角部屋のメリットってなんですか?デメリットも併せて解説|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

角部屋のメリットってなんですか?デメリットも併せて解説

           

角部屋 メリット

賃貸物件の中でアパートやマンションの角部屋というのは、他の部屋よりも少し家賃が高く設定されているものが多いです。確かに角部屋というのはメリットが多く、住みたいという人も少なくありません。

しかし、角部屋には角部屋のデメリットがあることを知っている人は少ないのではないでしょうか。今回はそんな角部屋のメリットやデメリットなどを解説していきましょう。

角部屋に住むメリット

窓が多い

角部屋に住む上でのメリットとして1番に挙げられるのは窓の多さです。隣接している部屋が1つしかないため、横にも窓を設置することができます。そのため、2面採光で部屋の中を明るく照らしてくれます。

また窓が多いということは、空気の循環がしやすいということになり、換気がしやすいというメリットがあります。

隣人の生活音が気になりにくい

部屋が片方しかないということは、2つの部屋に挟まれている中部屋に比べると生活音が少ないということになります。壁の薄いアパートなどでは、隣の生活音というのは意外に響くものです。

少しでも生活音が気にならない物件に住みたいという人にはうってつけです。しかし、角部屋の全てが静かというわけではなく、道路に面している物件の角部屋というのは、車の音などの外の騒音が入りやすいため、通常の中部屋よりも音が気になる場合もあるので注意をしましょう。

中部屋と比べて日当たりが良い

物件によってですが、角部屋は窓が2つのケースがあります。そのため複数面に日が当たり、窓の多さもあって部屋が暖かくなりやすいです。洗濯物を部屋干しする人も、中部屋に比べて乾きやすくなるため良いですね!

角部屋に住むデメリット

外気の影響を受けやすい

窓が中部屋よりも多く設置されるため、外気に触れる面積が大きくなります。そのため、雨の日の冷気や晴れの日の日差しの影響を受けやすくなり、かかる冷暖房費が中部屋よりも高くなる可能性があります。

また、外気の影響を受けやすいということは、冬などの室外が寒い時期に窓が結露しやすいというデメリットもあります。結露を放置していると、サッシ部分が錆びる可能性もあるため、結露を防ぐための対策を練る必要があります。

外の音が聞こえやすい

窓が多いということは、外の音も聞こえやすいということにもつながります。特に道路に面している角部屋の場合は、外からの音を拾いやすいため、交通量の多い場所では中々住みづらい状況になるでしょう。

しかし逆に言ってしまえば、道路に面していない部屋であったり交通量があまりない場所だったりするなら、外からの音はそこまで気にならないでしょう。

家賃が比較的高い

角部屋というのは中部屋に比べ価格が上がります。物件によってですが数千円程度から1万円程度は高くなってしまうことが多いです。物件探しにおいて数千円という価格の違いは小さいようで大きいもの。数千円高いのなら中部屋でいいと思う人もいるでしょう。

最上階や1階の角部屋の住み心地について

最上階の角部屋のメリットとデメリット

最上階の最大のメリットは上の階に誰もいないので、生活音がより少なくなるという点です。上の階の人の足音や騒音などが無くなるため、静かな環境で生活を送れることでしょう。また、最上階は日当たりがいいのも利点です。低層階と比較しても風通しがいいため、例え北向きの部屋であっても洗濯物がよく乾きます。

こういったメリットはありますが、デメリットもあります。上の階がないということは、太陽からの熱が天井から伝わりやすいということになり、夏場は室温が中部屋よりも上昇します。そのため冷暖房が効きづらくなり、冷暖房費が高くなる恐れがあります。

他にも、4階以上の物件の場合はエレベーターを使用することが多くなるため、何らかの影響を受けてエレベーターが止まってしまうと非常階段を利用して下に降りる必要があります。特に災害時は急いで建物から避難する必要があるため、逃げ遅れる危険性もあります。さらに最上階は大きなメリットがある分、家賃も他の部屋と比較して高く設定されている点もデメリットと言えるでしょう。

1階の角部屋のメリットとデメリット

1階の部屋のメリットとして、引越しのしやすさがあります。エレベーターや階段を利用することなく、まっすぐ部屋まで運べるため、引越し代金も最上階の部屋と比較して安くなります。さらに最上階の部屋と比較しても家賃が安く設定されているため、家賃を抑えることもできますね。

こういったメリットの反面、周囲に建物があると、日が当たりづらくなり洗濯物の乾く時間に影響を与えます。また道路に面している角部屋の場合は、人目の付きやすさは空き巣への抑止力にもなりますが、窓から部屋が覗かれたり、ベランダにいるところを道路から見られていたりとプライバシー的な観点ではデメリットと言えるでしょう。

角部屋物件を探すときの注意点

角部屋を探すときの注意点としては、まずは物件の周辺環境を確認しておきましょう。「この部屋はどれくらい日当たりが良いのか」、「周りの環境は騒がしくないか」などの周辺環境を考慮し、入居後にギャップを感じないようにしましょう。

また角部屋は、2面採光になっている部屋が多いです。問題がないことも多いですが、大きな家具だと配置が難しく感じることもあるでしょう。内見時に家具が納まるかしっかり確認しておきたいですね!

角部屋は中部屋と比較して物件数は少なく、なおかつ人気が高い部屋です。そのため、現在住んでいる物件の退去時期ギリギリになって角部屋を探そうとしても、見つからないことも多々あります。そうならないためにも、時期的な余裕をしっかりと確保してから、部屋探しをしていくといいでしょう。

角部屋のメリットってなんですか?デメリットも併せて解説
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧