共益費や管理費は何のための費用ですか?2つの費用について解説|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

共益費や管理費は何のための費用ですか?2つの費用について解説

           

共益費とは

アパートやマンションを借りる際に、家賃以外に発生するものといえば「管理費」や「共益費」です。しかし「共益費などの費用はなぜ、支払う必要があるの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。確かに家賃以外に費用を支払うというのは、借りている側にとっては納得のいかない話かと思います。

そこで今回は、あまり知られていない「共益費」について詳しく解説していきます。

共益費について

共益費とは

共益費とは物件の共有部分を使用する時にかかる費用のことを指します。物件の共有部分というのは、物件全体の設備や外観・廊下・エレベーターなどを指しており、もし共有部分のどれかを修繕しなければいけなくなった場合は、住民から徴収した共益費で支払うことになります。

修繕費用以外にも、防犯カメラなどがある物件の場合はカメラの点検費用や管理費用を共益費で支払うことになるなど、一口に共益費といっても使い道は多いのです。では、共益費がない物件はそういった修繕や管理がされていないのかと言われると、そうではありません。共益費がない物件でも、実は家賃の中に共益費が含まれているケースもあります。

共益費の内訳

共益費というものは修繕のためだけに使われているわけではありません。物件の共有部分というのは、物件の設備だけにはとどまらないのです。そこで、共益費がどのようなものに使われているのかの例を見ていきましょう。

・共有電気料金

・共有水道料金

・物件の清掃費用

・エレベーター料金

・ケーブルテレビ料金

上記の費用が主であり、他にも様々な名目で共益費は使われています。マンションの場合はアパートとは違い、エレベーターがあるところが多いため、必然的にアパートよりも共益費が高くなります。

少しでも安く暮らすために共益費がない物件を探して住んだとしても、物件の清掃がされておらず周辺に雑草が放置されていることや、あまりいい管理がなされていない物件に当たる可能性もあります。もちろん、共益費がない物件が全てずさんな管理というわけではありませんが、共益費のある物件を選んだほうが、そういった物件に当たるリスクを減らすことが出来るのです。

つまり、共益費は無駄なものではなく、建物を管理していく上で必要なお金なのです。

共益費と管理費の違い

共益費と共に家賃以外にかかる費用と言えば「管理費」です。管理費と共益費の違いについて、よく分かっていないという人も多いのではないでしょうか。

共益費が建物の共有部分にかかる費用なのに対し、管理費は入居者が住む部屋にかかる費用です。例えば、扉の上についている電灯や部屋に備え付けてあるインターホン、給湯器のリース費用というものは管理費で賄うことになります。

このように共益費と管理費には明確な違いがあるように思われますが、実は管理費と共益費の両方を徴収している物件というのはほぼありません。そのため、一概に共益費や管理費といってもその使い道は大家さん次第ということになります。そのような事情があるので、共益費と管理費の違いについてはあまり気にする必要はないでしょう。

共益費の相場や平均

共益費の金額は物件ごとに変わってしまうため、明確な相場というものはありません。しかし多くの物件では家賃の大体5~10%程度を共益費の価格として設定しています。例えば家賃が6万円の物件なら共益費は3,000円~6,000円が相場ということになるでしょう。

なぜ共益費の金額に差が出るのかといいますと、オートロックやエレベーターなどの設備を導入している物件は、修繕費用や設備の管理費用等がかかるため共益費が高くなるからです。逆にそういった設備が少ない物件というのは共益費が低くなります。

4階以上マンションの場合はエレベーターが備え付けられているため、共益費の支払いが発生する場合があります。また、マンションタイプの場合はエレベーターの他にもオートロックを導入しているところも多いため、共益費が高くなりがちです。逆に階数が少ないアパートタイプの物件ならば共益費がない、もしくは安い物件が多いので、安く済ませたいのならアパートタイプを選ぶことをお勧めします。

フリーレントの場合の共益費は?

最近では引越しの初期費用を抑えるためにフリーレントの物件が人気を博しています。確かにフリーレントの物件ならば最初の数ヶ月は家賃が無料になり、お得ではありますが、実は家賃以外の共益費といった費用は毎月引かれていくのです。

家賃が部屋自体にかかる賃料なのに対し、共益費というのは共有部分にかかる費用という違いから発生するものです。家賃がかからなくてもその物件に住んでいるのであれば共有部分は使用しているとみなされ、徴収されることになります。

まとめ

今まで共益費についてよく分からず支払っていた人も多いことでしょう。しかし共益費にはキチンと支払わなければいけない理由があることを今回の記事で理解していただけたかと思います。もしこれから引越しを考えている人は、物件探しの際に共益費のことを考えながら探すのもおすすめです。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1

紹介してもらうスタッフを選ぶ!

ステップ2
STEP 2

お部屋探しの条件を登録する!

ステップ3
STEP 3

LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!

登録はもちろん無料!

【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT女性スタッフ・O

エイブルでの勤務を経て、現在はエイブルAGENTでWeb・チャットの接客を行なっております。
お部屋探しの時間がない、もっといいお部屋を見つけたいという方は「エイブルAGENT」にご登録ください。

 
共益費や管理費は何のための費用ですか?2つの費用について解説
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧