賃貸の審査基準は何ですか?見られるポイントや対策を解説|教えてAGENT

  • 0
  • 3
  • 1

賃貸の審査基準は何ですか?見られるポイントや対策を解説

           

契約書にサインしている画像
賃貸契約を行う際には、審査があります。審査に落ちてしまった場合、当然その物件を借りることはできません。

では、賃貸の入居審査ではどのような点を見られているのでしょうか?この記事では、入居審査のチェックポイントや審査に落ちやすい人の特徴、審査に通過するためのコツなどを詳しく解説していきます。

賃貸物件の審査について

まずは賃貸の入居審査がどのようなものか見ていきましょう。

審査の基準と落ちやすい人の特徴

賃貸物件を借りる際の審査は、最も重要な「家賃の支払能力」を始め、いくつかのチェックポイントがあります。

職業

まずは何の職業に就いているかによって、滞りなく家賃の支払いができるかどうかが判断されます。例えば、収入が不安定なフリーランスなどは落ちやすいといえるでしょう。収入が安定しているアルバイトであっても、収入に対する家賃の比率が見合っていないと判断されればNGになることもあります。

また、収入だけではなく、水商売や夜勤のように、勤務時間が夜の時間になる職業も、近隣トラブルにつながる恐れがあるとして、敬遠されるケースがあります。

年収

賃貸物件を借りるときは、年収が何万円以上という明確な基準はありません。今の収入で希望する物件の家賃が払えるかが問題なので、借りたい家によって個人差があります。

基本的には月収の1/3程度が家賃を超えていれば、支払いができると判断されて審査に通りやすくなります。年収の審査で落ちやすい人は、年収に対して家賃が高すぎる物件を選んでいるので、家賃水準 を落とした物件を探すほうがよいでしょう。

人柄

差別的に感じるかもしれませんが、実は賃貸物件の審査において、人柄も審査項目となります。家賃がしっかり払える人でも、服装がだらしない、言葉づかいが威圧的など、誠実さに欠けている人は審査が通りにくくなります。

信用が必要となる契約事では、第一印象はとても大事です。大家さんや不動産屋が、この人はトラブルを起こしそうだと判断すれば、残念ながら審査落ちすることがあります。

滞納歴

現在クレジットカードの支払いが滞納している方は要注意です。最近は物件が多くなっているなか、家賃を滞納する人も少なからず存在します。家主はこうした家賃滞納のリスクを回避するために、保証会社を利用することが多くなりました。

そのため、直接家主へ滞納歴がバレなくても、信販系の保証会は借主の信用情報を得ることが可能なので、滞納歴がある人は審査に落ちやすいというわけです。

滞納は家賃だけではなく、携帯料金やクレジットカード払いにしている公共料金がある場合も同様です。

保証人

賃貸物件の審査では、借主が家賃をどうしても支払えなくなった時などのために保証人を必要としています。しかし、保証人を立てても審査に落ちやすい人がいます。そのほとんどは、友だちや知り合いなどの他人を記入しているケース。保証人がよく分からない人だと家主も不安なので、NGになることがあります。

父母や兄弟などの近い親族で、かつ安定した収入がある人間を保証人とすることができれば、審査には通りやすくなるでしょう。

審査にかかる時間

物件の契約を交わした後は審査に入りますが、一般的には2~3日程度時間がかかります。長い場合には1週間以上かかることもありますが、理由はさまざまです。例えば、契約書の不備、家主の不在、保証会社の審査が必要になるなどのケースです。

審査を通りやすくするには?

賃貸物件の審査基準は、物件や家主によって様々なので、一概には言えませんが、参考になる項目を上げておきます。

審査を通りやすくする方法

入居審査で最も重要なのが「家賃の支払能力」があるかどうか。または、保証人などをつけて本人が支払えない場合のリスクヘッジが出来ているかです。
また、物件によっては担当の不動産会社と大家さんが話をして入居してもらえそうかどうかを相談します。
離した印象なども多少は関係してきますね。

無職、フリーターの人はどうする?

無職の方は収入を証明するものがないので、部屋を借りるのは難しいと感じているかもしれません。しかし、無職でも家賃を払っていける証明と、安定収入のある保証人がいれば審査は通りやすくなります。

たとえば、貯金通帳に1年間は家賃が支払っていける額が記載されていれば、そのコピーでも充分。保証人は、必ず働いている両親か兄弟になってもらうようにしましょう。

一方、フリーターの方は1年以上勤務していれば、バイト先からもらった前年度の源泉徴収票の提示で審査がより通りやすくなります。直近の数か月分の給料明細書でOKの場合もあります。

「審査大丈夫かな?」と思ったら担当の営業マンに相談してみるのが一番ですね!

最終手段は「保証会社」

信頼できる保証人が見つからない方にとって、ぜひ利用したいのが保証会社です。保証会社がどのようなものか、見ていきましょう。

保証会社とは?

借主となる人が保証人を立てることができない場合や、家主が家賃滞納を防ぐために保証会社を利用するケースが増えています。保証会社は、家主と借主らと保証委託契約を結ぶことで、借主が滞納してしまった家賃を立替える役割を担っています。

保証内容・保証料

保証内容は、主に借主が滞納した家賃の立替え、賃料不払いが続いた時の訴訟費用、部屋の修復作業などの原状回復費用があります。

契約時の初回保証料の目安は、月額家賃の30%~100%程度が相場です。また、1年毎に更新が必要となり、月額家賃10%、もしくは定額1万円を支払うことが一般的です。

保証会社のメリット

借主が保証会社を利用するメリットは、保証人が不要という点でしょう。親族の協力が得られず、信用できる保証人がどうしても立てられない場合、保証会社がそのかわりとなってくれるという訳です。

保証会社のデメリット

保証会社を利用すると、契約時に初回保証料が必要になるため、その分費用がかさみます。また、家賃をきちんと支払っていけるのであれば、保証会社を利用する理由はありません。返還されない保証料を支払うことになります。

審査時間と審査内容

審査時間は保証会社によって異なりますが、書類不備などがなければ数時間で完了することもあります。

審査内容は、借主が家賃を支払っても平均的な生活ができるかどうかという点を最も重視して審査します。ほかには、職種や勤続年数、年齢などの身分証明書の確認、信用情報、延滞や滞納があるかどうかの履歴などが審査されます。

まとめ

定職に就いてない方にとっては、賃貸を契約することはなかなか容易ではありません。しかし、家賃を確実に払えるという証明や保証会社の利用などを組み合わせれば、賃貸契約にマイナスと言われる職業に就いていても決して不利ではありません。

エイブルAGENTでは保証人不要の物件も多数ご案内可能です。もし審査に不安がある方は、ぜひお気軽にご利用ください。

AGENTに家賃がお得なお部屋を探してもらう
ステップ1
STEP 1

紹介してもらうスタッフを選ぶ!

ステップ2
STEP 2

お部屋探しの条件を登録する!

ステップ3
STEP 3

LINEでスタッフにお部屋を提案してもらう!

登録はもちろん無料!

【エイっと検索で部屋探し】

賃貸物件をお探しの方はこちら
 

エイブルでお部屋探し!

 
AGENT女性スタッフ・O

エイブルでの勤務を経て、現在はエイブルAGENTでWeb・チャットの接客を行なっております。
お部屋探しの時間がない、もっといいお部屋を見つけたいという方は「エイブルAGENT」にご登録ください。

 
賃貸の審査基準は何ですか?見られるポイントや対策を解説
         

エイブルAGENTの人気記事15

エイブルAGENTの人気記事15

 

教えてAGENTオススメ記事15

教えてAGENTオススメ記事15

エイブルAGENT

エイブルAGENT

過去の賃貸に関する疑問

過去の賃貸に関する疑問

カテゴリ

カテゴリ

人気のキーワード一覧

人気のキーワード一覧