2DKと2LDKの違いはリビングの広さ。具体的な間取り事例やメリット・デメリットを教えて!|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 1

2DKと2LDKの違いはリビングの広さ。具体的な間取り事例やメリット・デメリットを教えて!

           

2DKと2LDKの違いはなんですか?間取りやメリット・デメリットを解説

夫婦やカップルで物件を探す際、不動産会社からおすすめの間取りとして提案されるのが2DKと2LDKですが、その違いをご存じでしょうか?

今回は、2DKと2LDKの違いや、それぞれのメリット・デメリットをお伝えします。また、どちらがいいか迷っている方に向けて、2LDKで実現できるライフスタイルもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】部屋探しがもっとうまくなる秘訣5選!!

家賃が安い物件や初期費用を抑える物件探しのヒントが集まった人気記事5本!
一人暮らし編~1DKの間取りってどういうの?オススメの設備は?賃貸の基礎知識

1Kの間取りってどういうの? オススメの設備は? 賃貸の基礎知識

1LDKの間取りってどういうの? オススメの設備は? 賃貸の基礎知識

2Kの間取りってどういうの?オススメの設備は?賃貸の基礎知識

2LDKの間取りってどういうの? オススメの設備は? 賃貸の基礎知識

「2DK」とは2部屋+ダイニング・キッチンがあるという意味

「2DK」とは?
DKとはダイニングキッチンの略語で、食事をするダイニングスペースと調理をするキッチンスペースが一つになった空間のことです。そして2DKとは、のダイニングキッチン+2部屋の間取りを意味します。この間取りは1980年代に多く取り入れられていたもので、比較的築年数が経過している物件が多い。また、相場よりも家賃設定が低く、好条件な「掘り出し物件」も比較的多めなのが特徴で、平均的な専有面積は約45㎡です。

「2LDK」とは2部屋+リビング・ダイニング・キッチンがあるという意味

「2LDK」とは?
LDKとはリビングダイニングキッチンの略語で、食事をするダイニングスペースと調理をするキッチンスペースに、居間であるリビングが一つになった空間のことです。そして2LDKとは、10帖以上のリビングダイニングキッチン+2部屋の間取りを意味します。最近になって増えている間取りなので比較的築年数が浅く家賃設定が高めなのが特徴で、平均的な専有面積は約55㎡です。

2DKと2LDKの違いはリビングの広さ

2DKと2LDKは、いずれも部屋数が2つという点は共通しています。2DKと2LDKの違いは、ダイニングキッチンかリビングダイニングキッチンかという部分で、つまりリビングスペースがあるかどうかです。キッチンのあるスペースが6帖以上~10帖未満の場合はダイニングキッチン、10帖以上の場合はリビングダイニングキッチンという基準で判断されます。

2LDKの場合10帖以上のスペースを自由に使えますので、ダイニングスペースとリビングスペースの間を仕切りで完全に分離することもできますし、逆に広い空間を活かしてレイアウトすることもできるのでトータルコーディネートが楽しめます。

2DKと2LDKそれぞれのメリット・デメリットの比較

【メリット】

2DK・比較的家賃が安い
・掘り出し物件が多い
2LDK・リビングがあるためゆったり過ごせる
・築年数が浅い物件が多い

【デメリット】

2DK・築年数が経過している物件が多い
・子供が生まれると手狭に感じる
2LDK・物件数が少ない
・2DKと比較すると家賃が高い

2DKのメリットは比較的家賃が安いことですが、それはデメリットでもある築年数が経過している物件や面積が狭い場合が多い事が 理由でもあります。2DKの場合は、間取りの流行が過ぎていることなどから掘り出し物件も多いため、じっくりと探せば思わぬお得物件を見つけることができるかもしれません。ただし夫婦で住んでいるところに子供が生まれると、その成長に伴って手狭に感じるようになるでしょう。

対して2LDKのデメリットは2DKと比較すると家賃が2~3万ほど高くなることですが、それはメリットである築年数が浅い物件が多いことや面積が広い場合が多いが 多いことが理由でもあります。リビングがあることでゆったりと過ごすことができますし、家族の団らんを楽しむことができるメリットもありますが、物件数が少ないため簡単には見つからない可能性もあります。

2DKと2LDKで迷ったら必要な広さを確認

メリット・デメリットが分かっても、実際どのくらいの広さが必要かイメージがつかずに、2DKと2LDKで迷ってしまう方もいらっしゃるでしょう。そこで2LDKの広さが必要なライフスタイルをご紹介しますので、ぜひ判断基準の1つとしてみてください。

プライベート空間を維持しつつ二人の時間も楽しみたい

2DKと2LDKの違い

2部屋あると、二人で暮らす場合でもそれぞれのプライベート空間を確保する事ができますが、リビングがあれば二人の時間も十分楽しむことができます。夫婦やカップルに限らず、仲良し同士のルームシェアにも最適です。

友人をたくさん呼びたい

2DKと2LDKの違い

一度に多くの友人を呼びたい方にも2LDKの方がおすすめです。大人数でホームパーティーも楽しめますし、急なお泊りが発生しても対応できます。

家族が増える予定がある

2DKと2LDKの違い

子供が生まれる予定がある場合も2LDKの方が使い勝手がよいでしょう。生まれたばかりの頃は一緒の部屋で過ごす時間が多いですが、少し大きくなってくると2DKでは手狭に感じることがあります。さらに大きくなると自分の部屋が欲しくなってくるので、2室を夫婦の部屋と子供の部屋として分け、リビングで家族団らんを楽しむという使い方ができます。

インテリアにこだわりたい

2DKと2LDKの違い

大きめの家具が欲しいなど、インテリアにこだわる方は広いスペースが必要なので2LDKの方がおすすめです。2DKの場合、必要最小限の家具家電を配置するだけで手狭に感じることもありますので、広いスペースでトータルコーディネートを楽しむ事ができます。

生活以外の空間を確保したい

2DKと2LDKの違い

仕事のための部屋や趣味のための部屋を確保したい場合も、2LDKが便利です。1室を趣味の部屋、もう1室を寝室にすれば思う存分趣味に没頭できそうです。また自宅で仕事をしている方や持ち帰りの仕事が多い方も、集中できる空間があると効率良く仕事がはかどるでしょう。

収納がたくさん欲しい

2DKと2LDKの違い

衣類などが多くて収納を増やしたい方は、1室をウォークインクローゼットとして使う方法がおすすめです。衣替えの度に衣類の入れ替えをする手間も省けますし、靴やバッグを合わせて収納しておけばコーディネートもしやすくなります。

2DKと2LDKの違いはリビングの有無だけ!

2DKと2LDKの違いはリビングの有無だけですが、それが大きな違いでもあります。メリットやデメリットを比較して、より希望の条件を満たす方を選んでみましょう。エイブルAGENTでは、皆様からのご相談を承っておりますので、お気軽にお問合せください。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

<関連リンク>
部屋の間取り図の見方を教えてください。記号などの意味も解説
子育てしやすい賃貸物件の選び方を教えてください。注意点も解説
一人暮らしに最適な間取りを教えてください。社会人や女性などケース別に紹介


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT女性スタッフ・O

エイブルでの勤務を経て、現在はエイブルAGENTでWeb・チャットの接客を行なっております。
お部屋探しの時間がない、もっといいお部屋を見つけたいという方は「エイブルAGENT」にご登録ください。

 
2DKと2LDKの違いはリビングの広さ。具体的な間取り事例やメリット・デメリットを教えて!
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧