実は曖昧なアパートとマンションの違い。基準をはじめメリット・デメリットや向いている人をご紹介|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

実は曖昧なアパートとマンションの違い。基準をはじめメリット・デメリットや向いている人をご紹介

           

マンションとアパートの違いってなんですか?特徴などを解説

賃貸物件の中でも集合住宅のことを「マンション」や「アパート」と呼びますが、その違いがわからない、という人も多いのではないでしょうか。ここでは、マンションとアパートの一般的な違いや、その特徴について説明していきます。

マンションとアパートの違いとは?

明確な規定はない?

実はマンション・アパートとの間に明確な違いはありません。法律上での区別もありませんし、不動産業界全体での名称の使い分けなども特にはしていません。そのため、大家さんや不動産会社が比較的好きなように呼んでいる部分はあります。しかし、それでもマンションとアパートとで、ある程度共通したイメージがあります。

1番の判断基準は「構造」

マンションとアパートの呼び分けの基準は、建物の構造の違いによるところが大きいでしょう。マンションというと、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造・鉄筋コンクリート(RC)造・重量鉄骨造などが一般的となります。堅固な構造のため、建物が面積としても広く、高さもあるのが一般的です。

それに対して、アパートはモルタル塗装などの2階建て木造共同住宅となります。

マンションとアパートの比較

マンション・アパートの両者の違いについて、簡単に表にまとめてみました。

マンションアパート
家賃高め安め
構造鉄筋コンクリート(RC)造、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造、重量鉄骨造、プレキャストコンクリート(PC)造、鉄骨ALC(軽量気泡コンクリート)造などモルタル塗装などの木造
防犯面防犯設備が充実していることが多い自分で注意が必要な点が多い
共有部の設備面充実していることが多い少々古い場合もある
建物の階数3階建て~~2階建て
防音性優れている物件が多いマンションよりはやや劣る物件が多い

マンションのメリット&デメリット

メリット①:防犯性が高い

オートロックや防犯カメラなどの防犯設備がそろっている事が多いため、防犯の面では比較的安心だと言えます。また、高層マンションで階が上の方であれば、窓からの侵入は難しいため、その点でも防犯性が高いでしょう。

メリット②:遮音性・防音性が高い

マンションの場合、構造物がコンクリートや鉄筋など重厚であるので、音の振動が比較的伝わりにくい構造になっています。そのため、隣や上下階の音が聞こえることが少ない物件が多いです。

メリット③:耐震性・耐火性に優れている

建物の構造物が重厚で振動も伝わりにくくなっているため、耐震性が高いという特徴があります。また、コンクリートや鉄が建物を支えているため火で燃えにくく、耐火性もあります。

デメリット①:家賃・管理費が高い

建物の構造を鉄骨で組んだり、鉄筋コンクリートで固めたりとなると、どうしても建築コストが高くなります。そのため家賃は高めに設定されます。また大型の建造物となるため、エレベーターが必須となる建物になったり、防犯設備の維持費などが必要だったりと、管理費・共益費も割高になる傾向にあります。

デメリット②:定期的な換気が必要

マンションは全般的に建物の気密性が高くなります。その中でも鉄筋コンクリート造の場合は特に、外気温との温度差による結露が発生しやすい環境です。そのため、換気をしておかないとカビが発生するリスクがあります。

2003年の建築基準法の改正に伴い、それ以後の新しい建物については、「24時間換気」の設備が義務付けられています。しかし、2003年以前の建物については、換気をこまめにする必要があります。また、24時間換気の設備がある建物については、外気を取り入れるため、冬は寒く感じる場合もあります。

アパートのメリット&デメリット

メリット①:家賃・管理費が比較的安い

木造や軽量鉄骨など、比較的建設コストの安い建物になるため、アパートは全般的に家賃が安めになります。また建物もさほど大きくなく、エレベーターや駐車場といった設備のコストも全般的に抑えられるので、共益費や設備管理費もマンションと比較すると安めです。

メリット②:通気性が良い

特に木造の場合ですが、通気性が高く、ある程度であれば吸湿性もあるため、構造上結露などが発生しにくい造りになります。また木造の場合、鉄筋コンクリート造などに比べると吸湿性や断熱性もあるため、日本の風土にあった過ごしやすい環境になります。

デメリット①:遮音性が低い

アパートの場合、木造でも軽量鉄骨造でも構造物の重量がないため、どうしても隣や上下階へ音が伝わりやすくなっています。音に敏感な人は可能であれば避けた方が無難かもしれません。また、昼夜が逆転した生活が必要な人や、小さいお子様がいる家族などは、生活音であっても注意が必要な場合もあります。

デメリット②:セキュリティ面が不安

アパートの場合、どうしても低層の建物が多いため、窓やベランダも含めて防犯対策が必要になってきます。この点は高層建造物の多いマンションとは対照的と言えるでしょう。さらにアパートによってはオートロックといった設備がないケースもあるので、より一層の防犯意識が必要です。

どんな人にどちらが向いている?

マンションに向いている人の特徴

設備重視の人は、マンションを中心に探すのがおすすめです。特に騒音や防犯を気にする人は、基本的にはマンションを中心に探した方が無難でしょう。騒音については音が気になる人もそうですが、夜遅くにどうしても帰宅する可能性のある人や、小さいお子様のいる家族もまたマンションの方が安心だと言えます。防犯について気にしている人は、セキュリティのしっかりしたマンションの高層階を中心に探す方がいいでしょう。

大型のマンションの場合、どうしても戸数が多いため、同じ住民同士で顔を合わせる頻度も相対的に少なくなります。そのためプライバシーを重視したい人にもおすすめの環境と言えるでしょう。

アパートに向いている人の特徴

先にもお話した通り、アパートの場合、家賃や共益費・管理費は安めに設定されています。そのため家賃重視の人はアパートを中心に探すといいでしょう。また一棟当たりの戸数が少ないため、同じアパートの他の住民の人たちと顔を合わせる機会も多くなります。そのため、近所付き合いが好きな人にはいい環境だと言えます。

好みに合わせて最適な構造、広さのお部屋を選ぼう

マンションとアパートとの一般的な違いについて説明してきました。確かに、明確な基準での違いというものはありません。しかし、どのような暮らしを求めているかによって探す建物も異なってきます。賃貸物件を探す際の参考にしてもらえれば幸いです。何かわからない点がありましたらエイブルAGENTまで気軽にお問い合わせください。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT女性スタッフ・S

いつも丁寧な接客、お部屋探しを心がけております。
お部屋探しのお悩みや、いいお部屋が見つからないという方は「エイブルAGENT」へご相談ください!

 
実は曖昧なアパートとマンションの違い。基準をはじめメリット・デメリットや向いている人をご紹介
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧