これから一人暮らしをしたい人必見!「敷金なし」の理由を紹介!|教えてAGENT

  • 0
  • 0
  • 0

これから一人暮らしをしたい人必見!「敷金なし」の理由を紹介!

           

貯金箱とカレンダーの画像

こんにちは、エイブルAGENTです。先日、お客様に物件をご紹介した際に、「敷金なしの物件って、どうして存在するのですか?」とご質問を受けました。

 

賃貸契約を結ぶ上で支払うイメージの強い敷金ですが、それがなしともなれば初期費用を抑えたい方にとっては嬉しいですよね。しかし払うつもりだったものが払わなくていい、と言われたら、どうしても不安になり理由を知りたくなってしまうもの。そこで今回は、そもそも敷金とは何か? という点から敷金なし物件が存在する理由、そしてメリット・デメリットまで丁寧に紹介していきます。

 

初期費用をなるべく抑えたい方はこちら

「敷金礼金なしのゼロゼロ物件のメリットとデメリットは?」

 

退去時の費用を抑えたい方はこちら

「賃貸の退去費用を安く抑えて、敷金を多く戻すコツ。入居時にできる対策も紹介」

 

そもそも「敷金」とは?

敷金について考える女性のイメージ

まずは敷金とは一体何なのかを紹介していきます。全ての根幹となる部分ですので、しっかりと覚えておきましょう。

 

敷金はいつ、誰に払うのか。

敷金は入居時に大家さんに支払うお金です。一般的な敷金の相場は家賃の1ヶ月~2ヶ月程度となっています。金額も家賃に依存しますが数万円以上になるので、初期費用の中でも高額な部類と言えるでしょう。紹介してもらう物件の敷金がどの程度必要なのか、しっかり確認しておきましょう。

 

なぜ「敷金ゼロ」の物件があるの?

家賃の1ヶ月~2ヶ月分にもなってしまう敷金。しかし敷金がゼロ円の物件があるのも確かです。ゼロに出来るのであればもちろん入居者側としては嬉しいですが、ただ良いことだけではありません。ここからは敷金なしのメリット・デメリットを紹介していきます。

 

敷金なしのメリット

敷金なしのメリットは何と言っても初期費用が少なくなる事です。金額にして数万円~十数万円の支払いが不要になるので、初期費用を抑えて賃貸契約を結びたい方にはおすすめです。

 

敷金なしのデメリット

敷金は「家賃の滞納」や、退去時の「原状回復の費用」を補填するために使用されます。敷金を納めていない場合、これら「家賃の滞納」や「原状回復費用」が発生した際に自分の財布から支払う必要が発生してしまうのです。しかも敷金を納めていた場合、余った敷金は返ってくるので、敷金を払ったからといって損をしているわけではありません。

 

このように、敷金なしの物件には、退去時に思わぬ出費が出てしまうというデメリットがあります。敷金なしを選択した際は、退去時に思わぬ出費となってしまわないよう、事前に想定・貯金しておきましょう。

 

敷金がなしの場合の退去時の費用

敷金がなしの場合は、退去時に発生した原状回復費用をまるまる支払う必要があると説明しました。では一体どの程度の金額が掛かるのでしょうか?

 

実際には人や物件それぞれで金額が変わってくるため、具体的な相場はありませんが、ハウスクリーニングが入れば入居者が支払うという例が多いです。大家さんが支払ってくれる場合もありますが、契約書に清掃時についての特約が書かれている場合は入居者負担です。

 

フローリングや壁紙全張り替えとなると数万円~数十万円はかかってしまいますが、それが故意的なものでない限りは敷金で済む場合がほとんどです。

 

原状回復についてさらに深く知りたいという人は、こちらの記事もご参照ください

「原状回復について教えてください。定義やトラブル回避ポイントって?」

 

「敷金」以外に払わなくてはいけない初期費用

次に、敷金に類似した初期費用を紹介してきます。内容を詳しく理解して、抑えられそうなところはなるべく抑えられるようにしましょう。

 

関西の多くは「敷引」を払う

関西で物件を鶏野する場合、多くは敷引というお金を払います。敷金と似ていますが、性質が少し異なるので注意しましょう。

 

敷引は端的に言えば、「敷金の中から一定の金額を返さない」という特約です。ゆえに、支払った敷金の中から敷引の分は、たとえ余ったとしても返納されません。入居者側からすると少し不利な内容と言えるでしょう。

 

敷金とは別に払うこともある、「保証金」とは?

以前は明確な違いがなかった「敷金」と「保証金」ですが、平成29年に明文化されています。簡単に説明すると先ほどの敷引があるかないか? というのが違いになってきます。敷引があるのが保証金、無いのが敷金という括りで考えましょう。

 

ここまでの話の内容だと、関西の物件が不利に思えてくる方もしれませんが、関西の物件の多くは礼金がありません。敷引の金額が礼金として捉えられています。礼金分が初期費用から浮くので、関西の物件だからといって不利という訳ではないでしょう。

 

敷金は交渉次第では安くなる?

敷金なし物件でなくても、敷金は交渉次第で安くなります。敷金の目的とは、「大家さんが原状回復の費用回収を楽にするため」という目的です。退去時にしっかりと費用を負担してもらえるのであれば問題はありません。審査の際に「問題のない人物」である事をアピールしておけば、交渉の余地はあります。

 

敷金なし物件を探すときは、エイブルAGENTをご利用ください!

上京する女性のイメージ

初期費用がネックになって賃貸契約を結ぶのをためらっているという方には、「敷金なし」というのは嬉しいですよね。また設備を丁寧に使用していれば、退去時に高額な費用を請求されることもありません。初期費用を抑えたい方は敷金なし物件を狙ってみてもいいかもしれません。

 

もちろんエイブルAGENTでは、敷金なし物件を多数ご紹介可能! 他にもこだわりの条件に沿ったより良い物件を紹介いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

AGENTにお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1紹介してもらうスタッフを選ぶ!
ステップ2
STEP 2お部屋探しの条件を登録する!
ステップ3
STEP 3LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!
登録はもちろん無料!

 

<関連リンク>

「敷金礼金なしのゼロゼロ物件のメリットとデメリットは?」

「賃貸の退去費用を安く抑えて、敷金を多く戻すコツ。入居時にできる対策も紹介」


【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT男性スタッフ・N

引越し好きが昂じて部屋探しスタッフになりました。
お部屋探しのご用命は「エイブルAGENT」までご連絡ください!

 
これから一人暮らしをしたい人必見!「敷金なし」の理由を紹介!
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧