アパートは2階がベスト?騒音・防犯対策、苦情が来てしまったときの対処法|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

アパートは2階がベスト?騒音・防犯対策、苦情が来てしまったときの対処法

           

アパート2階の騒音・防犯・虫対策

初めましてエイブルAGENTです。先日、お客様からのLINEで「子供がいるのですが、引越し先の物件は1階と2階どちらが良いですか?」という質問をいただきました。アパートの1階か2階かといわれると、ついつい2階を選んでしまう方も多いのではないでしょうか。


今回は防犯や虫関連、騒音などの視点からアパート2階の物件の特徴をご説明します!


アパートってどんな建物?

アパートとマンションの違い

アパートとマンション、どちらもよく聞く建物の名前ですがどのような違いがあるのでしょうか?

結論から言うと、実はアパートとマンションに厳格な区別はなく、不動産会社ごとに呼び名が違うということもあるようです。そのため、物件を決める場合は、マンション、アパートの呼び名に固執せずそれぞれの構造を確認する必要があります。


メゾネット物件とは

メゾネットの語源はフランス語から来ており「小さな家」という意味です。

物件に対して使われた場合「1階の扉を開けたらすぐに階段があり、2階に居住スペースがあるつくり」と考えるとイメージがわきやすいでしょうか。アパートで2階建てというと、ロフトを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ロフトは屋根裏部屋のような扱いとなるため、ロフトがあるだけでメゾネット物件とは呼ばれることはありません。


アパートの2階でも起こりうる問題

アパートの2階でも起こりうる問題

2階でも虫対策はぬかりなく

アパートの2階以降は何となくゴキブリなどの害虫が出ないというイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。アパートの1階と比べると2階以降は害虫が出にくいですが出ないわけではありません。 網戸やドアの部分へ侵入防止の対策や、定期的な駆除作業などを行い、しっかりと虫対策は行うようにしましょう。

1階の人に迷惑をかけないよう防音対策を

気をつけているつもりでも意外と響いているのが足音や、椅子を引く音です。そういった音は騒音トラブルのもととなり、せっかくの良物件から引越すことになる原因となりかねません。

騒音トラブルを避けるためにもカーペットを敷いたり、椅子の脚にはカバーを付けるなどの簡単な対策で大幅に音を抑えることができます。アパートの2階以降に部屋を借りた場合は防音対策に気を配りましょう。


2階でも防犯面はしっかり注意を

アパート2階以降の部屋であっても防犯対策は必要です。ベランダがあまり人通りのない路地に面していた場合、2階であっても強盗が侵入しやすい環境ができてしまっているという面があるためです。

人目が少ない場合、多少無理をするれば2階のベランダ程度なら侵入できてしまいますので、防犯ブザーや防犯フィルム、防犯カメラなどの設置を検討しましょう。


子育て中にアパートを探す場合

子育て中にアパートを探す場合

防音が心配なら1階にするのがベター

子育て中、子供がどんどん大きくなると、その無限ともいえるエネルギーに翻弄される夫婦は多いようです。何度言ってもリビングの中を駆け回る子供、階下からの苦情の板挟みで泣く泣く引越しを決意するといった話も聞きます。

そのため、これから子供を持つ予定のある夫婦は1階の物件を選択するのがベターでしょう。階下からの苦情を気にしなくてよくなるだけでも、心労が大きく減るはずですよ。

しかし、どうしても2階以上に住みたい!という場合は、RC構造の物件に住めば心労が軽減されます。また、厚めのカーペットや防音マットなどを床に敷き詰めることでも、防音効果が得られますので、トラブルを減らせるかもしれません。

子育てにおすすめの間取り」や「東京で子育てしやすい街」を紹介した記事もありますので、気になる方はぜひご覧ください。

1階なら子供連れのお出掛けも楽ちん

1階であれば、階段を利用しなく良いため、子供連れでのお出かけも楽ちんです。

子供の階段からの落下は大けがにつながる可能性もあるため、気をつけたいポイントですね。


一人暮らしでなければ1階でも安心

何かと防犯面などで不安のあるアパートの1階ですが、2人以上で生活する場合はその不安も軽減されます。家に人がいる可能性が高い部屋には泥棒なども侵入しづらいからです。

1階は家賃が安い面も併せて、子育て中はアパート1階の部屋を借りることを検討してみてはいかがでしょうか。


アパートで苦情が言いたい!苦情が来てしまったら

自分で苦情を言いにいかない

ある部屋がうるさい!アパートなどの集合住宅に住んでいるとそういう機会が訪れることがあります。

しかし、苦情を言いたい場合絶対に自分で直接言いに行ってはいけません。部屋の主がどのような人かわかりませんし、最悪逆上されあなたに危険が及ぶ場合があるためです。

また、自分では冷静に話しているつもりであっても、積もり積もった怒りから感情的な口調になる場合が多く、それもまたトラブルのもととなります。

繰り返しになりますが、決して自分で直接苦情を言いに行かず、管理している不動産会社に連絡するようにしましょう。


壁ドンや張り紙などをしない

文句を言いたい相手が隣の部屋である場合、「壁をドン!と叩く」通称壁ドンをする方がいますが、とても危険です。上項でも述べたように、相手がどのような人物であるかわからないからです。逆上して後日トラブルに巻き込まれたというケースを避けるためにも冷静になりましょう。

また、特定の部屋あての張り紙も避けたほうが無難でしょう。わざわざ相手を挑発する行動は避けたいものです。


必ず第三者を挟む

苦情が言いたい場合も、苦情が来てしまった場合も間に管理している不動産会社などの第三者を入れるようにしましょう。第三者がいることで、お互いに冷静に話ができます。


アパートで1階と2階のどちらに住もうか考えている方は相談を!

アパートの部屋探しの際、ついつい1階と2階だったら2階のほうが防犯的にも環境的に良い!と決めてしまいがちです。しかし、アパートの2階であっても防犯、害虫、騒音と対策しなければならないことは多く、一概に2階だから良い!ということは難しいです。生活リズムや子育て期間中など様々なライフスタイルに合わせて賃貸を探すことが重要ですね!

私たちエイブルAGENTサービスでは様々なライフスタイルに合わせた物件を多数ご紹介できます!

また、お客様の負担を軽減できるように、LINEでの物件提案・予約の受付・質問や初期費用の計算などを行っていますので、「自分のライフスタイルに合った物件を知りたい」等ございましたら、お気軽に登録してくださいませ!詳しく説明させていただきます!

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

<関連リンク>
子育てにおすすめの間取りを教えて下さい
東京で子育てしやすい街おすすめ10選をご紹介!教育制度・環境が充実してて人気の街を教えます


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT男性スタッフ・E

エイブルAGENT」でお部屋探しスタッフやってます!
自分では見つけられない理想のお部屋探しならお任せください!

 
アパートは2階がベスト?騒音・防犯対策、苦情が来てしまったときの対処法
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧