賃貸の床に傷が!慌てず損しないように対応しよう|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

賃貸の床に傷が!慌てず損しないように対応しよう

           

床と子供の足

初めまして。エイブルAGENTです。以前入居のお手続きをさせていただいたお客様から、LINEで相談を受けました。フローリングの床に物を落として傷を付けてしまったとのことでした。それほど大きな傷ではないということですが、退去するときに修繕費用がどれくらいかかるものなのかとても気にかけておられるご様子でした。

 

生活をしていれば床に傷がつくことも当然にありうることです。そのような時どのように対応すべきでしょうか。また修繕費用は入居者が負担するものなのか、貸主がみてくれるものなのか、自分で対応できる修繕方法はないものかなど気になるところを解説します。

 

その他賃貸物件のフローリングの扱い方について知りたい方はこちら。→

https://offer.able.co.jp/oshieteagent/money/wooden-floor/

 

敷金についてわからない方はこちら。→

https://offer.able.co.jp/oshieteagent/money/security-deposit/

 

賃貸物件の床に傷が付いたり剥がれてしまったら

スーツの男性

賃貸物件の修繕負担のあり方について、国土交通省は「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」の中で次のように示しています。

 

・賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用方法を超えるような使用による損耗等については、賃借人が負担すべき費用となる

・建物、設備等の自然的な劣化・損耗等(経年変化)及び賃借人の通常の使用により生ずる損耗等(通常損耗)については、賃貸人が負担すべき費用となる

 

つまり、わざとやうっかりを問わず借主がつけてしまった傷や通常の使い方を越えた使用による建物や設備の破損や磨耗についての原状回復は借主が負担し、自然な劣化や普通に使用している分についての傷みについては大家さん側が原状回復するということです。では賃貸物件のフローリングに傷が付いたりした場合も同様でしょうか。

 

目立たない傷ならセーフなケースは多い

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では、フローリングについては「経過年数は考慮しない」となっており、フローリングに傷を付けた場合、その部分の補修について入居者が負担することになっています。しかし、やはり生活をしていれば自然と微細な傷はついていくものです。ついた傷が目立たないものであればいつ誰が付けた傷かはっきりわからないこともあり、修繕費を請求されるケースは多くはありません。

 

修繕費用が必要な場合は、退去時の敷金から多く引かれる

傷が大きい場合や、深い場合には、やはり傷を付ける原因となった入居者が修繕費を負担することになります。多くはその修繕費用は退去時に戻ってくるべき敷金から差し引かれ支払われます。補修が必要な箇所が多いほど修繕費用も多く引かれますので、自分で補修できるところは退去に前もって修繕しておくのも一つの方法です。

 

意外と簡単!市販品を使って傷を補修

ホームセンターなどに行くとフローリングの傷を修繕するためのグッズが販売されています。ちょっと深めの傷であれば専用パテを詰めてその上から色を塗り補修するキットがありますので活用を検討してはいかがでしょうか。
もちろん、賃貸物件でフローリングの傷を勝手に修繕したとしても退去時の修繕費用は必要です。

また、物件によっては勝手に修繕をすること自体が注意の対象になることもあります。事前に管理会社に確認をしてから行うようにしましょう。

 

賃貸入居後に元からあった床の傷に気づいたら

カメラ

賃貸物件に入居したときに床に傷があるのに気付いたときにはどうすべきでしょうか。そのまま放っておいたら退去するときにその傷の修繕を求められるかもしれません。そうならないための対処法をここで解説します。

 

証拠として床の傷を写真で残す

入居後に傷や汚れを床に発見したらすぐにスマホやデジカメで撮影しておきましょう。退去時に入居前からついていた傷なのか、入居後についた傷なのか再度確認する機会がありますので、可能であれば日にちも一緒に記録できることが望ましいです。

 

すぐに不動産会社や大家さんに連絡

証拠を写真で残したら、なるべく早くに不動産会社や大家さんに連絡し、傷のある場所や傷の程度を確認してもらい、情報を共有することが大事です。写真を撮ったというだけでは、いつ撮影したものなのか、記録された日にちは正確なのかという曖昧さが残りますので、入居した時に既についていた傷であるという共通認識を築いておきましょう。双方で同じ記録を保管することも有効です。

 

フローリング賃貸で目立つ床の傷。敷金で損しないように出来る限りの対策を

気を付けて使っていても何の対策もしていなければ、知らず知らずに傷ができていることがあります。退去時に想定外のフローリング修繕費用で敷金が大幅目減りしないためにも、普段から傷を付けない対策をとっておきましょう。例えば、重い家具やテレビ台を直接床に置かずに足には緩衝材を付ける、キャスター付き椅子の下にはチェアマットを敷くといった工夫でずいぶんと違うはずです。

 

賃貸物件の原状回復は退去時にトラブルとなりやすいものです。エイブルAGENTはお部屋探しのお手伝いだけではなく、入居者の賃貸生活全般のご相談に対応いたします。エイブルAGENTにお部屋探しとセットで原状回復対策もご相談くださいませ。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1

紹介してもらうスタッフを選ぶ!

ステップ2
STEP 2

お部屋探しの条件を登録する!

ステップ3
STEP 3

LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!

登録はもちろん無料!

<関連リンク>
そもそも、敷金ってなんですか?概要やトラブル予防の方法も説明
賃貸物件のフローリングの扱い方を教えてください。トラブルを防ぐポイントは?


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT女性スタッフ・S

いつも丁寧な接客、お部屋探しを心がけております。
お部屋探しのお悩みや、いいお部屋が見つからないという方は「エイブルAGENT」へご相談ください!

 
賃貸の床に傷が!慌てず損しないように対応しよう
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧