音です。シアタールームの窓はしっかりと防音対策をしておきましょう。遮音カーテンを引くことで大きな防音対策となりますし、遮音カーテンは遮光カーテンとの2枚重ねにすることで、さらに防音性を高めることもできます。また、二重窓に変えることも効果的ですが、もともとの物件の設備に手を加えることになりますので、必ず事前に管理会社や大家さんの許可を取るようにしましょう。

 

厚手のカーペットや絨毯で床の防音対策

床への防音対策はいくつかありますが、厚手のカーペットや絨毯を敷くことでも防音効果を得られます。質の良いカーペットや絨毯を敷くことでホームシアター自体の雰囲気もよくなります。

 

また、カーペットや絨毯の下に防音シートなどを引くとさらに効果的です。防音シートは通販サイトやホームセンターで簡単に入手することができますので、予算的に余裕のある方は導入を検討してみてください。

 

重低音は響きやすいので控えめに

先にも触れましたが、重低音は非常に響きやすく近隣トラブルに発展しやすいです。防音対策をしっかりすることで軽減は可能ですが、もし近隣住民からのクレームなどを受けてしまった場合は機器の設定を調整するなどして重低音を控えるようにしましょう。

 

イヤホンやヘッドホンも選択肢に入れておく

防音性の低い部屋の場合や、防音対策が難しい場合、どんなに対策してもクレームがくることもあります。その場合はヘッドホンやイヤホンを使用することも選択肢に入れておきましょう。しっかりと吟味して自分の求める理想のホームシアターを作り上げていきましょう。

 

出来る限りの防音対策をしたり、防音の賃貸物件を選んで、思い切りホームシアターを楽しむ

自宅で映画館のような臨場感が味わえると人気のホームシアター。設置することで日々の生活が楽しくなりますよね。折角設置したホームシアターなのですから、できる限りの防音対策を実施し、防音性が高い賃貸物件を選びたいですね。

 

私たちエイブルAGENTでは、防音性に優れたホームシアターにもピッタリの物件を多数ご紹介できます。ホームシアターを部屋に設置する予定があり、賃貸物件をお探し中の方はぜひご相談ください!

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1

紹介してもらうスタッフを選ぶ!

ステップ2
STEP 2

お部屋探しの条件を登録する!

ステップ3
STEP 3

LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!

登録はもちろん無料!

<関連リンク>
一人暮らしのテレビ選びに役立つ。おすすめサイズを教えます
賃貸物件の近隣トラブルに困っています。事例と円満解決のポイントを解説


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 

お時間がない、自分にあったお部屋を探すのは面倒。
そんな方は待ってるだけのお部屋探しサービス「エイブルAGENT」でお待ちしております。

 
賃貸物件でも大丈夫。音漏れに注意して楽しむホームシアター入門
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧