意外と気にならない?線路沿いの賃貸物件に住んだ感想・騒音対策など|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

意外と気にならない?線路沿いの賃貸物件に住んだ感想・騒音対策など

           

線路

初めまして、エイブルAGENTです。先日お客様から「線路沿いで良い物件が見つかりました。ただ電車の音が心配です。やっぱりうるさいでしょうか」というご質問を受けました。確かに線路沿いの物件は駅に近くて便利ですが、同時に騒音などの問題も伴います。そこで今回は、線路沿いの物件のメリット・デメリットと、快適に過ごすための騒音対策の仕方についてご説明します。

 

住みやすい街やお部屋をお探しでしたら、こちらの記事もおすすめです!

https://offer.able.co.jp/oshieteagent/city/kanagawa-livable-city/

https://offer.able.co.jp/oshieteagent/room/lease-facing-south/

 

線路沿いの賃貸物件の特徴

線路沿いの物件の多くは、窓やバルコニー、ベランダなどの採光空間が線路に面していることが多いです。そのため、窓を開けていると早朝から深夜まで電車が走る音が聞こえます。物件によっては電車の通過時に振動が響くこともあるでしょう。また繁華街に近い物件では、深夜でも人の話し声や騒ぐ音も聞こえてきます。人通りがある程度多くなるので街灯も多く、また駅や店舗の光が届くので夜でも比較的明るい傾向にあります。

 

線路沿いの賃貸物件のメリット・デメリット

線路沿いの賃貸物件のメリット

線路沿いの物件の大きなメリットは、駅から近い場合が多いので通勤・通学における利便性が高いことです。朝は余裕を持って準備をし、出かけることができるでしょう。また、騒音を心配して敬遠する人が多いことから、家賃が低めに設定されている物件が多いです。後述するデメリットに目をつむれる人であれば、線路沿いの部屋は非常にコストパフォーマンスの良い物件であると言えるでしょう。線路沿いに窓やベランダがあるので、目の前を遮るものがなく日当たりも良好です。

 

線路沿いの賃貸物件のデメリット

線路沿いの物件で最もネックとなるのは、騒音と振動です。毎日朝から深夜まで電車が目と鼻の先を通過するので、大きな音がと振動が響きます。近くに踏切がある場合は、その警報音も鳴り渡ります。また線路沿いにベランダや窓が面しているため、特に低層階では駅のホームや電車から部屋の中が見えてしまう可能性があります。電車が通ることで砂埃が舞い、窓や洗濯物が汚れやすくなるという問題もあります。線路沿いの物件は便利ではありますが、住む際には様々なストレス要因に対処する心構えが求められることになるでしょう。

 

線路沿いの賃貸物件はやっぱりうるさい?

踏切

線路沿いの物件に住んだ場合、騒音はどの程度生活に影響するのでしょうか。やはり騒々しくてストレスフルな環境なのでしょうか。実際に住んだ経験のある人の声をピックアップして確認してみましょう。

 

線路沿いの賃貸物件に住んでいた人の声

・「夜中は電車が走らない路線でしたが、朝5時頃の始発で強制的に起こされ毎日のように二度寝していました」

夜間は電車の運行がないとはいえ、朝の始発は未明ごろから動き出すことが多いです。その時間に近くで大きな音が鳴れば、目覚まし時計のようなものですから、安眠を続けることは難しいかもしれません。

 

・「当初は気になってなかなか眠れない…と思っていましたが、すぐに気にならなくなりました」

音に鋭敏になって眠れなくなる人もいれば、だんだん馴れてきて問題なく過ごせるようになる人もいるようです。もし騒音が気にならなくなれば、線路沿いの物件は駅に近く家賃も低い優良物件となるでしょう。

 

・「夏場は窓を開けて網戸にしますが、通過している間はテレビの音が全く聞こえません」

電車の騒音はテレビの音をかき消すぐらいの大音量だという意見は非常に多いです。電車に妨げられずテレビを楽しむためには、基本的に窓は閉めきりにする必要があるでしょう。

 

・「線路沿いのマンションに住んでいますが、走行音は聞こえません。部屋が線路からちょっと離れた位置だからかもしれません」

線路沿いであっても、部屋の向きや位置によっては騒音を感じずに済むこともあるようです。その他、部屋の構造、防音対策の度合い、階層などによっては、問題なく生活することができるようです。

 

・「朝起きて夜帰る生活パターンの場合、夜行列車が走らない限り案外気になりません」

電車の騒音が最も大きくなるのは、朝夕の通勤・通学時間帯と日中です。この時間帯に部屋にいることが少ないのであれば、あまり影響を受けずに生活することができるでしょう。ライフスタイルが上手く噛み合えば、線路沿いの物件でもあまり問題にする必要はないでしょう。

 

線路沿いの賃貸物件の騒音対策例

風に揺れるカーテン

電車の騒音が響く線路沿いの物件であっても、工夫次第で緩和することは可能です。ここからは、自力で騒音に対処するための対策方法をご紹介します。

 

線路沿いの賃貸物件の騒音対策例①:窓の隙間にテープ貼る

物件によっては、窓を閉めた際にサッシとの間にわずかに隙間が生じる場合があります。窓を閉めても大きな音が聞こえる時は、その隙間から音が侵入している可能性があります。そのような場合は、隙間の部分にテープを貼ることで密閉性を高め、音を小さくすることができるでしょう。ウレタンのついた専用のテープが市販されていますので、それをサッシに貼って隙間を埋めるようにすれば音の通り道をふさぐことができます。使用の際は、テープを貼る場所をきれいに掃除し、少し閉めづらくなる程度に貼ると効果的です。

 

線路沿いの賃貸物件の騒音対策例②:防音カーテンを使う

音漏れ防止用に市販されている防音カーテンは、通常のカーテンより厚手のため、室外の音が侵入するのを防ぐ効果が期待できます。ただし防音カーテンの遮音効果は、人の話し声や楽器の音など、主に中高音域に対して威力を発揮します。一方、肝心の電車の走行音は低音域を多分に含んでいるため、防音カーテンで完全にシャットアウトすることは難しいでしょう。

 

しかし人が騒ぐ声に対しては効果が期待できますし、電車の走る音についても高音部は緩和してくれます。人は低音より高音にストレスを感じる傾向にありますので、防音カーテンを使うことでも一定の効果は見込めるでしょう。遮熱や遮光機能を備えているものも多いので、室内が日に焼けるのを防ぐ、夜間に電気を点けたときに室内が外に透けないようになるという副次的効果も期待できます。

 

線路沿いの賃貸物件の騒音対策例③:防音ボードを使う

自室の窓に対して防音対策を施したとしても、隣室を通して音や振動が伝わってしまう可能性があります。その際の対処法として考えられるのが、防音ボードを壁や天井に貼って音を吸収してしまう方法です。テープ式のものであれば壁を傷つけることはありませんので賃貸物件でも問題ありません。窓にはめ込むタイプのものもありますので、合わせて利用すれば高い効果を期待することができるでしょう。

 

朝型の人には線路沿いの賃貸物件はおすすめ!

線路沿いの部屋は。利便性は高いものの騒音や振動などの問題も伴う一長一短の賃貸物件です。ただ、最も電車の通りが多くなるのは日中です。基本的に夜中に電車が走ることはないので、昼間に寝るような生活スタイルの人でなければそこまで気にならないかもしれません。騒音がどの程度か気になる方は、内見時に電車が通るまで待ってみましょう!

 

エイブルAGENTでは、あなたの条件や生活に合わせたお部屋をご提案します。お部屋探しでご相談したいことがありましたらご登録してみてください。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

<関連リンク>
神奈川の住みやすい街を教えてください。おすすめの街9選
南向き賃貸物件の住みやすさはどうですか?メリット・デメリットを紹介


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT男性スタッフ・S

趣味はランニングとAppleの買い物。ランニング中に新しい街や物件を見るのが好きですね。

 
意外と気にならない?線路沿いの賃貸物件に住んだ感想・騒音対策など
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧