賃貸物件の更新料ってなに?本当に払わないといけないのか|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

賃貸物件の更新料ってなに?本当に払わないといけないのか

           

更新料について調べているイメージ

こんにちは、エイブルAGENTです。最近よく頂く質問として、「契約更新料は支払わなくてはならないのですか?」 というのがあります。

 

契約期間が満了となると訪れる契約更新ですが、準備をしていないと驚くのが更新料です。家賃とは別に掛かるものなので、更新月は予想外に出費が大きくなってしまいます。今回は、人によっては存在を疑問視している更新料について詳しく紹介していきます。

 

賃貸契約に契約期間について詳しく知りたい方はこちら

「途中解約できる?賃貸物件の契約期間とは!違約金や更新の仕方についても合わせて確認しよう」

 

更新料の目安について知りたい方はこちら

「物件の更新料って家賃の何倍?待ってもらう、払わないでいい方法はある?」

 

そもそも賃貸物件の更新料ってなに?

まずは賃貸物件の更新料について詳しく紹介していきます。

 

更新料とは

賃貸物件の更新料とは、賃貸契約を更新するときに入居者から大家さんに支払われるお金です。賃貸契約には期間が設けられているので、その期間が満了した後も、同じ物件に住み続ける場合に支払う必要があります。

 

更新料は昔からの習慣

実は賃貸契約の更新料は法律等で義務付けられているものではありません。不動産会社の昔からの習慣で支払っている、という側面が大きい費用です。そのため交渉次第によっては更新料がなくなることもありますが、大家さんにとってあまりメリットはありません。また更新の際に書類や手続があるのも事実ですので、その手間賃としての意味合いもあります。

 

また、契約時の書面に更新料を支払う旨を書いていてサインした際は、支払う義務が発生します。後のトラブルに繋がらないように、契約書の内容はしっかりと確認しておくべきでしょう。

 

更新料の相場は?

更新料の相場は家賃の1ヶ月~2ヶ月分となっています。例えば家賃が7万円の場合は、7万~14万円となる計算ですね。

 

ここで気を付けなければならないのが、「更新料は家賃とは別」という点です。家賃は通常通り発生しますので、純粋に家賃2ヶ月分~3ヶ月分の金額が必要になるということです。事前に資金を準備しておく必要があるでしょう。

 

賃貸物件の更新料は払わないといけないの?

交渉する夫婦のイメージ

入居者にとってはなるべく出費を抑えたいもの。そのため「更新料は必ず支払わなければならないの?」と疑問に思うのも無理はありません。ここからは地域による更新料の扱いの違いや、支払わなかったケースを紹介していきます。

 

地域によって違う徴収率

更新料は法律ではなく、昔からの習慣です。地域によっては更新料の習慣がない地域も存在します。地域ごとに更新料の徴収率が異なるのです。国土交通省の2007年度の発表によると、更新料を徴収する割合は、一番多くて神奈川県の90.1%、低い場所だと大阪府で29.9%という徴収率となっています。

(参考:国土交通省 民間賃貸住宅に係る実態調査(不動産業者)

http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/07/070629_3/02.pdf

 

更新料の支払い拒否は可能?

法的に更新料を支払う義務はありませんので、拒否は可能です。しかし前述の通り、契約書に更新料を支払う旨が掛かれているのであれば、支払いの義務が発生します。

 

賃貸契約をする際は、更新料の記載があるかどうかを確認してから契約しましょう。契約の前段階であれば交渉の余地はあります。大家さんも入居してもらう方が嬉しい場合がほとんどです。敷金や礼金も交渉してみるのと共に、出費を抑えるための一つの手段として覚えておきましょう。

 

払わないと場合によっては契約解除も…

契約書に記載があるのにも関わらず更新料を支払わなかった場合、最悪の場合契約解除を言い渡される可能性もあります。契約書に記載があることが不履行となれば、単純に契約違反ですので、一方的に解約することが出来るのです。

 

更新時期は更新か引越しかの決断を

契約更新のタイミングは、更新か引越しかを決断する時期です。ライフプランやお財布と相談して決めていきましょう。

 

今の賃貸物件に続けるメリットを考えよう

現在住んでいる物件に住み続けた場合、どんなメリットがあるのかを考えましょう。新しく物件探しをして、今以上の物件が見つかれば良いですが、契約更新期間までに見つかるかどうかはわかりません。生活に慣れて、特に不満を感じていないのであれば、無理をして引越しをする必要はありません。

 

更新時期は、住まいのことを今一度考え直すいい機会だと捉えて、真剣に考えてみましょう。

 

更新料の値段と引越し費用の比較しよう

更新料と引越し費用を比較して、どちらが良いのかを選択しましょう。

 

更新料と引越しの費用だけ見ると、明らかに引越し費用の方が高額に見えがちですが、次に住む物件の家賃を1万円程抑えた場合、年間で12万円ほど変わってくることになります。

 

引越し費用で大きい出費が必要であっても、1~2年という中期的なスパンで考えると引越しした方が安く済む場合もあるのです。少し先の結果まで考えて検討することをおすすめします。

 

更新料に詳しくなり、賢く賃貸物件を活用しよう

解決して喜んでいる女性のイメージ

賃貸契約には、更新料の他にも敷金、礼金等の金銭の取引を伴うものがあります。少しずつでも良いので、勉強して詳しくなることで、お得な賃貸生活が送れるかもしれませんよ。

 

今回のような更新料の疑問をはじめ、賃貸物件の契約や生活で不安点がありましたらぜひエイブルAGENTにご相談ください。どんな些細なことでも、最適なアドバイスをさせていただきます。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

 

<関連リンク>

「途中解約できる?賃貸物件の契約期間とは!違約金や更新の仕方についても合わせて確認しよう」

「物件の更新料って家賃の何倍?待ってもらう、払わないでいい方法はある?」


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT男性スタッフ・N

引越し好きが昂じて部屋探しスタッフになりました。
お部屋探しのご用命は「エイブルAGENT」までご連絡ください!

 
賃貸物件の更新料ってなに?本当に払わないといけないのか
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧